分割決済で利益率がアップする2つの理由

分割決済で利益率がアップする2つの理由 FXの基礎

Doo Primeブランドアンバサダーに就任致しました!
https://jforexmaster.com/dooprime-brandambassador/

Doo Primeの口座開設方法を解説(画像付き)|会社の評価・評判/スポンサー・ESG活動も解説【PR】
https://jforexmaster.com/dooprime-kouzakaisetsu/

Doo PrimeのIBパートナーとは?IB口座開設、IB報酬をもらえる仕組みと報酬内容を解説!
https://jforexmaster.com/dooprime-ibaccount/

Doo Prime主催グローバルトレード大会(ユーロチャンピオン・トレードチャレンジ )開催!
https://jforexmaster.com/dooprime-tradecontest/

ROSE AKIRA FX(Twitter:@a_trading_e_c)です。

FXトレードを続けていると、いろいろな悩みが出てきます。

よくある悩み

・利益を伸ばせばとれたのに、どこまで動くか分からず怖くて途中で全部決済してしまった

・分割決済の分割する基準が分からない

・分割決済って意味あるの?

昔も今も投資家の悩みは共通です。変わることはありません。
実際こういったものは手法の一部なのですが、手法と聞くと分析の仕方などに重点が置かれ
エントリー方法やコツなどは後回しにされやすい傾向にあります。

今回は利益を最大限伸ばすための分割決済を取り上げます。
分割決済を私が推す理由として、トレンドが終わるまで利益を逃さずついていけるなどがあります。
こういったメリットを含めまとめていきます。

理由1 トレンド全てを狙うことが出来る

トレンドがどこまで続くかは誰にもわかりません。
トレンドが終わりそうなところは予測できますが、その予測を超えてくるような動きになった場合
その先の値幅を狙うために、再度ポジションを取りなおすしかありません。
しかし取り直した途端に逆方向に行くことも多々あります。

このようなことを避けるためにも分割決済の方法を取り、最初の利益確定ポイントに達したら
最初のポジションの半分決済するなど自分が決めた割合で分割決済します。

理由2 条件付きで利益が0になることはない

分割決済したら次にやることは、ポジションを建てた価格にストップを引き上げて
必ず損切りにならないようにします。

これをせずに利益を伸ばそうとするとマイナスになりやすいため
必ず建値にストップを引き上げます。

損失さえ出さなければ、そのトレードは成功が約束されるため
徐々にストップを引き上げて最低獲得利益を増やしたり、値動きに合わせて分割決済します。

理想的なエントリーをして、分割決済で利益を最大化する

理想的なエントリーをしないと分割決済の妙味が落ちます。
理想的なエントリーとは相場の波に合わせて最適な反転反発ポイントでエントリーすることです。
その方法はこちらです↓

分割決済例

ここからは分割決済例を載せていきます。
あくまで過去のチャートなので、ここまで理想的なトレードは難しいです。
そのため理想的な分割決済の6~7割くらいを目指すほうが気負わずにちょうど良いです。

分割決済 USDJPY
USDJPY分割決済例 

赤矢印の安値反発でロングエントリー。
各青矢印が分割決済候補です。

実際ここまでうまくはいきません。
最初のエントリーは出来たとしても、2回目の分割決済で全てポジションを閉じます。

右下がりチャネルラインの上限にタッチしたタイミングで再度ロングエントリーし
最後の分割決済までのポイントまでを狙うのが通常です。

分割決済 USDJPY
USDJPY分割決済例 

ベースのラインを高値の左の高値の左肩部分に置き、三尊天井を狙う形でショートエントリー。
青矢印が分割決済候補です。

この例であれば図で示したポイントで実際のトレードでも可能な範囲内です。

理想的な分割決済の割合

個人によって理想的な分割決済の割合は異なります。

・ポジションの50%を最初に利食い後、徐々に決済
・ポジションを等分して20%×5分割
・ポジションの10%を先に利食い後、状況に合わせて比率を変えて決済
・利益幅を決めて分割決済(20pipsごとに決済)

何が正しいか、間違っているかはありません。
いくつか自分で試してみて、しっくりくるものを選ぶのが良いです。
相場のパターンや状況に合わせて変えるという方法もあります。

何が自分に合っているかをたくさん検証して、
自分の戦略に合うやり方を見つけてください。


エリオット波動&チャネルライン研究室|Doo Primeブランドアンバサダーをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメント

エリオット波動&チャネルライン研究室|Doo Primeブランドアンバサダーをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む