フィリップ証券とタイアップ開始!

口座開設+5万円入金で月利2%アップ目指せる特典レポート(60ページ以上)をプレゼント!

今回のために書き下ろした相場の環境認識、ラインの引き方、初公開の相場の反転/反発を決める見えない角度のラインの引き方などをまとめた内容です。

フィリップ証券に口座開設する

【3分でわかる今日のトレード戦略】今日の注目通貨ペアはUSDJPY,EURCHF,EURJPY 2023年1月11日(水)

【3分で分かる今日のトレード戦略】今日の注目通貨ペア トレード戦略

【読むのは3分、書くのは1時間半、毎朝のルーティンは今日トレで】
今日のトレード戦略の時間です。

ここでは毎朝、前日の通貨強弱、前日の主要通貨ペア変動、投資家センチメント、
USDJPY(ドル円)、US10Y(米国債10年利回り)、US2Y(米国債2年利回り)、
ドルインデックス、前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目通貨ペアNo.1,No.2の分析と
トレード戦略をエリオット波動とチャネルラインを使って、トレーダー目線で考えています。

朝の時点での戦略なので、夕方以降は適さない可能性がありますが
基本的な考え方や分析はブログ記事やタイアップ特典のレポートに書いてあることがベースです。
現在の相場で迷ったときは参考にされてください。

 

今日のサマリー

・EURクロスの上昇期待が徐々に高まっている
・米金利の短期的な上昇が止まるタイミングでドルは下落か

フィリップ証券

【タイアップ特典レポート受け取り手順&条件】

1. 当ブログからフィリップ証券のバナー、リンクから
 口座開設ページへ
2. そのページから口座開設する
3. 口座開設完了後、5万円以上を入金する

フィリップ証券に口座開設する

前日の要人発言

在韓中国大使館
「韓国市民への短期訪問ビザの発行停止」
「韓国が中国に対する差別的な入国規制を解除すれば政策調整へ」

中国外務省
(日本人渡航者へのビザ発給停止報道に関して)
「入国に関する措置は差別的なものであるべきではない」
「関係各国に事実と科学に基づいた措置を求める」

ジェンティローニ欧州委員(経済担当)
「ユーロ圏経済の今年初めの落ち込みは、昨年11月時点の予想ほど深刻でない可能性がある」

シュナーベルECB専務理事
「金利はさらに大きく着実に上昇する必要がある」
「インフレが自律的に後退することはない」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「FRBは現在も今後も気候政策立案者ではない」
「FRBはより広範な気候目標を促進するために金融政策や規制政策のツールを使用すべきではない」
「FRBはインフレと雇用目標の達成に重点を置いている」
「FRBはその責務との明確な結びつきなしに活動を追求すべきではない」
「FRBのツールはうまく機能、我々の責務には何の問題もない」
「金融システムは現在、より実質的に回復力がある」
「FRBは最近の危機でそのツールを革新的に使用した」

世界銀行
「2023年の世界成長率予測を+1.7%へ下方修正。世界的なリセッションを警告」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
「追加利上げが必要になると予想」
「FRBは利上げ後、しばらくの間金利を維持する必要がある」
「労働市場はやや軟化する必要があるだろう」
「しばらくの間、ピーク金利を維持することを支持」
「インフレを下げるため、やるべきことは依然として多くある」
「インフレは高すぎる」

センテノ・ポルトガル中銀総裁
「利上げプロセスの終了に近づいている」
「インフレは3月から再び低下するだろう」
「ユーロ圏の分断化リスクは見られない」

 

前日の通貨強弱

通貨強弱 USD EUR GBP AUD NZD CHF CAD JPY

通貨強弱 2023.1.11 NYクローズ時点

参考元:Currency Strength Chart

最強通貨:EUR  最弱通貨:GBP

欧州時間の変動が大きかったものの、NY時間以降は値動きが落ち着きました。
保ち合いの通貨が多かったもののAUDは下落分の半分まで戻す展開となりました。

 

前日の主要通貨ペア変動

前日通貨変動比データ

前日通貨変動比データ 2023.1.11 NYクローズ時点

 

センチメント

センチメント指数

センチメント指数 2023.1.11 5:00時点

参考データ:DailyFX

EURJPY、AUDJPYのネットショートが67.94%、66.36%になり、上昇が続きやすい状況です。
USDCHFのネットロングは依然として高いままであり、下落継続しやすい状況です。

 

US10Y(米国債10年利回り)/US2Y(米国債2年利回り)

米国債2年、10年利回り

米国債2年、10年利回り 2023.1.11

チャート:Trading View

金利上昇がともに見られ、10年利回りの方が上昇が強く出ました。
ともにまだ戻りの段階であることが予想され、10年利回りはチャネルライン(赤)上限までの
上昇余地があるため、この上昇で再度下落してくる可能性があります。

2年利回りは上昇チャネルライン(黒)上限まで上昇するか、75EMAで上昇を抑えられる形で
下落に転じるかに注目です。

 

ドルインデックス

DXY 45min

DXY 45分足 2023.1.10

チャート:Trading View

小動きでもみ合いに入りつつも、やや上昇気味です。
下降チャネルライン(青)上限を超えるならば75EMAを試したり200EMAを目指す動きが
出てくる可能性がありますが、上昇せずに抜けた場合は、横ばいが続くかもしれません。

下降チャネルライン(青)上限で跳ね返されると戻り売り優勢となることが予想され
半値分の水色ラインを目指すことを考えていくことになります。

 

USDJPY

USDJPY 5日間の値動き比較

USDJPY 5日間の値動き比較 2023.1.4~1.11

データ:フィリップ証券

USDJPY 45min

USDJPY 45分足 2023.1.11

チャート:Trading View

1st. Check Point!

131.306が戻りの下落の底となる安値となるならばチャネルライン(黒)の等倍分を
上に重ねた上限を目指す可能性があります。
そのために下のチャネルライン(黒)上限で跳ね返るかがポイントになります。

もし跳ね返られずに下のチャネルライン(黒)内に戻ると、下落が再開する可能性があり
131.306を抜ける可能性も考えます。その場合は130.73付近を目指すと思われます。

2nd. Check Point!

75EMAと200EMAが横向きで推移してきたので、上下に振られるよな動きが出てくることも
シナリオとして想定しておきたい場面です。

 

前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目ペア No.1 EURCHF

EURCHF 5日間の値動き比較

EURCHF 5日間の値動き比較 2023.1.4~1.11

データ:フィリップ証券

EURCHF daily

EURCHF 日足 2023.1.11

チャート:Trading View

1st. Check Point!

長いもみ合い期間が続いていますが、75EMAでサポートされているような動きで
3回目の跳ね返りの上昇が現在となっています。

下降チャネルライン(青)下限を終値で超えてくれば、チャネルライン内で推移していく可能性が
高まってきそうです。短期上昇チャネルライン(黒)内で推移を続け、上限を目指すかに注目です。

2nd. Check Point!

75EMAと200EMAの位置関係に注目です。
徐々に狭くなってきていることから下降チャネルライン(青)下限を75EMAが超えてくるかが
長期的に重要なポイントです。

 

前日の通貨強弱から選ぶ今日の注目ペア No.2 EURJPY

EURJPY 5日間の値動き比較

EURJPY 5日間の値動き比較 2023.1.4~1.11

データ:フィリップ証券

EURJPY 45min

EURJPY 45分足 2023.1.11

チャート:Trading View

1st. Check Point!

緩やかな上昇チャネルライン(黒)半値分を超えられるかが重要になります。
超えてくると上限の143.53付近を目指す動きが出てくると思われます。

もし超えてきても上昇に勢いがない場合は短期上昇赤ラインを背に下落してくる動きが
出てくることを考えたいです。そして75EMAの下抜け、下降チャネルライン(青)上限を
目指した下落となるかを考えていくことになります。

2nd. Check Point!

200EMAが上向きにしており、75EMAも上向きを継続しているため上昇気配はあります。
あとは価格のモメンタム次第で上昇が強まるか、緩やかな上昇か、戻りの下落が出てくるかを
状況によって判断していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました