フィリップ証券とタイアップ開始!

口座開設+5万円入金で月利2%アップ目指せる特典レポート(60ページ以上)をプレゼント!

今回のために書き下ろした相場の環境認識、ラインの引き方、初公開の相場の反転/反発を決める見えない角度のラインの引き方などをまとめた内容です。

フィリップ証券に口座開設する

【3分でわかる今日のトレード戦略】今日の注目通貨ペアはUSDJPY,EURUSD,GBPUSD 2023年1月16日(月)

【3分で分かる今日のトレード戦略】今日の注目通貨ペア トレード戦略

【読むのは3分、書くのは1時間半、毎朝のルーティンは今日トレで】
今日のトレード戦略の時間です。

ここでは毎朝、前日の通貨強弱、前日の主要通貨ペア変動、投資家センチメント、
USDJPY(ドル円)、US10Y(米国債10年利回り)、US2Y(米国債2年利回り)、
ドルインデックス、前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目通貨ペアNo.1,No.2の分析と
トレード戦略をエリオット波動とチャネルラインを使って、トレーダー目線で考えています。

朝の時点での戦略なので、夕方以降は適さない可能性がありますが
基本的な考え方や分析はブログ記事やタイアップ特典のレポートに書いてあることがベースです。
現在の相場で迷ったときは参考にされてください。

 

今日のサマリー

・米金利の上昇がUSD上昇要因もUSDJPYはその影響が限定的になる恐れ
・円金利上昇を試す動きが続く限りは円の上昇は止まりづらい
・欧州通貨の上昇は維持されやすい状況

フィリップ証券

【タイアップ特典レポート受け取り手順&条件】

1. 当ブログからフィリップ証券のバナー、リンクから
 口座開設ページへ
2. そのページから口座開設する
3. 口座開設完了後、5万円以上を入金する

フィリップ証券に口座開設する

前日の要人発言

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「企業もインフレ鈍化との認識ならば0.25%で動くことに懸念無い」
「(CPIの結果について)FRBにゆっくりと動く余地を与える可能性」

日銀
「今後も市場の動向等を踏まえつつ、機動的に長期国債買い入れを実施する」
「16日に追加で長期国債買い入れを実施」

カザークス・ラトビア中銀総裁
「ECBはかなり景気制約的な水準まで金利を引き上げるべき」
「年内に利下げを行う理由はない」

ハーベック独経済相
「冬のドイツ経済の落ち込みは、懸念されていたよりも軽微となる見通し」

イエレン米財務長官
「インフレは過去6カ月間で極めて緩やか」
「今後6カ月で家賃指数は大幅に下がると予想 」
「19日に債務上限に達すると予測」
「財務省は債務上限問題を巡り特別措置を講じる」
「財務省は今月、2つの非常措置を講じる」

日米首脳共同声明
「日米は台湾海峡の安定を維持する重要性を強調」
「日米は半導体などの技術を保護へ」

 

前日の通貨強弱

通貨強弱 USD EUR GBP AUD NZD CHF CAD JPY

通貨強弱 2023.1.14 NYクローズ時点

参考元:Currency Strength Chart

最強通貨:JPY  最弱通貨:CAD

円の強さが14日も続き、最強通貨となっている。
他通貨ではUSDとNZDの変動が大きかった。

 

前日の主要通貨ペア変動

前日通貨変動比データ

前日通貨変動比データ 2023.1.14 NYクローズ時点

 

センチメント

センチメント指数

センチメント指数 2023.1.14 5:00時点

参考データ:DailyFX

USDCHFネットロングが76.43%と大きいことから下落しやすい状況です。
USDJPYのネットロングが半数を超えていることから下落しやすい状況です。

 

US10Y(米国債10年利回り)/US2Y(米国債2年利回り)

米国債2年、10年利回り

米国債2年、10年利回り 2023.1.16

チャート:Trading View

2年利回り、10年利回りともに反発基調に入り上昇しています。
上昇は今後も続きそうですが、戻りをつけながら上昇していく形で
2年利回りは4.32%付近、10年利回りは3.3~3.6%を目指していくことが考えられます。

 

ドルインデックス

DXY 45min

DXY 45分足 2023.1.16

チャート:Trading View

短期下降チャネルライン(赤)等倍分で下落が止まり反発しています。
ダウントレンドは継続中ですが、安値を更新してもこの等倍分の下限で跳ね返されれば
レンジの可能性が出てくることを考えます。

金利との相関が戻ってきたので、金利の動きを考えるならレンジの可能性が高そうです。

 

USDJPY

5USDJPY23114

USDJPY 5日間の値動き比較 2023.1.9~1.13

データ:フィリップ証券

USDJPY 45min

USDJPY 45分足 2023.1.16

チャート:Trading View

1st. Check Point!

米金利上昇よりも円金利の上限を攻められている関係で円買いが強まっています。
この傾向はしばらく続きそうであり、今の安値を更新する流れが続く可能性が高くなっています。
この安値更新の下落で最後の動きとなり反発してくると思われます。

下降チャネルライン(青)等倍分の半値ライン(水色)126.50付近を
安値更新時には目指すと思われます。

2nd. Check Point!

75EMA、200EMAが下向きになっていることから下落継続のままです。
ベースの下降チャネルライン(青)の半値の下に75EMAが入ったことで
下落が続きやすい状況になっています。

下降ブレイク前の安値129.50を75EMAが抜けるかにも注目し、
抜けてきたタイミングでの動きの変化にも注目していきます。

 

前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目ペア No.1 EURUSD

5EURUSD23114

EURUSD 5日間の値動き比較 2023.1.9~1.13

データ:フィリップ証券

EURUSD 45min

EURUSD 45分足 2023.1.16

チャート:Trading View

1st. Check Point!

米金利の影響で変動が左右されやすい状況なので1.08678を超えるまでは
レンジの可能性を考えておくと良さそうです。

ベースの上昇チャネルライン(黒)下限を明確に下回るまでは上昇傾向は維持と考えて、
今日の動きで高値を更新するのか、レンジになるのかを意識しておきます。

2nd. Check Point!

75EMAにしっかり乗っている状態なので、中期的に上昇傾向にあります。
ベースの上昇チャネルライン(黒)下限を75EMAが抜けてきたら警戒し
下落転換していくかを注意深く観察していくようにします。

 

前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目ペア No.2 GBPUSD

5GBPUSD23114

GBPUSD 5日間の値動き比較 2023.1.9~1.13

データ:フィリップ証券

GBPUSD 45min

GBPUSD 45分足 2023.1.16

チャート:Trading View

1st. Check Point!

EURUSD同様に金利の動きに左右されやすくなっておりUSDの動向次第になります。
欧州通貨は上昇傾向にあるため1.22489を超えてくれば上昇を強める可能性が高いですが
レンジがまだ続くならば押し戻される動きにも警戒が必要です。
1.22822付近をしっかりと超えられるかが重要になるかもしれません。

2nd. Check Point!

200EMAにしっかり乗っており、長期的に上昇傾向にあるといえます。
75EMA、200EMAも上向きになっているので押し目は買われる可能性があり
短期上昇チャネルライン(青)下限を75EMAが抜けない限りは上昇維持を考えたい場面です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました