【フィリップ証券】メタトレーダー5(Meta Trader5/MT5)ヒストリカルデータを使った曜日別/時間帯別変動データの作り方 [Googleスプレッドシート 曜日別編]

【フィリップ証券】メタトレーダー5(Meta Trader5/MT5)ヒストリカルデータを使った曜日別/時間帯別変動データの作り方 [Googleスプレッドシート 曜日別編] MT5

Doo Prime口座開設方法解説(画像付き)|入金20%ボーナスの受け取り方も解説
https://jforexmaster.com/dooprime-kouzakaisetsu//

【販売終了まであと19名様!銀行振込のみ5000円引き!】裁量トレードはこの1冊で完璧!エリオット波動の波を見分けるコツがわかりチャネルラインを使ったトレード方法が身に付く手法『チャート解体新書』
※ブログ内の【限定記事】は購入者のみ読めます
https://jforexmaster.com/chartkaitaisinsho2023/

四本値のヒストリカルデータを使ってチャートからは分からないミクロの視点から相場を見ていくと
曜日や時間帯によって傾向があることが分かります。

時期や市場テーマによって特定の時間帯に大きく動き出す日が続いたりすることや
いつも変わらない変動幅で動いている時間帯と曜日があります。
こういったことを視覚的に見分けるためにGoogleスプレッドシートを用いた方法を書きます。

今回は簡単なものとして、曜日別の変動データ&グラフ、時間帯別の変動データ&グラフ
作っていきます。

MT5(メタトレーダー5)のヒストリカルデータのエクスポート&インポートの方法は
こちらの記事を参考にしてください。↓

使用するヒストリカルデータのエクスポート

今回使用するのは以下のデータです。

期間:2023年1月3日~3月18日5:00まで 
通貨ペア:EURJPY(ユーロ円)
時間枠:1時間足

フィリップ証券のMT5からエクスポートしてください。

今月からタイアップが正式にスタートしました。
株式指数CFDや商品CFDも取引でき、タイアップ特典のあるフィリップ証券に
この機会にぜひ口座開設してください。

AKIRAのエリオット波動&チャネルライン研究室タイアップバナー
特典条件を満たした方が多ければ、追加特典で非公開のエリオット波動の見極め方の最新版レポートを書きます

Googleスプレッドシートにインポート

Googleスプレッドシートにヒストリカルデータをインポート

上図のように表示されたらきちんとインポートされています。
このデータをもとに分析やグラフを作っていきます。

今回、C列はデータ変更、F~I列は使わないので列ごと削除して構いません。

【作成方法1】曜日別変動グラフの作成

いよいよここからデータを工夫してグラフを作っていきます。

C列に曜日を記入

Googleスプレッドシート 列追加、曜日入力
列を追加

B列上で右クリックをすると上図のようになり、「右に1列挿入」をクリックします。

Googleスプレッドシート 曜日入力
曜日を入力

新たにC列ができるので、C1セルに「曜日」と記入し
C2セルから<DATE>に該当する曜日を記入していきます。(上図)

HIGH-LOW、OPEN-CLOSEを計算

次にHIGH-LOW(高値ー安値)、OPEN-CLOSE(始値-終値)の差をそれぞれ計算します。

H1のセルに「H-L」、I1のセルに「O-C」を入力します。

計算式は表の2列目を例にすると、以下のようになります。
黄色背景の数式を入力します。

・HIGH-LOW(高値ー安値)
 =E2-F2 (H2セルに入力)

・OPEN-CLOSE(始値-終値)
 =D2-G2 (I2セルに入力

Googleスプレッドシート
フィリップ証券ヒストリカルデータ
それぞれの差を入力

HIGH-LOW(高値ー安値)のMAX&MIN、OPEN-CLOSE(始値-終値)MAX&MINをピボットテーブルでまとめる

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ
範囲指定

今回はデータの最後を決めているので、「A1:I1296」を指定します。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
ピボットテーブル作成

上部メニュー「挿入」「ピボットテーブル」の順にクリックします。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
ピボットテーブル作成

今回は「新しいシート」を選択。「作成」をクリックします。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
ピボットテーブル作成

シートが切り替わります。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
ピボットテーブル作成

右メニューの「ピボットテーブルエディタ」から
「行」「追加」をクリックし、「<曜日>」をクリックします。
これで曜日ごとに集計されます。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
ピボットテーブル作成

次に「値」「追加」をクリックし「<H-L>」「<O-C>」のMAX、MINをそれぞれ追加します。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
ピボットテーブル作成

上図の赤枠部分のように設定します。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル
グラフ作成

「A1:E7」を選択します。
上部メニュー「挿入」「グラフ」の順にクリックしてグラフを作成します。

グラフの種類はローソク足を使います。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル グラフ
グラフ種類 ローソク足

曜日がずれてしまい、月曜日から始まっていません。
これを修正することはできないので、対策として以下のようにします。

月曜日を1,火曜日を2・・・土曜日を6といったようにピボットテーブルの元になった表に
変更します。

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル グラフ
グラフ作成 曜日順に修正

これで曜日順に並びました。

このグラフだけでも良いのですが、マイナスの変動幅がOPEN-CLOSE(始値-終値)で出ます。
これが嫌な人は次の方法で計算をします。
(このほうが分かりやすく、Twitterで公開しているものと同じです)

【作成方法2】OPEN-CLOSE(始値-終値)を使わない方法

OPEN-CLOSE(始値-終値)を使わない場合は、「第一四分位数」「第三四分位数」という計算式を
ピボットテーブルに入力します。計算式は以下です。

・OPEN(第一四分位数)
=QUARTILE(B2:C2,1) (D2セルに入力)

・CLOSE(第三四分位数)
=QUARTILE(B2:C2,3) (E2セルに入力)

Googleスプレッドシート フィリップ証券ヒストリカルデータ ピボットテーブル ローソク足
グラフ種類 ローソク足

これでマイナスの値が出ないので、純粋に変動幅で表すことができました。
この方法のほうが視覚的にもデータ的にも分かりやすいため、
こちらでグラフを作ることをお勧めします。

以上が2023年1月3日~3月18日5:00までの曜日別の変動比データの作成方法です。

次回は時間帯別の変動比データ、次々回は曜日別&時間帯別の変動比データの
作成方法を更新します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました