億を超える収益をあげる人たちがいう4つのこと

億を超える収益をあげる人たちがいう4つのこと コーチング

初心者と中級者の壁

単月なら相場が良ければ、運良く大きな流れを捉えたらプラスで終えられますが
これが毎月、年間を通してだと中々うまくいきません。

それだけ初心者と中級者の壁は厚いのです。
だから多くの方がこの壁を超えられずに退場していくか
利益を生み出せないまま貯金や証拠金を減らし続けています。

中級者〜上級者の壁はあってないようなもので、
上級者の定義もまた曖昧ですが
上級者はほぼ毎年利益を残せる人であることは間違いありません。

上級者であってもマイナスにある年はもちろんあります。
それはなぜかといえば、相場の状況もありますが、
プライベートなことか相場状況が良くなるまでやらないという期間が
数ヶ月も続くという面があるからです。

もちろんこれは個人投資家だけの話であり、
ファンドなどの機関投資家などはほぼ毎日トレードしないといけないので
その限りではありません。むしろこのような環境でほぼ毎年利益を
上げているのなら本物のプロ投資家です。

そのような人たちはハイクラスの投資家からの資金を運用しているので
決して表には出ない存在なので出会うのは限られているため、
よほどのコネがないと出会うことはほぼないでしょう。

億を超える収益をあげる人たちがいう4つのこと

それゆえに利益の上げ方のコツなどを聞く機会はありませんので、
個人投資家で利益を上げ続けている人の話を聞く方が早いです。
個人投資家で収益が億を超えている人たちを2名ほど知っていますが
ほぼ同じようなことを4つ言っていました。

それは、

・周りの情報をむやみに信じないこと
・考えたアイデアを実践し、検証、反省、実践していくこと
・経験から得た知識や体感覚は人には伝えられないこと
・値動きだけが真実

 

基本的にこのような人たちは独特の雰囲気を持っていたり
頭の中や回転が早いので近づきにくかったりしますが
同じようなことを言っていました。
(中にはそんな風に見えなくても、恐ろしく頭が切れる人もいます)

この4つを読んで、「もしかしたら自分もそういう感覚を薄々感じていたけど
その感覚が正しいのか分からなかった」と感じる方がいるかもしれません。

ここではっきりと言いたいことは、その感覚は絶対的に正しいです!
大きなニュースならともかくとして、値動きの説明をそれとなくニュースに
合わせて書いてある情報はほとんどが後付けです。
実際のところはわかりません。

わかることは、資金を多く動かしている人、その時のポジションの偏り、
その価格でのポジション量によって動きはいくらでも変わっていきます。

その状態をなんとなくつかむためにテクニカル分析があって、
その前提でサポート・レジスタンスライン(ゾーン)でトレードしていくのです。

これが他のインディケーター類を使わなくても良い理由の1つです。

そしてもう1つ言えることは、某ファンドや海外銀行のディーラーの話を聞くと
今でもファンドや銀行で運用している人のポジションをとる流れ(計画?)や
情報をやりとりしている時点でテクニカル分析のインディケーターが
通用しないことなど一目瞭然です。

結果的に大きな資金を動かしている人たちの動きが正解なのです。
もちろん完璧に情報をやりとりするのは犯罪なので、
グレーゾーンでやっていたり、お互いの腹の探り合いをやっていることは
書かなくてもわかってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました