数多くあるFXブログから見つけていただきありがとうございます!
このブログが参考に、勉強になりましたら嬉しいです!!

全ての読者に良いことがいっぱい起きますように。
そしてFXで自分の目指す成功を掴み取れますように。

FXの基礎

FXの基礎

分割決済で利益率がアップする2つの理由

利益を最大化するためにはトレンドに乗ることが一番。トレンド全てを追いかけるために、分割決済という方法がある。ある程度のポイントで半分を決済後は、ストップを建値に置いてリスクゼロにする。状況に合わせて分割決済していく方法で利益最大化を目指す。
FXの基礎

分割エントリーが利益率を押し上げる3つの理由

利益が出ているのに、なかなか増えていかない理由は損失が大きいから。分割エントリーでトレンド方向を試すことは利益率を最大化することにつながる。理想的な分割エントリーの方法も教えます。
FXの基礎

移動平均線(EMA)を使った真のチャネルライン/トレンドラインの引き方

移動平均線とチャネルラインには関係性がある。チャネルラインの角度、向きは移動平均線を見て引いていくことで将来の価格が意識されやすくなる。エントリーポイント、利食い/損切りポイントの例を交えて解説。
FXの基礎

【トレード】エントリーとリスクリワード(RR)を見直すと成績が改善するたった1つの理由

投資で利益を積み重ねていき、お金を増やしていくためにはリスクリワードだけではなく、エントリーにも氣を遣わないといけません。この両方を見直すことが成績改善に向かう理由をまとめた。
FXの基礎

【永久保存版】高値/安値の節目を理論的に考え、2つの手順で見分ける方法

トレンドラインやチャネルライン、水平線を引くときは必ず節目で引く。その節目を理論的に捉え、誰でも簡単に節目を見分ける再現性が高い方法を紹介。正確なチャネルラインから見えるチャートの真実が分かる。
FXの基礎

1つの波のローソク足の本数=時間軸で上昇か下落を見分ける方法

1つの波のローソク足の本数で先の値動きが上昇か下落を見分けることができる。上昇は1つの波の頂点が右寄り、下落は左寄りに偏る性質がある。それを逆手に取り将来の値動きを予測していく簡単な方法を解説。
FXの基礎

【永久保存版】トレードで最低限使いたい手法② 〜フラクタル理論〜

トレードで勝ち続けるための基本を3シリーズにわたって解説。2回目はフラクタル理論を図解、実チャートで解説。フラクタル理論をリアルタイムのチャートで判別できることが重要。
FXの基礎

【永久保存版】トレードで最低限使いたい手法① 〜ダウ理論〜

トレードで勝ち続けるための基本を3シリーズにわたって解説。1回目はダウ理論を図解、実チャートで解説。ダウ理論をリアルタイムのチャートで判別できることが重要。
FXの基礎

【FXの基礎】これからFXを始める人が知っておきたい取引所の違い、税金、レバレッジ、ロスカットを解説

「FXという言葉をテレビCMや中吊り広告、サイト広告で見かけるけど、実際にはどんなものなの?」という疑問を、FXの基礎から一気に解決。FXをもっと身近に感じることで年金崩壊前に資産形成をしていくきっかけとする。
FXの基礎

生活リズムとトレードスタイルを合わせ、無理なくFX投資を続けるための取引時間と通貨ペアを選択する方法

取引通貨ペアと通貨ペアの成り立ち。取引時間から見るトレード通貨ペアの選択なども紹介。生活リズムと取引スタイルを一致させるだけで成績は変わる。
トレード損益レポート

「投資(FX、株・商品、CFDなど)で資金が増える人は何が違うのか」を収益グラフから考える(実例付き)

投資(FX、株・商品、CFDなど)で資金が増える人の収益グラフの特徴を実例を交えて解説。大損せず、こまめな損切りに大きな利益を1度のトレードで上げていく。収益のボックス相場をいかに作っていけるかが生き残るための条件。
フィボナッチ

【永久保存版】フィボナッチ(リトレイスメント&ファン)を重要なサポート&レジスタンス目安に変える3つのチェックポイント

フィボナッチリトレイスメントやフィボナッチファンを実際のトレードに生かす方法。将来の先読み予測やサポートレジスタンスとして使う方法をオリジナルの見方で解説。
フィボナッチ

フィボナッチリトレイスメントとフィボナッチファンの2つを使った方が良い理由

価格軸を見るフィボナッチリトレイスメントと時間も考慮したフィボナッチファンを両方使うことで相場のポイントが分かりやすくなる。両方を組み合わせたトレード方法も紹介。
FX手法

【完全版】高値/安値の確定条件とトレンドラインの引き方

高値/安値が確定する条件とそれに合わせた正確なトレンドラインの引き方を解説。再現性のある方法で高値と安値を認識することで効果的なトレンドラインとそうな状況の判断が出来る。
エリオット波動

エリオット波動からヘッドアンドショルダー(三尊天井/逆三尊)を識別する方法

エリオット波動を使ったヘッドアンドショルダー(三尊天井/逆三尊)を見分ける方法を解説。