タイアップしていただけるFX会社を募集しています!

【エリオット波動】「修正波ABCが1つの波となる」を理解できるとカウントが簡単に見分けられる|4波のパターン別フラクタル構造図解

【エリオット波動】「修正波ABCが1つの波となる」を理解できるとカウントが簡単に見分けられる エリオット波動

エリオット波動を使いこなすために必死で形や流れを暗記して、
チャートに当てはめていきますが、なかなか上手く当てはまらないことが多いです。
もしくはカウントの取り方は合っているけれど、なぜそうなるのかが分からない。

それは今回の内容である「修正波ABC」を1つの波とみなすことができるを理解すると
面白いほどカウントが今まで以上に簡単に見分けられるようになります。

修正波とはどのようなものか、C波のターゲットの出し方から解説し、
見分けることが難しい推進波の「3→4→5」の例でさらに詳しく解説していきます。

今回の内容は少し複雑なので、エリオット波動の基本からおさらいしてきます。

エリオット波動の基本

エリオット波動の基本

エリオット波動の推進波の基本は以下の4点を押さえておく必要があります。

・2波目は1波の起点を割り込まない
・3波は1波の1.618倍になることが多い(ほぼ同じ長さの場合は5波が長くなる)
・4波は1波を下回らない(特例として重なる場合がある)
・5波は1波とほぼ同じ長さか4波が全体の長さの38.2%になりやすい
 (5波延長型の場合は61.8%になりやすい)

 

次に修正波の基本です。

エリオット波動修正波の基本

・A波は2-4ラインを下回って初めて確定する
・B波は2-4ラインまで戻しやすいが、5波を上回ることもある
・C波は「3」「B」を結んだラインをA波に合わせたチャネルラインの等倍になりやすい

 

以上の点をしっかりと理解した上で先を読んでください。

エリオット波動のフラクタル構造

エリオット波動の基本|フラクタル

相場は全て同じ動きによってできているフラクタル構造と言われています。
状況によっては変わる場面もありますが、基本的な動き自体は変わりません。

先ほどのベースとなる青ラインのエリオット波動の1サイクルは上図のようになり
「推進波5波+修正波3波の計8波動=1サイクル」がベースになります。

さらに「1波→2波」「3波→4波」「5波→A波」の構成に小さな1サイクルの動きができます。
「B波→C波」は下向きの推進波ができます。(下落から上昇の場合は逆向きになります)
このさらに下にも同じように1サイクルが存在します。

修正波A-B-Cで1つの波となる

ここまでエリオット波動の基本構造を書いてきましたが、
少し勘の良い方なら気づいてしまったと思います。

それは何かというと、「修正波はA波-B波-C波」で1つの波となることです。

 

エリオット波動の基本|フラクタル

先ほどと同じ画像ですが、2波、4波、B波に注目してください。
青文字「a-b-c」が修正波で1波となっている箇所です。

エリオット波動が使えないと嘆いている人たちはこのことに気づいておらず、
個別ではカウントができるけれど、値動きの繋がりでエリオット波動がカウントできないという
大きな弊害の1つだと思います。

修正波を構成するための小さな「a-b-c」をそれぞれ個別にして考えてしまったがために
カウントがズレてしまうということが起きてしまいます。
修正波の「C波」は推進5波動になることさえも別のサイクルと考えてしまい
違った形でカウントをとってしまいがちです。

特に3波を完成させていくタイミング、4波完成のタイミング、5波完成のタイミング、
修正波のタイミングは特に頭が混乱し、カウントを間違いやすくなります。

次の項目では3波→5波までの動きを解説していきます。

4波のパターン別エリオット波動構造

エリオット波動の基本|4波のパターンとその副次波

エリオット波動の推進波で基本的に一番長くなる3波。
その3波が終わり、4波に移行していくパターンは複数あります。

図の上からフラット型、フラット型から上または上下に行って戻ってくる拡大フラット型、
上に出てからボックスの中に戻り、その中心付近から反発するランニングフラット型 ※上図には載せてません
トライアングル(収束型or拡大型)※拡大型は図に載せてません 、ジグザグ型の大きく分けて4つの型があります。

通常4波のパターンは2波目のパターンとは違った動きになりますが、
同じような動き(主にジグザグパターンが多い)となった場合は、
3波動構成のエンディングダイアゴナルパターンになる可能性が高まります。

それぞれのパターンには一定のリズムがあります。パターン別に細かく見ていきましょう。

フラット型パターン

エリオット波動の基本|フラットパターン構成

フラット型の構成は以下のようになります。

A波(図では(a)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

B波(図では(b)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
C波(図では(c)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
Cからの推進波・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進3波)4(修正3波)5(推進5波)

拡大フラット型パターン

エリオット波動の基本|拡大フラットパターン構成

エリオット波動の基本|パターン構成

A波(図では(a)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では(b)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
     ※B波はA波の1.236倍 or 1.382倍
C波(図では(c)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
C波からの推進波・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

ランニングフラット型パターン

エリオット波動の基本|ランニングフラットパターン構成

A波(図では(a)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では(b)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
     ※B波はA波の1.236倍 or 1.382倍
C波(図では(c)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
     ※C波はA波の1.618倍
C波からの推進波・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

トライアングル型パターン(収束型P波、拡大型Y波)

エリオット波動の基本|収束型(P波)、拡大型(Y波)

形は違えど構成は同じです。

A波(図では(a)・・・3波a-b-c
B波(図では(b)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
C波(図では(c)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
D波(図では(d)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
E波(図では(e)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
E波からの推進波・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

ジグザグ型パターン

 

エリオット波動の基本|ジグザグパターン構成

A波(図では(a)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では(b)・・・3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
C波(図では(c)・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
C波からの推進波・・・5波1-2-3-4-5
     内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

最後に

エリオット波動はすでに出来上がったチャートでカウントすることは簡単ですが
リアルタイムで動いている相場ではカウントをすることは難しいです。

難しいですが、過去のチャートでカウントがしっかり取れていれさえすれば
微調整することで正しいカウントに戻せますし、ターゲットも明確になります。
またカウントが間違って損切りする場合でも損切りラインが明確であるため
リスク管理がしやすいのがメリットです。

今回の内容は、自分がかなり悩んで、迷っていた部分でしたが
チャネルラインを引き漁っていたときに意識されるラインを微調整しながら確認していたときに、
巷で修正波をカウントすることが難しいと言われる壁を破ったものです。

エリオット波動を勉強したい、トレードに取り入れたいと思っている方には
ぜひ今回の内容をしっかり覚えて、たくさん練習して、使えるようになって欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました