IG証券(IGチャート)

一般的なマルチタイムフレーム(MTF)分析とPelican FXオリジナルマルチタイムフレーム分析の時間枠組み合わせの違い

上位足から下位足に時間枠を縮めて分析していくマルチタイムフレーム(MTF)分析はテクニカル分析の王道。一般的な組み合わせとPelican FXオリジナルの時間枠に組み合わせの違いを解説。
投資雑記

Pelican FXのトレード環境や参考にしているサイトやレポート

Pelican FXが普段のトレードで使用しているチャートツールや参考にしている情報、トレード環境について。トレード用にIG証券のチャート、分析用にJForex3もしくはProRealTimeチャートを使用。ニュースは大手メディアの英語版、アナリストレポートはIG証券の石川さんのものを読んでいる。
トレード損益レポート

「投資(FX、株・商品、CFDなど)で資金が増える人は何が違うのか」を収益グラフから考える(実例付き)

投資(FX、株・商品、CFDなど)で資金が増える人の収益グラフの特徴を実例を交えて解説。大損せず、こまめな損切りに大きな利益を1度のトレードで上げていく。収益のボックス相場をいかに作っていけるかが生き残るための条件。
フィボナッチ

【永久保存版】誰も知らなかったフィボナッチ(リトレイスメント&ファン)をトレードに生かす方法

フィボナッチリトレイスメントやフィボナッチファンを実際のトレードに生かす方法。将来の先読み予測やサポートレジスタンスとして使う方法をオリジナルの見方で解説。
フィボナッチ

フィボナッチリトレイスメントとフィボナッチファンの2つを使った方が良い理由

価格軸を見るフィボナッチリトレイスメントと時間も考慮したフィボナッチファンを両方使うことで相場のポイントが分かりやすくなる。両方を組み合わせたトレード方法も紹介。
FX手法

【完全版】高値/安値の確定条件とトレンドラインの引き方

高値/安値が確定する条件とそれに合わせた正確なトレンドラインの引き方を解説。再現性のある方法で高値と安値を認識することで効果的なトレンドラインとそうな状況の判断が出来る。
FX手法

【エリオット波動】3波目の高値が意識されやすい価格帯となる

エリオット波動の3波目の高値が将来的な意識される価格帯となる理由を解説。通常3波−4波形成(フラット/トライアングル/ジグザグ)の動きであれば3波高値+ラインチャート頂点、拡大フラットの動きであれば3波高値と拡大後の高値が意識されやすい価格帯となりやすい。
エリオット波動

エリオット波動からヘッドアンドショルダー(三尊天井/逆三尊)を識別する方法

エリオット波動を使ったヘッドアンドショルダー(三尊天井/逆三尊)を見分ける方法を解説。
IG証券(IGチャート)

IG証券のアプリはPCと同期できるので便利!(IGチャートで設定/表示させたラインやインディケーター類がアプリでも同じように表示される)

IG証券が提供するアプリは、PCのIGチャートで引いたラインやインディケーターが同期されている。そのためIGチャートで表示させたものがそのままアプリでも使えるという便利な機能です。他社にはほとんど見られない機能なのでおすすめ。
インディケーター

【JForex3】日足/週足の高値安値ラインを表示させるインディケーターの使い方

デューカスコピー・ジャパンが提供するJForex3で日足や週足の高値ラインや安値ライン、半値ラインを自動表示させるインディケーター[MAX]の使い方を紹介。
エリオット波動

エリオット波動推進派3波、4波、5波、修正波A波、B波、C波のターゲットの導き方

エリオット波動推進派3波、4波、5波、修正波A波、B波、C波のターゲットの導き方をチャネルラインを使った方法で導く方法。 フィボナッチエクスパンションを使った3波とC波、フィボナッチリトレイスメントを使った4波の出し方も解説。
エリオット波動

【Trading View】エリオット波動を使うときにお気に入り登録しておきたい6つの描画ツール

相場参加者の心理と行動を的確についたエリオット波動。Trading Viewでエリオット波動をカウントする際にPelican FXがお気に入り登録している描画ツール6つを使い方と共に紹介。
エリオット波動

【エリオット波動】基本的な構造と世界一簡単なカウント方法

エリオット波動の構造(推進波5波と修正波3波)を1つのサイクルとしている。カウント方法が明確でないが、一目均衡表の基準線を使うことで明確になる。エリオット波動の基礎とカウントの取り方を解説。
FXの基礎

Pelican FX(専業トレーダー)がトレード待ち時間、トレード中にしている5つのこと

専業トレーダーPelican FXがエントリータイミングが来るまで待っている時間やトレード中にしていることの紹介。読書(ビジネス書、小説、漫画など分野を満遍なく)、映画・ドラマ鑑賞(主に海外ドラマ)、英語の勉強、睡眠、トレードに関する情報収集やテクニカル分析。
Trading View

OANDA Japanの口座とTrading Viewを連携させる方法

OANDA Japanの口座とTrading Viewを連携させてトレードもできるようにする方法を説明。
タイトルとURLをコピーしました