フィリップ証券とタイアップ開始!

口座開設+5万円入金で月利2%アップ目指せる特典レポート(60ページ以上)をプレゼント!

今回のために書き下ろした相場の環境認識、ラインの引き方、初公開の相場の反転/反発を決める見えない角度のラインの引き方などをまとめた内容です。

フィリップ証券に口座開設する

ブログ運営者情報

AKIRAのエリオット波動&チャネルライン研究室

プロフィール

2004年頃に偶然立ち寄った本屋で、当時珍しく平積みされていたFXの本と出合い、FXを始める。

当時はまだFXのスプレッドがドル円で3pips、ポンド円は7~12pipsの時代。
レバレッジも100倍まで(数ヶ月後に400倍まで)で現在ほどFXの人気はなかった。

FX開始後は仕事後のトレードで1日1万円以上を稼いでいたが、
相場環境によるもので大した実力はついておらず、手法探しに躍起になり、商材も購入していた。
その間、仕事で疲れていたり、チャートを見る時間がないほど多忙なときは
トレードをしていないときが1ヶ月〜8ヶ月ほどあった。

FXと出合って3年後にヘルニアにより仕事を退職。
数ヶ月の療養後に今までの知識をブログにしてまとめたところ人気が徐々に出てくる。
FX会社とタイアップ、業者訪問、イベント招待、テクニカル分析記事の配信、
レポート配布などをするようになった。

過去3つのブログの運営を元に、Pelican FXを2019年12月1日に開設。
開設したブログは前ブログのサテライト的なサイトのドメインをそのまま使用した。
(ドメイン取得時からの時間経過による優位なメリットを使用するため)

Pelican FXが生み出した高値/安値確定条件とトレンドライン、チャネルラインをベースに、
ローソク足とエリオット波動を組みわせ、フィボナッチやチャートパターンを使った
オリジナル手法で日々のトレードをしている。

 

ブログ/SNSで大切にしていること

FXトレーダーの経験を活かし、初心者から上級者に役立つ情報を発信し続けることを意識して
ブログやSNSを発信。日本人トレーダーのレベルアップを目指す。

FX会社とのタイアップでは、口座開設数と口座開設後のトレード継続率アップを意識。
その内の一社から口座開設後のトレード継続率は他のブログより群を抜いて高いと報告を受ける。

 

過去運営ブログ

・FXの泉 ~フィボナッチの真実~(2007~2011年) ​現在ページ削除
 東京、名古屋で4回セミナーをし70名以上(4割超は女性)ほぼ全国から開催要望
 FX会社とのタイアップ6回、SPA!や¥SPA!など雑誌掲載7回 WEBメディア3回(マイコミ、WSJ)、
 ラジオ出演2回(ラジオ NIKKEI、WorldInvestors.TV) 当時からコンテンツマーケティングの
 先駆けとなり、「フィボナッチ」で検索1位を約3年間キープ。

・ポンド円トレーダーのクリティカル相場戦略(2012年5月~2013年5月)
 ブログ戦略やマーケティング、分析手法の検証のため、アクセス数よりもコンテンツ重視
 (70ティックチャート)にしたブログ82件/8ヶ月の成約(申請数121件)

・ROSE FX ~ストキャスティクスで咲き誇れ~(2014年1月~2018年5月) ​現在ページ削除
 メジャー通貨ペアのテクニカル分析を1日10回更新を続け(最終的に1年半)
 10ヶ月で100万PVとなり、FX攻略への寄稿6回、ムック本「なぜ稼げるのか?成功者たちのFX」
 に10ページの特集が組まれる。 FX会社とのタイアップ4回(付属レポート特典あり)
 オリジナルレポート3つは計250名以上が購入。

 

現在運営ブログ(当ブログ)

・AKIRAのエリオット波動&チャネルライン研究室
 旧:Pelican FX 〜ローソク足×エリオット波動の真実〜(2019年12月~)

 2022年12月にエリオット波動とチャネルラインをさらに深め、実践的で再現性のある手法を
 広めるべく「AKIRAのエリオット波動&チャネルライン研究室」へ名称変更。運営者は変更なし。

 最近ではUSDJPY(ドル円)、EURUSD(ユーロドル)、GBPJPY(ポンド円)をメインに
 エリオット波動、チャネルライン、フィボナッチを使ったテクニカル分析を
 SNS(TwitterやInstagram)で発信。

 2023年から「3分で分かる今日のトレード戦略」をコンセプトに前日の通貨強弱、
 前日の主要通貨ペア変動、投資家センチメント、USDJPY(ドル円)、
 US10Y(米国債10年利回り)、US2Y(米国債2年利回り)、ドルインデックス、
 前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目通貨ペアNo.1,No.2,No.3の分析とトレード戦略を
 エリオット波動とチャネルラインを使って、トレーダー目線で発信。

 一般的なインディケーターの正しい紹介や使い方、チャートパターンを伝えるために
 エリオット波動、ビルウィリアムズ手法、ディナポリ手法などの記事を作成。
 ディナポリ手法、ギャン、ビルウィリアムズ手法、GMMA、エリオット波動、
 ハーモニックパターンにおいて検索上位表示されている。

 【金融会社経歴】
 2020年 OANDA
 2021~2022年 グリーンモンスター株式会社

 【タイアップ】
 2022年12月~ フィリップ証券

Blog:​https://jforexmaster.com/
Twitter:​https://twitter.com/FxPelican
Facebook:​https://www.facebook.com/pelicanfx
Instagram:https://www.instagram.com/channelline.elliottwavetrader/

タイトルとURLをコピーしました