2021.1.14更新 日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)の資格取得に向けて

FX手法

フィボナッチ

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

フィボナッチリトレイスメントやフィボナッチファンを実際のトレードに生かす方法。将来の先読み予測やサポートレジスタンスとして使う方法をオリジナルの見方で解説。
フィボナッチ

フィボナッチリトレイスメントとフィボナッチファンの2つを使った方が良い理由

価格軸を見るフィボナッチリトレイスメントと時間も考慮したフィボナッチファンを両方使うことで相場のポイントが分かりやすくなる。両方を組み合わせたトレード方法も紹介。
2020.10.17
FX手法

【完全版】高値/安値の確定条件とトレンドラインの引き方

高値/安値が確定する条件とそれに合わせた正確なトレンドラインの引き方を解説。再現性のある方法で高値と安値を認識することで効果的なトレンドラインとそうな状況の判断が出来る。
FX手法

【エリオット波動】3波目の高値が意識されやすい価格帯となる

エリオット波動の3波目の高値が将来的な意識される価格帯となる理由を解説。通常3波−4波形成(フラット/トライアングル/ジグザグ)の動きであれば3波高値+ラインチャート頂点、拡大フラットの動きであれば3波高値と拡大後の高値が意識されやすい価格帯となりやすい。
FX手法

トレーダーはどのようにしてトレンドを認知するべきなのか

トレーダーの永遠の課題であるトレンドの把握の仕方を解説。一目均衡表を使うことで1つの時間枠で3つの時間枠のトレンドを認知できる方法を紹介。
チャートパターン

チャートパターンを先読みして利益を掴み取ろう!

チャートパターンは1つの時間枠だけでは決まらず、上位、下位の時間枠によって変化していきます。チャートパターンを先読みできれば利益をリスクなく掴み取ることができるようになります。
2020.05.30
FX手法

アンドリューズピッチフォークの正しい引き方|トレンド転換から利益を生み出しやすい4つのポイントを抑えよう

Andrews Pitchfork(アンドリューズピッチフォーク)と呼ばれるアラン.H.アンドリューズ(Dr Alan H. Andrews)博士が生み出した罫線分析を解説。
2020.05.30
FX手法

ギャン理論|ギャンファンとギャングリッドで値動きの到達点を導く方法

生涯利益率4000%という驚くべき成績と資産を残した伝説的トレーダーであり、今も描画ツールに名を残して使われる William Delbert Gann(ウィリアム・ディルバート・ギャン)。ギャン理論とトレンドの発生・終了やおおよその発生時間も予測する他のテクニカル分析にはない具体的なツールを解説。
2020.05.30
インディケーター

NR4/NR7|ある期間内の最小値幅ブレイクを狙った戦略

NR4/NR7はローソク足1本1本の値幅を比較し、値幅が一番小さくなる動きから大きく動き出すブレイクアウトを狙う方法。
2020.05.30
ディナポリ手法

ディナポリ手法|MACD+ストキャスティクスを解説

MACDとストキャスティクスを組み合わせたものをフィボナッチリトレイスメントと一緒に使って取引していく方法。MA Typeを両方ともSMMA(修正移動平均線/平滑化移動平均線)を使い、この移動平均線の種類の方が有益。
2020.05.30
タイトルとURLをコピーしました