タイアップしていただけるFX会社を募集しています!|2021年6月アクセス数 PV:13,850/UU:4,848|2.3~ リアルタイム更新スタート

日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)の資格取得に向けて|追記あり

NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会 投資雑記

日本テクニカルアナリスト協会の資格、1次レベル「日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリストに申し込みました!
(2021.5.3追記)


日本で金融関係の資格は多くありますが、特にアナリスト系を目指す人にとっては以下の協会が有名だと思います。

公益社団法人 日本証券アナリスト協会のCMA資格(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)は
1次レベル、2次レベル(各通信講座+試験)を得て、CMAの取得。(実務経験3年未達の場合は検定会員補で)

といった形で金融機関、企業などに勤めていないとハードルが高い印象です。

NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会の資格は、1次レベル「日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト
(Certified Member of the Nippon Technical Analysts Association、 CMTA®)」
2次レベル「国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(Certified Financial Technician 、CFTe®)」
3次レベル「国際テクニカルアナリスト連盟検定テクニカルアナリスト(Master of Financial Technical Analysis、MFTA®)」

となっており、3次レベルは論文(英語)HPを見ても数人程度しか取得していません。
ここまで取る必要は個人的にはないと思っているので、多くの人は2次レベルまででしょう。
それでもHPから確認できる合格者は証券会社勤務の人がほとんどです。

個人投資家で資格を持っている人は数人知っていますが、資格を持っているからといって投資で稼いでいるかというとそうではありません。
ここがネックで今まで資格を取ろうと思わなかったのですが、今朝目覚めたら不意に資格を取りたいと思い立ち協会を検索。
次の日曜日が試験でしたが、もちろん受けることは出来ないので次のチャンスである7月に狙いを定めています。
応募は4月〜5月中旬までに発表されるとのこと。

NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会試験概要

NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会試験概要

試験は2021年7月18日(日)予定となっており、応募から3ヶ月あるので十分すぎる勉強期間です。

通信教育講座(55,000円(税込))、試験受講料(11,000円(税込))で66,000円の費用と勉強で受講資格が満たされます。

ハードルが低く、しっかり勉強すれば1次レベルでは8割が受かります。
2次レベルでさえも5割強が受かるので、しっかり勉強できてさえいれば2次レベルまでなら誰でも取れる水準です。

資格取得すれば履歴書(書く予定はないですが)、名刺にも書けます。
金融関係以外の人にはなんとなく箔がついたような印象を与えることが出来ます。
ブログプロフィールにも書くことでブログの信頼度が上がるはずです。
(だからと言って読んで稼げるようになるとは限らない)

今後どこかのFX会社や証券会社でプロジェクトを組むにしても資格があった方が機会が増えるかもしれません。
その機会を生むためにもしっかりと取り組んで資格取得に励みます。

コロナ禍で日程がずれ込む可能性もありますが、2次レベルまで取る予定でいます。
その都度試験結果を報告していくので楽しみにしていてください。

もし同時期に資格取得を目指す方がいれば、一緒に頑張りましょう!

 

運営者&執筆者

年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

現在、テクニカルアナリストの資格&Python勉強中

AKIRAをフォローする
投資雑記
スポンサーリンク
AKIRAをフォローする
AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました