2021年5月アクセス数 PV:15,314/UU:5,368|2.3~ リアルタイム更新スタート|Revueで平均5通貨ペアのエリオット波動メルマガを毎日配信!購読者75名

米CPI好結果で上昇も週終値では微増|ポンド0.9%上昇|豪ドル0.83%下落|ドイツ金利は43.12%上昇

マーケットレポート
・ポンド最強通貨、豪ドル最弱通貨
・ポンド円上昇率1.49%へ
・豪ドル米ドルは-0.76%
・欧州金利(ドイツ金利)は43.12%の急上昇

主要通貨ペア

通貨ペア別変動率

 

前々週終値

前週終値

前週比

前週比(%)

ドル円

108.543

109.335

0.792

0.73%

ユーロ円

132.023

132.785

0.762

0.58%

ポンド円

151.77

154.031

2.261

1.49%

豪ドル円

85.125

85.062

-0.063

-0.07%

NZドル円

79.011

79.220

0.209

0.26%

スイスフラン円

120.482

121.278

0.796

0.66%

カナダドル円

89.461

90.311

0.85

0.95%

ユーロドル

1.21629

1.21448

-0.00181

-0.15%

ポンドドル

1.39857

1.40886

0.01029

0.74%

豪ドル米ドル

0.78395

0.77798

-0.00597

-0.76%

NZドル米ドル

0.72762

0.72456

-0.00306

-0.42%

米ドルスイスフラン

0.90021

0.90120

0.00099

0.11%

米ドルカナダドル

1.21231

1.20937

-0.00294

-0.24%

通貨インデックス

通貨インデックス変動率

 

前々週終値

前週終値

前週比

前週比(%)

USD

90.229

90.304

180.533

0.08%

EUR

121.65

121.44

243.09

-0.17%

GBP

139.74

141.00

280.74

0.90%

JPY

92.07

91.44

183.51

-0.68%

AUD

78.44

77.79

156.23

-0.83%

NZD

72.78

72.56

145.34

-0.30%

CHF

110.94

110.92

221.86

-0.02%

CAD

82.41

82.62

165.03

0.25%

国債10年利回り(金利)

金利変動率

 

前々週終値

前週終値

前週比

前週比(%)

米国債10年利回り

1.588

1.630

0.042

2.64%

円国債10年利回り

0.085

0.085

0

0.00%

英国債10年利回り

0.775

0.863

0.088

11.35%

独国債10年利回り

-0.218

-0.124

-0.094

43.12%

豪国債10年利回り

1.635

1.747

0.112

6.85%

NZ国債10年利回り

1.743

1.908

0.165

9.47%

加国債10年利回り

1.498

1.557

0.059

3.94%

主要株式指数

主要株価指数変動率

 

前々週終値

前週終値

前週比

前週比(%)

日経平均

29357.75

28084.40

-1273.35

-4.34%

TOPIX

1933.05

1883.42

-49.63

-2.57%

香港ハンセン指数

28610.66

28027.58

-583.08

-2.04%

NYダウ平均

34777.8

34382.1

-395.70

-1.14%

NASDAQ100

13719.64

13393.13

-326.51

-2.38%

S&P500

4232.6

4173.9

-58.70

-1.39%

FTSE100

7129.7

7043.6

-86.10

-1.21%

DAX30

15399.7

15416.64

16.94

0.11%

VIX指数

16.69

18.81

2.12

12.70%

CRB指数

206.963

203.292

-3.67

-1.77%

商品

商品先物変動率

 

前々週終値

前週終値

前週比

前週比(%)

1831.3

1838.1

6.8

0.37%

27.475

27.365

-0.11

-0.40%

4.7485

4.6545

-0.094

-1.98%

プラチナ

1249.00

1225.00

-24.00

-1.92%

WYI原油

65.49

66.02

0.53

0.81%

NY天然ガス

2.958

2.961

0.003

0.10%

今週のコメント

今週はポンドの上昇、円と豪ドルの下落が特徴的な週となりました。
米CPIの予想以上の伸びなどがありつつも、今週引値では小幅上昇に収まりました。

米金利が上昇傾向にあるのは周知の事実ですが、ドルインデックスを見ると結構踏ん張りどころなポイントです。
そのため個人的にはもう少し下落してきてもいいような気がします。

 

ドルインデックス週足

ドルインデックス|週足

200EMA<75EMA<25EMAの順に綺麗に並んでいることから下落傾向が強まっていることがわかります。
平均値が下がり続けている現状から考えると、上昇するためには相当なエネルギーが必要になってきます。

テーパリングやインフレ、経済指標などによるファンダメンタル的要因が関係しないと
下落の状況を転換できるような状況ではないと思われます。

オレンジゾーンが超重要なサポートゾーンです。エリオット波動で考えると黒文字((Ⅰ))?と((Ⅳ))?の現在推移している部分が
重なっているのでダイアゴナルパターンとなるのかに注目です。

それともすでに下落が続くような状況となっているため、黒文字((a))~((c))がすでに完成し、
オレンジゾーンを抜けて赤枠ゾーンを目指すような動きとなっているのかも考えておきたいポイントです。

ここから先、上昇していくには下向きの青ラインを超え、かつ25EMAも青ラインを超えてこないと難しいと思われます。

もしこのままドルインデックスが弱くなるような事態になれば、景気回復傾向の欧州の動きがより目立ち、
特に英国がアメリカに先駆けて以前噂になったテーパリングをすればよりポンドが強くなってきますし、
米欧金利差が縮小している現状ならばユーロも買われて強くなっていきます。

そうなってくると欧州に比べてドルが安くなり、アメリカの経済にも影響が出始めるのでは?と思います。
ですが、日本円に関しては今の日本の状況を考えると、ドル円で安くなるというのは考えられません。
円売りによるドル買い、そのドルは欧州通貨を買うために使われる。合間に資源国通貨にも分散されていく。
このようなイメージではないでしょうか。
そう考えると円は多通貨に対してもっと安くなる可能性があるということになり、クロス円は強い上昇となるかもしれません。(あくまで予想です)

以上のことから、ドルインデックスと米欧・米英金利差、クロス円に注目してもいいのではないでしょうか。

運営者&執筆者

運営者:Pelican FX|年齢:30代|相場歴:15年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のエリオット波動や経済指標・通貨強弱、コメント、気になったニュースやレポートを配信するメルマガ「Pelican FXの毎日エリオット波動」も夜の時間帯に配信中。

Pelican FXをフォローする
マーケットレポート2021.5
スポンサーリンク
Pelican FXをフォローする
Pelican FX 〜ローソク足×エリオット波動の真実〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました