トレードノートの作り方|ROA(総資産利益率)、純利益で勝率以外の成績を改善していく

トレードノート/ROA/純利益 FXの基礎

「トレード成績を改善していくためにトレードノートを作った方が良い」

ということをよく聞きますが、本当にそうでしょうか?

私自身も作ったことがありますが、はっきり言って何も得るものはありませんでした。
というのも書く内容が分からないため、エントリー根拠やその時の心理状況など
記録用に適した内容を書いていました。これは皆さんもそうだと思います。

しかしこれだけではほとんど意味はありません。
書いたことで満足してしまい、後で読み返すことなどないですし、
読み返しても意味が分からないことばかりです。

そこで今回は、効果的で効率的なトレードノートの作り方を紹介し、
成績アップに必要不可欠なROA(総資産利益率)と純利益を計算していく方法を解説していきます。

 

トレードノートを種類別(成績用/記録用)にする

まず、最初にやるべきことは、
「トレード成績用のノート、またはエクセルなどの計算ソフト」
「トレード記録用のノート、またはエクセルやワードなどのテキスト」を別にしましょう。

1冊のノートにまとめてしまうと統計をとるときに不便ですし、
毎回ページをめくる手間が出てしまいます。

今はスマホでも表計算ができるアプリもあるため
トレード成績はエクセルもしくはテキスト、トレード記録はノートにするのがおすすめです。

 

トレードノートを表計算ソフト(エクセル、Numberなど)で作る

トレードノート/エクセル

今回はMacの[Numbers]という表計算アプリを例に作りました。

取引スタイルによってトレード回数が変わりますので
縦に長くなる場合もあります。ご自身の月の平均取引回数を目安に作成してください。

記録する項目は以下の12項目です。
※複数記入する機会があるものは、プルダウンで選択できるように設定すると楽です。

  • トレードカウント(回数)
  • 日付
  • 通貨ペア(USDJPYなど)
  • 売買種類(ロングorショート)
  • ロット数
  • スプレッド(トレード時)
  • エントリー価格
  • エントリー時間
  • クローズ価格
  • クローズ時間
  • コスト(ロット数×スプレッド)
  • 損益

統計の項目は以下の6項目です。

  • 月初 証拠金
  • 合計コスト(コストの合計)
  • 合計損益(損益の合計)
  • 純利益(合計損益−合計コスト)
  • 月末 証拠金(月初 証拠金+合計損益)
  • ROA(純利益÷総資産(月末証拠金)×100)

 

ROA(総資産利益率)

ここでROAという見慣れない言葉があります。

ROAは総資産利益率というもので、
トレーダー(投資家)がいかに総資産を上手く使って利益を生み出しているかを
把握するものです。ROAが高いほど上手く利益を上げていることになりますが
高いからと言って良いとは限りません。
(FXやCFDなどでは関係ありませんが、負債を使って利益を生み出して
ROAを高めている企業があるということ)

ROAの目安は5%を超えていると優秀ということになります。

ROAの計算式

純利益÷総資産(月末証拠金)×100

 

純利益

FXや他の投資商品では言わないかもしれませんが
トレード毎に「損益−コスト(ロット数×スプレッド)」という純利益と
その合計も入れておく方が良いと思っています。

トレード回数が多くなればなるほどコストが多くなるため
そのコストも視覚化し、損益から引くことで本当の損益がわかります。

約定スピードやスリッページによって取引コストはさらに増減するため
純利益という考えを意識しておくことで、トレード毎の損益を把握し
トレード回数の減少や、スキルアップにもつなげていくことが出来ます。

 

トレードノートでトレード前後の考えを記録する

トレードノート/エクセル

MacのNumberでは表を自由に移動でき、白紙のページも使えるため
タブごとに役割を分けることができます。

上記はその一例ですが、以下の項目を書くことをおすすめします。

  • エントリー時のチャート/トレード終了後のチャート
  • トレード戦略
  • パターン別のシナリオ
  • エントリー、プロフィットターゲット(利食い)、ストップ
  • 理想的な動き
  • チャートパターン
  • トレード結果
  • トレード後の考察

トレード後の考察とは、トレード後にどのような動きになって、
それに対して自分のトレード結果がどうなったのか、
複数のシナリオのどのパターンになったのか、ならなかったのか。
その原因はテクニカルによるものか、ファンダメンタルによるものかなどを
記録しておきます。

テクニカルによるものであれば、自分の一貫したルールや一貫したライン引きのルールで
損失が起きたなら納得のいく良い負けであり、経費と見られるトレードと判断します。

しかしテクニカルでも、一貫したルールや一貫したライン引きのルールでやらずに
損失が起きたなら、悪いトレードで改善しなくてはいけません。

反対に、自分の一貫したルールや一貫したライン引きのルールで利益になったなら
完璧なトレードです。

しかし、そうではなくて利益になったトレードは悪い勝ち方なので、
今すぐにそのトレードをやめないと勘頼りのトレードが癖になるため
早急に見直すべきトレードです。

 

まとめ

ここまでいかがだったでしょうか?

トレードノートというとしっかり書くようなイメージがありますが、
トレードを振り返ることを目的としなくてはなりません。
ノートを書いてもその場限りで、一貫性のない行動が続くのであれば
ノートを作る意味はありません。

また、ノートは誰に見せるものでもありませんので、
完全に自己満足で、自分だけが分かるもので構いません。
これと言ったルールなどありません。自由に作った方が良いです。

さらに言うならば、トレードノートを試した結果利益率が改善するなら
そのまま続けていけば良いですし、そうでなければ書かなくても構わないものです。

ただし、コスト、純利益、ROA、月初/月末証拠金は必ず記録するようにしてください。

またトレード時と終了後のチャートのスクリーンショット(スクショ)も
残せるなら残しておき、復習するようにしてください。

このときプリントアウトするか、実際に手書きでチャートを書いておくと
いつでも読み返すことが出来ますし、PCやスマホ画面とは違った印象を受けるので
新たに気付くことがあります。
(透過光(PC画面など)と反射光(光がものに当たって反射する)の違い)

 

トレードノート/エクセル

あとは個人的なおすすめとして、チャートパターンや気づいたこと、
実際のチャートの動きを上画像のように手書きで書くようにすると
いろいろなことに気付くことが出来ます。

デイトレードやスイングトレードで比較的時間がかかるようなトレードスタイルでは
トレード待機時間や保有時間も無駄にすることがなくなるので
レベルアップのためにも、ざっくりで良いので書いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました