波の判断基準と流れの把握

波の判断基準と流れの把握 FX手法

FXを始めた頃は、何がトレンドが出た状態なのか、
トレンドがない状態はどんな状態なのかの判断が難しいと思います。

慣れてきても、今の相場は上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを
簡単に見失ってしまうときがあります。

投資において波を見失う、判断を間違えると損失にすぐに繋がり、
ラインを引いてもいかようにも引けてしまうドツボにハマります。

今回はそんな人に救いになるかもしれない波の判断基準と
流れの把握の仕方を解説していきます。

 

波を構成する起点と終点

相場は売り買いが錯綜するので、必ずジグザグの動きになります。

しかしそのジグザグの動きのジグの部分もザグの部分も
始まりと終わりがほぼ決まっています。

それをローソク足のパターンだと、包み足だったり、明けの明星、
宵の明星だったりということで昔から今も基礎とされています。

ですが、それをもっと簡単に基本的に3本のローソク足で
判断してしまえばいいと思い、3バーと呼ぶ基準を自分で作りました。

3バー

3バー基本

3バーの基本は上図の2つです。

左は上昇していく流れが終わった時に出る3バー。
右は下落していく流れが終わった時に出る3バー。
注:すべての3バーはヒゲも含んだ状態で判断します

左:山(トップ)、反転のサイン
1本目より2本目が安値も高値も高いときに、
3本目が2本目の安値を抜いたとき(赤点線)に山(トップ)が完成します。
これがあって初めて頂点をつけたと言えます。

これを山(トップ)を作った、もしくは反転したサインとしています。

 

右:谷(ボトム)、反発のサイン
1本目より2本目が安値も高値も低いときに、
3本目が2本目の高値を抜いたとき(赤点線)に谷(ボトム)が完成します。
これがあって初めてボトムをつけたと言えます。

これを谷(ボトム)を作った、もしくは反発したサインとしています。

これらが出ても上昇や下落が続くこともありますが、
基本はこの形になります。

 

3バーはらみ足

はらみ足の3バーには山(トップ)、谷(ボトム)ともにパターンが2種類あります。

山(トップ)は1本目にはらみ足があり、2本目ははらみ足を抜けた足、
3本目は2本目の安値を抜けたパターン(山(トップ):左)。

1本目、2本目は基本通りの動きで、2本目がはらみ足であり
3本目は2本目のはらみ足を抜けた時に成立するパターン(山(トップ):右)。

 

谷(ボトム)は1本目にはらみ足があり、2本目ははらみ足を
抜けた足、3本目は2本目の高値を抜けたパターン(谷(ボトム):左)。

1本目、2本目は基本通りの動きで、2本目がはらみ足であり
3本目は2本目のはらみ足を抜けた時に成立するパターン(谷(ボトム):右)。
はらみ足の3バーは基本の3バーとほとんど変わらないので
つまづくことはないと思います。

しかし次の包み足の3バーはパターンがいくつかあり
下位足を見て判断していくことになります。
そのことを覚悟して包み足の3バーを説明します。

 

3バー包み足

山(トップ)の包み足の3バーは、1本目、2本目は通常通りの動きで
3本目が包み足になっているパターン(山(トップ):左)。

もう1つは、1本目を包む形で2、3があるパターンです。
1本目の高値を超えてから1本目の安値も超える形で計2本で構成される
イレギュラーな形です(山(トップ):右)。

 

谷(ボトム)の包み足の3バーは、1本目、2本目は通常通りの動きで
3本目が包み足になっているパターン(谷(ボトム):左)。

もう1つは、1本目を包む形で2、3があるパターンです。
1本目の安値を超えてから1本目の高値も超える形で計2本で構成される
イレギュラーな形です(谷(ボトム):右)。
形だけ見るとシンプルなのでわかりやすいです。

しかし、包み足の3バーが出来上がるまでの動きによって
その後の動きの解釈が異なってくるため、
しっかりと認識しておく必要があります。

 

以上がジグザグに動く時の1つの波の始まりと終わりに出現するパターンです。

これを元にどういう時にトレンドが出て、そのトレンドが終わるのか、
トレンドが終わらない時はどういうことなのかを解説していきます。

 

1つの波が出来上がる過程

波の判断基準と流れの把握

ここからが本題です。

上図では左端がダウントレンドが続いてきた中で
オレンジラインを超えて上昇し、トレンド転換の候補が出現しました。

トレンド転換の候補が出現した後に3バーの山(トップ)を作り
それを超えてくれば上昇トレンドになります。

もしこの時、山(トップ)を超えられずに下落し、
トレンド転換前の安値を更新してきたら
ダウントレンドは継続と判断していきます。

上図のように順調に上昇して山(トップ)を超え続ける限り
上昇トレンドは維持となります。

しかし、いつかはそのトレンドも終わり、トレンド転換が起き、
トレンド転換が起きた後に山(トップ)や谷(ボトム)を抜けてしまう、
上図では右端のダウントレンドになっている部分が起きた時に
初めて上昇トレンドが終わったと見なされる頂点が完成します。

この頂点がトレンドラインやチャネルライン、
フィボナッチエクスパンションや
フィボナッチリトレイスメントを引くポイントになります。

以上が1つの波が出来上がる過程です。

 

波の連続で相場は動く

波の判断基準と流れの把握

先ほどの図からさらに動きの例として上図を作りました。

2つ目の波の終わりにY波がおき、相場がどちらに動くのか
駆け引きがあった動きにしました。

このようなパターンは比較的多く、振り回されないためにも
今のトレンドはどうなのかを忘れないようにします。

3つ目の波はトレンド転換したけれど、まだトレンドが出るかは
分からない状態です。黄色点線のように動けば上昇トレンドですし
上昇トレンドにならずに下落すれば下降トレンドが継続です。

実際にはもっと複雑な動きや極端な動きが入ってくるので
3バーを駆使して見極める目を養っておくようにしてください。

 

1つの流れの間に流れが生まれた場合

頻度はあまり高くありませんが、1つの波の流れが完成した後に
その波の最安値と最高値の間で、1回以上の波ができてしまうことが
起きる場合があります。

 

ドルカナダサンプル

ちょうど良い例にUSDCAD(米ドル加ドル)の日足があります。

白点線の流れ(下降トレンド)の中に山(トップ)と谷(ボトム)が
出来ていき(青点線)そのあとは青点線の山(トップ)を
超えられずに下落し、最終的にはダウントレンドが維持された形です。
(それまでは横方向の動き)

このような時はトレンドラインなどは引けないので、
白点線より前の流れの頂点、トレンドラインやチャネルラインを引く、
もしくは下位足で引くことになります。

下位足でトレンドライン等を引く場合は、必ずその上位足の流れを
見失わないようにするのを忘れないでください。

 

まとめ

今回の内容はFX初心者ほど見て欲しいものです。

これさえ理解し、リアルタイムで動いている相場で判断出来たら
収益率は良くなるはずです。

ただ闇雲にラインを引いたりするのではなく、
ラインを引く起点と終点をどういう基準で引くのかを
意識している人は少ないと思います。

見た瞬間にわかるポイントもあれば、見分けるのが難しいポイントもあり、
そのために目測を誤ってしまうことがたくさんあります。

そういったことを極力少なくするために、
今回の内容をしっかりと読み込んで練習し、次に繋げてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました