チャートパターンを先読みして利益を掴み取ろう!

チャートパターンを先読み チャートパターン

前回のエリオット波動で押さえておきたいポイントの他に
まだまだ利益を生み出す可能性が高いものがあります。

それは値動きのパターンからなるチャートパターンです。

過去のチャートからチャートパターンを見分けるのは簡単ですが
実際に動いている最中となると話は別です。

どのチャートパターンになるのか、
なぜそのチャートパターンにならなかったのか、
なぜ綺麗に動いていかないのか。

その疑問は相場にしかわからないですが、
多くは月足から見ていないことにあると思われます。

なので、今回のチャートパターンは
必ず月足から丁寧に予測の可能性を探り出し、
週足、日足、4時間足、1時間足と徐々に小さくして
大きな時間軸のチャートパターンが成立するには
下位足でどのような動きになっていくのが条件なのかを
しっかりと見ていきましょう。

例)アセンディングチャネルが月足で出来る可能性が高まった。
  週足でチャネルラインを引くための安値がどこで完成するだろうか?
  週足の出来方とチャートパターンはどのようになるだろうか?
  そのために日足はどのようになったら安値が完成するのか?

フラッグ

フラッグと呼ばれるお子様ランチのご飯の上に乗っている旗のように
動いたパターンです。

フラッグパターンは3種類あります。

・フラットフラグ

フラットフラグ

上昇、または下落してきた後に一定レンジが平衡に起きたパターンです。
上下どちらかにいくかはわかりませんが、レンジを抜けた方向に
動き出していきます。

 

フラットフラグ

しかしどのチャートパターンでも綺麗なレンジではなく、
引いたラインを超えている場合がほとんどです。

さらにラインを抜けても綺麗に動くことは稀で、
上図のように何度かラインを試す動きが出てくることに注意しましょう。

 

・ブルフラグ

ブルフラッグ

強い上昇相場で見られるチャートパターンです。
途中でフラットパターンにも変化しやすいので、
ブルフラッグ→フラットフラッグはセットで可能性を考えておきます。

 

・ベアフラグ

ベアフラッグ

強い下落相場で出てくるパターンです。

このパターンはフラットに変化することは稀ですが、
再度、直近最安値をブレイクして下落が強く起きる前の上昇で
勢いよく上昇してくることが多々あります。
(上図での最後の上昇のポイント)

 

トライアングル

トライアングルは値幅が徐々に狭くなり三角保ち合いと呼ばれます。
反対に値幅が徐々に拡大していくトラインアングルもあります。
前者をP波、後者をY波と呼び、チャートパターンの形からそう呼ばれています。

トライアングル(P波)

トライアングルP波

徐々にほぼ均等に値幅を収縮させていく動きです。
このパターンの他にも以下の2種類もトライアングルP波の変形です。

 

トライアングル

トライアングル

上か下にほぼ水平に動きが止められ、
徐々に高値ないし安値が狭まっていく動きです。

トライアングル(Y波)

トライアングルY波

このパターンが一番やりにくい動きです。
上下に振られるので損失が増えやすいため、最初の値幅が広がっていく時に
参考ラインを引いて、下位足でトレードすることが理想です。

 

チャネル(反転パターン)

値幅が均等に動き、高値を高値(または安値と安値)を結んだラインの
次のラインタッチ(または少し超える)した後に反転していくパターンです。

アセンディングチャネル(上昇から下落)

アセンディングチャネル

アセンディングチャネルと呼ばれる上昇から下落のパターンです。
角度が急な時や、ラインをどう引くかが難しいので慣れが必要です。
見分け方は高値同士を結んだ延長ライン上で3点目が反転したら
このパターンが候補に上がります。

ディセンディングチャネル(下落から上昇)

ディセンディングチャネル

安値同士を結んだディセンディングチャネルという上昇パターンです。
安値同士を結んだラインの延長線上で3点目が反発したら
このパターンが該当します。

下落の最終局面で出てくる場合が多いので、このパターンが出たら
上昇してくる可能性がかなり高くなるので、見つけたもの勝ちです。

ウェッジ(反転パターン)

ウェッジパターンは不規則な形になりやすいですが、
基本は先ほどのチャネルパターンと同じです。
高値と高値ないし安値と安値を結んだラインの延長線上で
3点目が反転、反発していきます。

この時、もう片方の安値ないし高値が徐々に狭まってくるのが
ウェッジということになります。

上昇ウェッジ(上昇から下落)

ライジングウェッジ

上昇の最終局面で出やすい形です。
このパターンからアセンディングチャネルになり、ダブルトップをつけて
下落していくような動き、もしくは安値同士を引いたラインで
上昇を再度試してから下落していく動きが候補になります。

下落ウェッジ(下落から上昇)

フォーリングウェッジ

下落の最終局面で出てきやすい形です。

大きな時間軸が上昇相場の時にこのパターンが起きたら
絶好の買いポイントになります。

上昇ウェッジもこの下落ウェッジもラインを超えても
すぐに上昇する訳ではなく、一度ラインを試す動きが多いです。

 

usdcad,fallingwedge

こちらも実例がちょうど監視中のUSDCADで起きていました。
ラインを試してきているのが分かります。

もしこのまま下落していくようだったら
緩やかなウェッジに変化するか他のパターンになるかを考えていきます。

 

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダー 三尊天井

ヘッドアンドショルダーは日本名で三尊天井(逆パターンは逆三尊)と呼びます。
反転パターンとして有名ですが、黄色のネックラインを抜けない限りは
三尊天井とは言いません。(後述のダブルトップ/ボトムも同様)

しかも実際の相場ではこんなに平衡状態で見つかることは稀で、
ネックラインが斜めになります。

ダブルトップ/ボトム

ダブルトップ/ボトム

ダブルトップやボトムは比較的図のようになりやすいですが、
ネック部分がトレンド転換したことを確認できた方が
より確実性の高いチャートパターンになります。

 

特殊パターン

特殊パターン最後の伸び

値幅分以上に動いた場合に見られやすい
最後の限界を超えた上昇パターン(下落パターンもある)です。

これはこのパターンが起きた時の時間軸より大きい時間軸で
重要なレジスタンスラインがあった場合にそれを試していく動きです。
実際にはストップが潰されているのでジワジワとあげているのでは
ないかと思われます。

この後には縦に動くような強い動きになりやすくもあります。

 

まとめ

チャートパターンは1つの時間足だけでは決まりません。
必ず月足でどのチャートパターンを完成させたいのか、
そのために週足ではどのようなチャートパターンを完成させたいのか、
週足のために日足ではどのようなチャートパターンを完成させたいのか。

さらにこれらの時間軸でチャートパターンを作らなかった場合は
下位足でどのようなチャートパターンを作る動きになっているのか。

自分の頭で考えていく量が多くなりますが、
これらをルーティン化させてしまえば一生ものの財産になっていきます。

最初は失敗しても構いませんし、失敗の数だけ成功に繋がるので
成功していくためにたくさんトライしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました