Doo Prime MT4とMT5の違い|MT5のヒストリカルデータのダウンロード方法を解説!

MT4とMT5の違い|MT5のヒストリカルデータのダウンロード方法を解説! Doo Prime

Doo Primeブランドアンバサダーに就任致しました!
https://jforexmaster.com/dooprime-brandambassador/

Doo Primeの口座開設方法を解説(画像付き)|会社の評価・評判/スポンサー・ESG活動も解説【PR】
https://jforexmaster.com/dooprime-kouzakaisetsu/

Doo PrimeのIBパートナーとは?IB口座開設、IB報酬をもらえる仕組みと報酬内容を解説!
https://jforexmaster.com/dooprime-ibaccount/

Doo Prime主催グローバルトレード大会(ユーロチャンピオン・トレードチャレンジ )開催!
https://jforexmaster.com/dooprime-tradecontest/

Doo Primeでは取引プラットフォームにMT4(メタトレーダー4)、MT5(メタトレーダー5)
Doo Prime InTrade、Trading View(この2つは日本ではまだ使用できません)を提供しています。

現在、Meta Trader(メタトレーダー)に関しては
MT4はWEB版、ダウンロード版(デスクトップ版)、スマホアプリ
MT5はダウンロード版(デスクトップ版)、スマホアプリを提供しています。

MT5はMT4の後継版として最新のプラットフォームになりますが
MT4とMT5では互換性がなく、EAのプラグラミング言語が違うため
自動売買をするトレーダーはMT4を好んで使っているのが現状です。

しかし、MT5のほうが複数の金融商品の取引に対応し、
Doo Primeのような様々な金融商品を提供している場合は、
同じプラットフォームで取引できるため、手間がなく、チャンスを逃しません。

時間足の豊富さやバックテスト機能の充実、取引レポートの詳細さ、出来高が見れる、
そして、なんといってもMT4の32Bitから64Bitになったことでサクサク動くようになりました。

この記事ではさらに違いを詳しく見ていきます。

MT4とMT5の違い「マーケット」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより

MT4では1つの金融商品(CFD(FXはCFDの中の1つ))しか取引できないのに対し、
MT5はCFD、先物、株式、債券の4つを1つのプラットフォームで取引できます。

取引銘柄もMT4の1024種類から数万種類に増えています。

取引所のデータを検索することができるため、ヒストリカルデータのダウンロードができます。
こちらは後述します。

MT4とMT5の違い「取引モデル」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより

注文方法の違いについてはこちらにまとめたので、参考にされてください。

マーケットデプスで出来高を見れるので価格の透明性がわかります。
取引に使えるかどうかは使う人によると思います。

MT4とMT5の違い「注文の実行」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより

取引所注文、部分注文の執行が追加されました。

FOK注文(Fill or Kill注文):価格を指定せずに発注し、注文受付時の反対側の板にある
最良気配価格のみで全数量が約定できない場合は全部キャンセルされます。

IOC注文(Immediate or Cancel order注文):指定した値段かそれよりも有利な値段で、
すぐに一部あるいは全部を約定させ、成立しなかった注文数量はキャンセルされる注文方法です。

MT4とMT5の違い「チャート・インディケーター」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより

インディケーターは30種類から38種類、描画オブジェクトは31種類から44種類、
時間足は9種類から21種類へとMT5では増えました。

描画機能 チャートでMTF(マルチタイムフレーム分析)が便利

MT4とMT5の違い
ミニチャート

特に描画オブジェクトでは、「挿入」→「オブジェクト」→「グラフィック」→「チャート」
から表示できるミニチャートで簡易的にマルチタイムフレーム分析ができるようになりました。
こちらは便利な機能なので、使うトレーダーが多くなると思います。

MT4とMT5のタイムフレーム比較

期間MT4MT5
1分足
2分足
3分足
4分足
5分足
6分足
10分足
12分足
15分足
20分足
30分足
1時間足
2時間足
3時間足
4時間足
6時間足
8時間足
12時間足
日足
週足
月足

MT4とMT5の違い「追加機能」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより
MT5経済指標表示

MT5では経済指標が表示できます。
これにより指標忘れがなくなるので、設定しておいて損はありません。

下部のツールボックスから「経済指標」をクリックします。
経済指標の画面が表示されるので、経済指標上で右クリックします。
「チャートに表示」にマウスカーソルを合わせて→「すべてのイベント」をクリックします。

以上でチャート上の時間部分に指標の発表時刻が表示されます。

MT4とMT5の違い「自動売買機能」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより

バックテストでは、複数通貨の売買、ローカルネットワークを利用した高速化など
MT4では悩みの種になっていた部分が解消されています。

MT4とMT5の違い「システム構成」

MT4とMT5の違い
Doo PrimeのHPより

バックアップ要素などの変更でよりトレーダーが安心して使えるようになりました。

MT5でヒストリカルデータをダウンロードする

MT5ヒストリカルデータをダウンロードする

「表示」→「銘柄」の順にクリックします。

MT5ヒストリカルデータをダウンロードする

ヒストリカルデータをダウンロードしたい銘柄を選択します。

銘柄が見つかったらダブルクリックします。

MT5ヒストリカルデータをダウンロードする

「チャートバー」タブをクリックすると、上画像の表示になります。

タイムフレームを変更したい場合はクリックし、一覧から選択します。
取得したい期間の開始日、終了日を決めて、「情報呼出」をクリックします。

MT5ヒストリカルデータをダウンロードする

ヒストリカルデータが表示されたら成功です。
このデータで良ければ「OK」をクリックします。

MT5ヒストリカルデータをダウンロードする

保存先を指定して「保存」をクリックします。(Windows版)

MT5ヒストリカルデータをダウンロードする

赤枠で囲ったエクセルファイルが表示されていれば成功です。

このデータを使って自分で加工してチャートを作るなどすると、新しい見方ができると思います。

3日足を作る、通貨強弱を作る、曜日ごとや時間ごとの変化量を調べる、
過去年の月ごとの特徴を調べたりなどをやってみると、相場の奥深さを知ることができます。
こういうことも勉強になるので、試してみる価値があります。

MT5を使うほうが断然おすすめ!

以上の点から、最新のメタトレーダーのプラットフォームはメタトレーダー5(MT5)を
使うほうがトレードもやりやすいと思います。

サクサク動き、描画やインディケーターの追加機能、バックテストの速さなど
MT4よりストレスなく使えると思います。
MT4の自動売買をされている方は互換性のないMT5を使う理由はないかもしれませんが
すでにMT5がリリースされて数年以上経っています。

MT5のバックテストの細かい設定や結果などでEAも進化しているため
MT5をこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

当ブログのDoo PrimeのリンクやバナーからIBパートナー様になっていただいた方向けに
Discordと呼ばれるコミュニケーションツールを使って質問や相談などを受け付けています。

その他にコンテンツ提供や素敵な内容のものを提供していけたらと思っています。

※当ブログからIBパートナーになっていただいた方は私が担当になります

希望者は以下の情報を、お問い合わせフォームに入力して送信してください。

・問い合わせ種類:「質問・その他」
・問い合わせタイトル:「Doo PrimeのIB口座開設」
・お名前
・メールアドレス
・お問い合わせ内容:「ID」を記入

確認出来次第、いただきましたメールアドレス宛にDiscordの招待メールをお送りします。
よろしくお願いいたします。

もし不安がありましたら、お問い合わせフォームからいつでもご連絡ください。

普段から使っている私の目線でお答えしたいと思います。

Doo Prime

エリオット波動&チャネルライン研究室|Doo Primeブランドアンバサダーをもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメント

エリオット波動&チャネルライン研究室|Doo Primeブランドアンバサダーをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む