2021年5月アクセス数 PV:15,314/UU:5,368|2.3~ リアルタイム更新スタート|Revueで平均5通貨ペアのエリオット波動メルマガを毎日配信!購読者75名

IG証券

マーケットレポート

CPIの好結果を受けてドル円は109.075、ドル円米金利は1.702%へ

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・ドルが最強通貨・資源国通貨、円の弱さが際立つ・金利は主要国で上昇もスイスは大幅下落・日米の株価指数は大幅下落・金や鉄鉱石は下落、原油と天然ガスは上昇
マーケットレポート

アメリカ/欧州株価指数は大幅下落|米金利上昇もドルは下落|スイスフランが最弱通貨|円買い、ポンド買いが強まる

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・スイス最弱通貨、ドルが次に弱い・円買い、ポンド買い強まる・欧州国債は大幅上昇、スイスは38%強、ドイツは24%強・主要国の株価指数は下落・銀、銅、原油、天然ガスは上昇 ・米金利は1.625%付近で推移
マーケットレポート

英国のロックダウンフェーズ3移行の景気回復期待でポンド上昇か|アメリカ株価指数のナスダックは2.63%の下落

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・ポンド最強通貨で1%弱の上昇・スイス以外の金利は上昇、米金利は1.6%回復へ・アメリカ株価指数は下落、ナスダックは-2.63%、S&P500は-1.04%・資源国通貨(豪ドル、NZドル)下落の影響で銅が大幅下落、プラチナも下落
マーケットレポート

今週は米雇用統計でドルが-1.17%の下落|NZは失業率改善で上昇傾向|資源国通貨の上昇が金、銀、銅、プラチナを押し上げる

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・米ドルが最弱通貨、資源国通貨最強通貨・NZ金利のみ上昇・欧米株価上昇もNASDAQは下落・代表的な商品は全て上昇
マーケットレポート

米雇用統計の予想外の低水準で米ドル売り|米金利は一時下落も終値ではプラス

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・米雇用統計の予想外の結果でドル下落・ユーロが最強通貨、スイスフラン、豪ドルと続く・独金利の上昇でユーロ上昇、円金利、英金利は下落・日米欧の株価指数は上昇・銅が3%強の上昇
マーケットレポート

米ドルカナダドルの急落|主要国全ての金利が下落|ダウは連日最高値更新

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・米ドル最弱通貨、カナダドル最強通貨で米ドルカナダドルが強い下落・資源国通貨の上昇で金、銀、銅、プラチナが強い上昇・主要国の金利は全てマイナスへ(円金利が5%強の下落)・主要株価は全て上昇(ダウ平均は最高値更新)
2021.5

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 5月第2週 更新目安 8:00、14:00、19:00、21:30

GBPUSDの動向を定期的にアップデートしていく。チャートはIG証券のIGチャート,ProRealTimeチャートを使用。エリオット波動を用いたテクニカル分析レポート。RevueにてGBPUSD以外の旬な通貨ペアのエリオット波動や通貨強弱の情報を毎日発信しています。
マーケットレポート

NZD失業率がやや低下でNZドルが強まる|米ドル、ユーロ以外は買い強まる|米金利は1.571%まで低下|欧州金利は3%強の上昇

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・NZドルの上昇が目立ち、豪ドル、カナダドルと資源国通貨が強くなった・米ドルは-0.02%とユーロは-0.07%で弱通貨になった・米金利はマイナス、英金利と独金利は3%強のプラス・欧州の株価指数は大幅プラス
マーケットレポート

イエレン米債務長官の発言で金利上昇&ドル買い強まる|英中銀の金融緩和縮小の検討開始か

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・ドル買い強まる・ドルインデックス以外はマイナス・豪ドル、NZドルの弱さが目立つ・豪ドル・NZドルの売りと金銀銅が連動・英金利-0.57%、独金利-16.18%、スイス金利-0.73%・ナスダックは連日のマイナス・欧州株価はマイナス
マーケットレポート

ポンドが東京時間から終始上昇となった|米金利下落、ドルインデックス下落

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。昨日は終始ポンドが強くなった一日。ドルは東京時間(東京休場)は上昇したものの欧州時間以降は金利の下落の影響からかドルインデックスの下落を招きドルが下落していく展開となった。
タイトルとURLをコピーしました