フィリップ証券とタイアップ開始!

口座開設+5万円入金で月利2%アップ目指せる特典レポート(60ページ以上)をプレゼント!

今回のために書き下ろした相場の環境認識、ラインの引き方、初公開の相場の反転/反発を決める見えない角度のラインの引き方などをまとめた内容です。

フィリップ証券に口座開設する

【3分でわかる今日のトレード戦略】今日の注目通貨ペアはUSDJPY,AUDJPY,NZDJPY 2023年1月17日(火)

【3分で分かる今日のトレード戦略】今日の注目通貨ペア トレード戦略

【読むのは3分、書くのは1時間半、毎朝のルーティンは今日トレで】
今日のトレード戦略の時間です。

ここでは毎朝、前日の通貨強弱、前日の主要通貨ペア変動、投資家センチメント、
USDJPY(ドル円)、US10Y(米国債10年利回り)、US2Y(米国債2年利回り)、
ドルインデックス、前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目通貨ペアNo.1,No.2の分析と
トレード戦略をエリオット波動とチャネルラインを使って、トレーダー目線で考えています。

朝の時点での戦略なので、夕方以降は適さない可能性がありますが
基本的な考え方や分析はブログ記事やタイアップ特典のレポートに書いてあることがベースです。
現在の相場で迷ったときは参考にされてください。

 

今日のサマリー

・米金利の反転がドルの反転要因になるか
・明日までは円がドルよりも注目通貨となるため、クロス円の戻りの上昇が今日も続くか。

フィリップ証券

【タイアップ特典レポート受け取り手順&条件】

1. 当ブログからフィリップ証券のバナー、リンクから
 口座開設ページへ
2. そのページから口座開設する
3. 口座開設完了後、5万円以上を入金する

フィリップ証券に口座開設する

前日の要人発言

松野官房長官
「日銀には経済・物価・金融情勢踏まえつつ、適切な金融政策の運営を期待する」

ネバティ・トルコ財務相
「トルコのインフレは2023年も鈍化し続ける」
「CPIとPPIのスプレッドは12月時点で縮まった」

レーン・フィンランド中銀総裁
「次回会合で大幅利上げを見込む」

 

前日の通貨強弱

通貨強弱 USD EUR GBP AUD NZD CHF CAD JPY

通貨強弱 2023.1.17 NYクローズ時点

参考元:Currency Strength Chart

最強通貨:USD  最弱通貨:JPY

 

前日の主要通貨ペア変動

前日通貨変動比データ

前日通貨変動比データ 2023.1.17 NYクローズ時点

 

センチメント

センチメント指数

センチメント指数 2023.1.17 5:00時点

参考データ:DailyFX

USDJPYのネットロングが59%で下落傾向にあるといえます。
USDCHFは依然として74.12%と高めにあるため下落傾向を維持しています。

 

US10Y(米国債10年利回り)/US2Y(米国債2年利回り)

米国債2年、10年利回り

米国債2年、10年利回り 2023.1.17

チャート:Trading View

昨日は米国は休日のため大きな動きはありませんでした。
その中で10年利回りは短期上昇チャネルライン(緑)上限に到達。そのため下落する可能性が高く
短期下降チャネルライン(青)上限にも接していることから反転することを考えたい場面です。

 

ドルインデックス

DXY 45min

DXY 45分足 2023.1.17

チャート:Trading View

19時以降は小動きであり、短期下降チャネルライン(赤)下限に接してやや下落しています。
このまま下落が続けば102.55付近がレジスタンスとなり、下落が続いて101.773付近を
目指していくかに注目です。

状況によっては抜ける可能性がありまずが、上を目指す展開となれば102.90付近を視野に
上昇を加速させるかもしれません。

 

USDJPY

5USDJPY23117

USDJPY 5日間の値動き比較 2023.1.10~1.16

データ:フィリップ証券

USDJPY 45min

USDJPY 45分足 2023.1.17

チャート:Trading View

1st. Check Point!

75EMAまでで上昇を抑えられていますが、修正波(青A)の段階を終えて現在は修正波(青B)を
形成中と思われます。そのためどこで下げ止まるかが焦点になってきます。

127.80付近でサポートされるかに注目し、この下落から反発上昇してくるかにも注目です。
しかし下落が強まれば127.21を目指す展開が予想されます。

2nd. Check Point!

75EMA、200EMAが下向きで角度もついているため、ダウントレンド継続です。
この2本の乖離もあることから、75EMAを上回る上昇が起きても戻り売り傾向は続くと思われ
注意しておきます。

 

前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目ペア No.1 AUDJPY

5AUDJPY23117

AUDJPY 5日間の値動き比較 2023.1.10~1.16

データ:フィリップ証券

AUDJPY 45min

AUDJPY 45分足 2023.1.17

チャート:Trading View

1st. Check Point!

ダウントレンド継続の中で戻りをこなしている段階です。
緑ライン2本で挟まれた間で推移する可能性を考えつつ、上の緑ラインを超えてきたら
200EMAを目指した動きに入ることを考えていきます。

2nd. Check Point!

75EMAと200EMAの角度が緩やかになったので、下落継続を考えつつも
ある程度の上昇と下落を繰り返す可能性を考えておきます。

 

前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目ペア No.2 NZDJPY

5NZDJPY23117

NZDJPY 5日間の値動き比較 2023.1.10~1.16

データ:フィリップ証券

NZDJPY 45min

NZDJPY 45分足 2023.1.17

チャート:Trading View

1st. Check Point!

短期下降チャネルライン(緑)上限に接しています。
75EMAでも跳ね返されているため下落が強まり81.13を目指す可能性がありますが
上限を超える上昇が出てくるならば200EMA付近の82.80-90付近が視野に入ります。

2nd. Check Point!

75EMAと200EMAの角度が緩やかになっているため
値動きも段階を追って変化していくことを考えたい場面です。

下降チャネルライン(青)半値分にあたる81.56付近が意識されているため
この辺りでの細かい攻防次第で、75EMAの角度が変わると思われます。
角度が変われば下落が強まる可能性が出てくるため、このポイントに注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました