ハーモニックパターン特集|5-0(ファイブゼロ)を解説

ハーモニックパターン 5-0 ハーモニックパターン

ハーモニックパターン9回目の記事は5-0(ファイブゼロ/ファイブオー)です。
その前に過去8回の記事はこちら。

5-0パターンは B-Cの戻りが50%であることから「ファイブゼロ/ファイブオー」と
呼ばれています。(正確な語源が分からないため不確かな情報)

それでは早速、5-0パターンの構造と条件を見ていきましょう。

 

5-0(ファイブゼロ)の基本構造と条件

ハーモニックパターン 5-0

⑴B点:X-Aからのエクステンション113~161.8%
⑵C点:A-Bからのエクステンション161.8~224%(A点を抜けること)
⑶D点:X-Aからのリトレイスメント50%

この図だけだけと難しいような感じがしますが、赤い部分と白い部分を
反転してみれば何かに似ていると思いませんか?

 

ハーモニックパターン シャークから5-0パターンへの変化

そう、これは前回の[シャーク]がX点を超えた後のものと同じです。

青枠がシャークパターンです。
シャークパターンのでD点がX点を超える動きの後に
リトレイスメントが50%なら、5-0パターンということになります。

シャーク(X点超え)後のリトレイスメントが50%なら[5-0]と覚えましょう。
(シャークが現れなくても5-0パターンは現れます。覚え方だけ参考に)

 

5-0(ファイブゼロ)パターンの実例

ハーモニックパターン 5-0 ロング

GBPUSD(ポンドドル)4時間足に現れた買いパターンです。
この図ではたまたま2つ見つけることができました。
微妙に数値が基本とは違いますが、許容範囲内です。

 

ハーモニックパターン 5-0 ショート

GBPUSD(ポンドドル)4時間足に現れたショートパターンです。

 

5-0(ファイブゼロ)パターンのD点の予測方法

X-AのリトレイスメントでD点を予測する。
D点は1つに決まっているため前回までやったPRZは必要ありません。

 

ハーモニックパターン 5-0 ロングprz

赤枠はD点の正確な比率と実際の動きの誤差を記しています。

 

ハーモニックパターン 5-0 ショートPRRZ

赤枠はD点の正確な比率と実際の動きの誤差を記しています。

 

5-0(ファイブゼロ)パターンのまとめ

ハーモニックパターン 5-0 ハーモニックパターン シャーク
⑴B点:X-Aからのエクステンション113~161.8%
⑵C点:A-Bからのエクステンション161.8~224%(A点を抜けること)
⑶D点:X-Aからのリトレイスメント50%
⑴B点:X-Aからのリトレイスメントは特に決まりはない。
⑵C点:A-Bからのリトレイスメント113~161.8%(A点を抜けること)
⑶D点:X-Aからのエクステンション88.6%、113%、161.8%のどれか
⑷D点:B-Cからのエクステンション161.8~224%(X点を超えること)

X点を超えるシャークパターンのリトレイスメント(戻り)が50%ならば
5-0パターンです。

ただし、シャークパターンでなくても5-0パターンになることがあるため
その点だけは注意しましょう。

ハーモニックパターン 5-0パターンのフィルタリング

1. X-AのエクステンションB点の位置を確認する。
 113~161.8%→5-0パターン?派生ハーモニックパターン? 

2.A-BのエクステンションC点の位置を確認する。
 ・A点を抜けている→5-0パターン?(113~161.8%)
           派生ハーモニックパターン?

〜ここまででハーモニックパターンの種類を見極める〜

3.D点の到達予想範囲は50%と決まっているので、50%にマーキング。

5-0パターンは図で説明すると分かりづらいですが、
X点を超えるシャークパターンとセットにすると簡単になります。

5-0パターンがシャークパターンの後に出るとは限りませんが、
そうやって覚えておくと便利です。

次回はブラックスワンを解説していきます。

 

ハーモニックパターン早見表
ハーモニックパターン バット ハーモニックパターン ガートレー ハーモニックパターン バタフライ ハーモニックパターン クラブ
ハーモニックパターン オルトバット ハーモニックパターン サイファー ハーモニックパターン ネンスター ハーモニックパターン ディープクラブ
  ハーモニックパターン シャーク  
ハーモニックパターン 5-0 ハーモニックパターン ブラックスワン ハーモニックパターン ホワイトスワン ハーモニックパターン スリードライブ
画像クリックで拡大します

コメント

タイトルとURLをコピーしました