チャネルライン

【チャート勉強会】エリオット波動とチャネルラインの応用 ~3波構成で考え、チャネルラインを引く~

チャート勉強会4回目。初心者には難しいエリオット波動をもっとシンプルに考えて3波構成で考え(3波構成と3波構成が連続で起きると推進波)、チャネルラインを3波構成になるところで引く方法を解説。
チャート勉強会

【チャート勉強会】移動平均線で値動きを予測する方法

チャート勉強会第3回。移動平均線は遅行指標のインディケーターだが、計算次第、使い方次第では先行指標としても使える。先行指標として予測に使う方法や移動平均線の角度の変化と三尊/逆三尊天井で値動きを予測していく方法を流れで解説。
チャネルライン

【チャート勉強会】値動きを分解する 〜エリオット波動とライン引きの関係性〜

値動きを大中小と見立て、メインの値動きの下の副次波の動きを把握することで三尊/逆三尊天井のショルダー部分に充てるラインを見分けることができる。エリオット波動を絡めて値動きを分解していく。
チャネルライン

【チャート勉強会】ラインの基本は波の頂点同士を結ぶことから始まる

トレンドライン、チャネルライン、水平線の引き方は無数にあるが、その基本は必ず波の頂点であること。波の頂点=推進波の終点ということ。
お知らせ

年末に向けての特別価格!FX手法 販売中レポート一覧

Pelican FXが過去に販売していたFX手法のレポートを一斉販売。ストキャスティクス手法、プライスアクション手法、エリオット波動手法など4つの商材を再販。
エリオット波動

「エリオット波動トレード 極の書」5,000円値下げ!(銀行振込のみ)

エリオット波動のトレードを全て詰め込んだPelican FXオリジナルの「エリオット波動トレード 極の書」販売再開!
チャネルライン

エリオット波動とチャネルラインの考察

エリオット波動とチャネルラインの関係性について考えた。エリオット波動は推進波で大きな動きが期待できるタイミングだが、その性質上短期的な見方になってしまう。長期的には緩やかな波だとしても短期的には急角度の波ということになる。そのためチャネルラインとの関連性が薄くなりやすい。
FXの基礎

移動平均線(EMA)を使った真のチャネルライン/トレンドラインの引き方

移動平均線とチャネルラインには関係性がある。チャネルラインの角度、向きは移動平均線を見て引いていくことで将来の価格が意識されやすくなる。エントリーポイント、利食い/損切りポイントの例を交えて解説。
テクニカル分析

【PR】Forex.comのノックアウトオプションを徹底解剖!実際の取引もやってみた!

少ない資金でも効率よくできると噂のノックアウトオプション。最大損失額=オプション料で、最初に設定した損失額以上の損は出ず、利益は無制限。資金効率が良いと話題。
FXの基礎

【トレード】エントリーとリスクリワード(RR)を見直すと成績が改善するたった1つの理由

投資で利益を積み重ねていき、お金を増やしていくためにはリスクリワードだけではなく、エントリーにも氣を遣わないといけません。この両方を見直すことが成績改善に向かう理由をまとめた。
IG証券(IGチャート)

【PR】IG証券 口座開設手順

イギリスに本社を置くIG証券の口座開設の仕方を解説。
FXの基礎

【永久保存版】高値/安値の節目を理論的に考え、2つの手順で見分ける方法

トレンドラインやチャネルライン、水平線を引くときは必ず節目で引く。その節目を理論的に捉え、誰でも簡単に節目を見分ける再現性が高い方法を紹介。正確なチャネルラインから見えるチャートの真実が分かる。
FXの基礎

1つの波のローソク足の本数=時間軸で上昇か下落を見分ける方法

1つの波のローソク足の本数で先の値動きが上昇か下落を見分けることができる。上昇は1つの波の頂点が右寄り、下落は左寄りに偏る性質がある。それを逆手に取り将来の値動きを予測していく簡単な方法を解説。
FXの基礎

【永久保存版】トレードで最低限使いたい手法② 〜フラクタル理論〜

トレードで勝ち続けるための基本を3シリーズにわたって解説。2回目はフラクタル理論を図解、実チャートで解説。フラクタル理論をリアルタイムのチャートで判別できることが重要。
FXの基礎

【永久保存版】トレードで最低限使いたい手法① 〜ダウ理論〜

トレードで勝ち続けるための基本を3シリーズにわたって解説。1回目はダウ理論を図解、実チャートで解説。ダウ理論をリアルタイムのチャートで判別できることが重要。
インディケーター

【JForex3】日足/週足の高値安値ラインを表示させるインディケーターの使い方

デューカスコピー・ジャパンが提供するJForex3で日足や週足の高値ラインや安値ライン、半値ラインを自動表示させるインディケーター[MAX]の使い方を紹介。
インディケーター

NR4/NR7|ある期間内の最小値幅ブレイクを狙った戦略

NR4/NR7はローソク足1本1本の値幅を比較し、値幅が一番小さくなる動きから大きく動き出すブレイクアウトを狙う方法。
インディケーター

真のレンジの平均を表すATRをブレイクアウト後の損切り幅を決めるために使う方法、Keltner ChannelsとKeltner Channels ATRも解説

真のレンジの平均を表すATRをブレイクアウト後の損切り幅を決めるために使う。ケルトナーチャンネルというATRの幅をプライスチャートに表示させたボリンジャーバンドのような形を使ったブレイクアウト手法も 合わせて解説。
インディケーター

初心者は手を出してはいけない!移動平均線12種類別ボリンジャーバンド/ボリンジャーバンドフィボナッチの違いを比較

ボリンジャーバンドの成り立ちと計算式。ボリンジャーバンドフィボナッチはATRという真の値幅にフィボナッチ比率を掛け合わせたもの。それぞれ移動平均線別に計算式と形状の違いを比較。
インディケーター

Murrey Channels(マレーチャネル)|マレー数学取引システムのピボットポイントを解説

日本では紹介されておらず、海外でよく使われている指標Murrey Channels(マレーチャネル)。マレー数学を用いたサポート/レジスタンスライン。Murrey Channels(マレーチャネル)は20世紀前半のWDギャン(ギャンラインなどで有名)のギャン理論からインスパイアを受けて開発。非常にシンプルで、全ての時間軸に適していることやピボットポイントに似た形状のため、理解しやすいのが特徴。
インディケーター

RCIは終値の高低順、日付順から分析したユニークなインディケーター、だが3本使いは無意味、その理由と本当の使い方を解説

RCI(Rank Correlation Index)は一定期間の終値を高い順に並べた順位と現在の日付から近い順に並べた順位で分析したインディケーター。RSIと同じ見方で分析すると天井と底が明確になる。
インディケーター

RSIは買い方と売り方の強さを相対的な力関係として見る指標、その正しい使い方を解説

RSIの計算式と使い方を解説。RSIの派生版であるEhlers Laguerre RSI,とStochastic RSIの計算式や使い方も解説。
MACD

MACDはトレンド相場に強いがレンジ相場に弱い、その理由と対策を解説

MACDの計算式と成り立ちを解説。使い方や応用、ダイバージェンスを見分ける方法も解説。
Darvas Box

君は上昇相場だけに使えるDarvas Box Theory(ダーバスボックス)の理論と使い方を知っているだろうか

上昇相場のみに使えるDarvas Box Theoryをブレイクアウト手法として使う方法。ボックスから上昇が続くケースとボックス内に戻ってしまい下落が進むケースの2種類をわかりやすく解説。
ストキャスティクス

ストキャスティクスの計算式でチャートから読み取れる4つのこと

ストキャスティクスの計算式と使い方、ダイバージェンスを見分ける方法を解説。売られすぎ。買われすぎという嘘に惑わされないようにチャートから考えることが大事。
GMMA

GMMAを使ったライントレード/ビル・ウィリアムズ手法を組み合わせたトレード方法

トレンドの転換や強さをシンプルに、早く見分ける方法がある。ストレスなくトレードや分析が出来るGMMAを使ったライントレード/ビル・ウィリアムズ手法を組み合わせたトレード方法を解説。
ビルウィリアムズ 手法

AKIRAが影響を強く受けたビルウィリアムズ の手法 〜Gator&Market Facilitation Index&ストップロスの置き方〜

Gatorの使い方や見分け方、Market Facilitation Indexの使い方と見分け方を解説。ストップロスの設定やクローズするタイミングを実例を交えて解説。
ビルウィリアムズ 手法

AKIRAが影響を強く受けたビルウィリアムズ の手法 〜Accelerator Oscillator&Trading in the Zone〜

Acceleration/Deceleration(加速/減速)を測るインディケーターの解説。Awesome OscillatorとAccelerator Oscillatorを組み合わせたTrading in the Zoneの解説。
ビルウィリアムズ 手法

AKIRAが影響を強く受けたビルウィリアムズ の手法 〜Balance Line Trades〜

Balance Line Tradesの見分け方とトレードするポイントを実例を交えて解説。Balance Lineと価格の位置関係によって順張りと逆張りの見分け方が若干違うことに注意する。
ビルウィリアムズ 手法

AKIRAが影響を強く受けたビルウィリアムズ の手法 〜Fractals&Alligator〜

メインで見ていくことになるFractals(フラクタル)とAlligator(アリゲーター)の解説。この2つはセットで使わないと意味がなく、 値動きの山(トップ)と谷(ボトム)を見分けるためにFractals(フラクタル)を使い、その中からどのFractals(フラクタル)を抜けると値が大きく動き出す可能性が高いのかを分別していくフィルターとなる。
チャネルライン

エリオット波動とチャネルラインの考察

エリオット波動とチャネルラインの関係性について考えた。エリオット波動は推進波で大きな動きが期待できるタイミングだが、その性質上短期的な見方になってしまう。長期的には緩やかな波だとしても短期的には急角度の波ということになる。そのためチャネルラインとの関連性が薄くなりやすい。
フィボナッチ

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

フィボナッチリトレイスメントやフィボナッチファンを実際のトレードに生かす方法。将来の先読み予測やサポートレジスタンスとして使う方法をオリジナルの見方で解説。
フィボナッチ

フィボナッチリトレイスメントとフィボナッチファンの2つを使った方が良い理由

価格軸を見るフィボナッチリトレイスメントと時間も考慮したフィボナッチファンを両方使うことで相場のポイントが分かりやすくなる。両方を組み合わせたトレード方法も紹介。
FX手法

【完全版】高値/安値の確定条件とトレンドラインの引き方

高値/安値が確定する条件とそれに合わせた正確なトレンドラインの引き方を解説。再現性のある方法で高値と安値を認識することで効果的なトレンドラインとそうな状況の判断が出来る。
FX手法

【エリオット波動】3波目の高値が意識されやすい価格帯となる

エリオット波動の3波目の高値が将来的な意識される価格帯となる理由を解説。通常3波−4波形成(フラット/トライアングル/ジグザグ)の動きであれば3波高値+ラインチャート頂点、拡大フラットの動きであれば3波高値と拡大後の高値が意識されやすい価格帯となりやすい。
チャートパターン

チャートパターンを先読みして利益を掴み取ろう!

チャートパターンは1つの時間枠だけでは決まらず、上位、下位の時間枠によって変化していきます。チャートパターンを先読みできれば利益をリスクなく掴み取ることができるようになります。
FX手法

アンドリューズピッチフォークの正しい引き方|トレンド転換から利益を生み出しやすい4つのポイントを抑えよう

Andrews Pitchfork(アンドリューズピッチフォーク)と呼ばれるアラン.H.アンドリューズ(Dr Alan H. Andrews)博士が生み出した罫線分析を解説。
FX手法

ギャン理論|ギャンファンとギャングリッドで値動きの到達点を導く方法

生涯利益率4000%という驚くべき成績と資産を残した伝説的トレーダーであり、今も描画ツールに名を残して使われる William Delbert Gann(ウィリアム・ディルバート・ギャン)。ギャン理論とトレンドの発生・終了やおおよその発生時間も予測する他のテクニカル分析にはない具体的なツールを解説。
インディケーター

NR4/NR7|ある期間内の最小値幅ブレイクを狙った戦略

NR4/NR7はローソク足1本1本の値幅を比較し、値幅が一番小さくなる動きから大きく動き出すブレイクアウトを狙う方法。
ディナポリ手法

ディナポリ手法|MACD+ストキャスティクスを解説

MACDとストキャスティクスを組み合わせたものをフィボナッチリトレイスメントと一緒に使って取引していく方法。MA Typeを両方ともSMMA(修正移動平均線/平滑化移動平均線)を使い、この移動平均線の種類の方が有益。
ディナポリ手法

ディナポリ手法|方向性指標(Direction Index:DI)パワーパターンを解説

方向性指標とは、トレンドを位置付けるために必要なエネルギーのことでトレンドと方向性がかみ合っていればそのトレンドへ勢いづくかトレンド継続、どちらかが反対方向に向いていれば反転/反発か反対方向へのトレンドが出てくる、というものです。方向性指標にはフェイラーという大衆の間違いを利用した方法もある。 今回もチャートパターンの基礎と実例を交えて解説していきます。
ディナポリ手法

ディナポリ手法|基本的戦略とD-Levelesを解説

ディナポリ手法の基本的戦略は、遅行指標([DMA][MACD+ストキャスティクス])を使いトレンドを確認し、先行指標のフィボナッチリトレイスメントなどを使い、利食い目標や損切り位置を決める。トレンドの定義として「時間枠のトレンド」を意識すること。[DMA(ずらした移動平均線)]、[MACD+ストキャスティクス]は両方とも遅行指標。この遅行指標を使ってトレンド分析し、フィボナッチ水準を使って押し目や戻りを狙うのが[Dinapoli Levels (ディナポリレベル)= D-Levels]の基本。
ディナポリ手法

ディナポリ手法|ダブルレポ/ダブルレポフェイラーを解説

ディナポリ手法の相場の反転/反発を高確率で判断できる方法。ダブルレポ 、ダブルレポフェイラー を解説。
ディナポリ手法

ディナポリ手法|シングルペネトレーションを解説

シングルペネトレーションはトレンドの判断を明確にしていること。反発ポイントと利食い、損切りポイントを明確にしていることから 誰にでも使いやすい取引方法。
ハーモニックパターン

ハーモニックパターン特集|ABCDを解説

ABCDパターンは単体で使うよりも値幅と時間論を両方補えるチャネルラインを使うと効率的です。また、エクステンションの比率も127%と161.8%の2つに限定されるため覚えやすいです。ハーモニックパターンを全て覚えるよりも、ABCDパターンを先に極めてしまう方が 個人的には効率的、かつ効果的。
チャネルライン

【チャート勉強会】エリオット波動とチャネルラインの応用 ~3波構成で考え、チャネルラインを引く~

チャート勉強会4回目。初心者には難しいエリオット波動をもっとシンプルに考えて3波構成で考え(3波構成と3波構成が連続で起きると推進波)、チャネルラインを3波構成になるところで引く方法を解説。
チャネルライン

【チャート勉強会】値動きを分解する 〜エリオット波動とライン引きの関係性〜

値動きを大中小と見立て、メインの値動きの下の副次波の動きを把握することで三尊/逆三尊天井のショルダー部分に充てるラインを見分けることができる。エリオット波動を絡めて値動きを分解していく。
エリオット波動

「エリオット波動トレード 極の書」5,000円値下げ!(銀行振込のみ)

エリオット波動のトレードを全て詰め込んだPelican FXオリジナルの「エリオット波動トレード 極の書」販売再開!
チャネルライン

エリオット波動とチャネルラインの考察

エリオット波動とチャネルラインの関係性について考えた。エリオット波動は推進波で大きな動きが期待できるタイミングだが、その性質上短期的な見方になってしまう。長期的には緩やかな波だとしても短期的には急角度の波ということになる。そのためチャネルラインとの関連性が薄くなりやすい。
エリオット波動

【エリオット波動】「修正波ABCが1つの波となる」を理解できるとカウントが簡単に見分けられる|4波のパターン別フラクタル構造図解

「修正波ABC」を1つの波とみなすことができるを理解すると面白いほどカウントが今まで以上に簡単に見分けられるようになる。 修正波とはどのようなものか、C波のターゲットの出し方から解説し、見分けることが難しい推進波の「3→4→5」の例でさらに詳しく解説。
エリオット波動

AKIRA流エリオット波動トレードの手順

いつもAKIRAがエリオット波動トレードでトレードしている手順を紹介。エリオット波動を極め、さらにフィルターをつけることでより精度の高いエリオット波動トレードができるようになった。
エリオット波動

【エリオット波動研究論】正しいカウントは正しい1つの波の認識から始まる

エリオット波動を正確にカウントするには「1つの波」の定義が必要。「1つの波」の定義を確立すれば、推進波か修正波、とりわけ3波の見分け方にも対応し、正確なカウントが取れる。
エリオット波動

エリオット波動を極めたいなら教科書通りの動きを期待・想定しないこと|イレギュラーなパターン2つを見極める目を持て!

エリオット波動は値動きの概念そのもの。しかし使いこなすためには教科書通りの動きを覚えた後、イレギュラーなパターンがほとんどであることを知らなくてはいけない。今回はそのパターンつを紹介する。
エリオット波動

【エリオット波動】エリオット波動が難しい理由を時間論から考える

エリオット波動は縦軸の値動きだけでなく、横軸の時間に動きも重要。時間経過によって横に間延びしていく波動となることで、カウントをとる難易度が飛躍的に高くなる。その例と対策を解説。
エリオット波動

エリオット波動早見表 AKIRA作成

エリオット波動を各波ごとにフィボナッチ比率を用い、注意事項を記載した図解。修正波のパターン、エリオット波動をカウントする高値や安値を見分けるコツなども網羅。この記事・ファイルだけで記事最後にPDFファイルとしてダウンロード可能。
FX手法

【エリオット波動】3波目の高値が意識されやすい価格帯となる

エリオット波動の3波目の高値が将来的な意識される価格帯となる理由を解説。通常3波−4波形成(フラット/トライアングル/ジグザグ)の動きであれば3波高値+ラインチャート頂点、拡大フラットの動きであれば3波高値と拡大後の高値が意識されやすい価格帯となりやすい。
エリオット波動

エリオット波動からヘッドアンドショルダー(三尊天井/逆三尊)を識別する方法

エリオット波動を使ったヘッドアンドショルダー(三尊天井/逆三尊)を見分ける方法を解説。
エリオット波動

エリオット波動推進派3波、4波、5波、修正波A波、B波、C波のターゲットの導き方

エリオット波動推進派3波、4波、5波、修正波A波、B波、C波のターゲットの導き方をチャネルラインを使った方法で導く方法。 フィボナッチエクスパンションを使った3波とC波、フィボナッチリトレイスメントを使った4波の出し方も解説。
エリオット波動

【Trading View】エリオット波動を使うときにお気に入り登録しておきたい6つの描画ツール

相場参加者の心理と行動を的確についたエリオット波動。Trading Viewでエリオット波動をカウントする際にPelican FXがお気に入り登録している描画ツール6つを使い方と共に紹介。
エリオット波動

【エリオット波動】基本的な構造と世界一簡単なカウント方法

エリオット波動の構造(推進波5波と修正波3波)を1つのサイクルとしている。カウント方法が明確でないが、一目均衡表の基準線を使うことで明確になる。エリオット波動の基礎とカウントの取り方を解説。
タイトルとURLをコピーしました