CPI

マーケットレポート

インフレ率上昇でも金利が下がる謎|パウエル議長も頭を悩ます米国債&金利をエリオット波動で分析

インフレ率が上昇すると金利は上昇していくのがセオリー。しかし今は金利が下落していく謎の動き。米国債と米金利をエリオット波動で両面からテクニカル分析して謎を解き明かし、今後の動向を予測していく。
マーケットレポート

CPIの好結果を受けてドル円は109.075、ドル円米金利は1.702%へ

前日の変動率(通貨、通貨インデックス、インデックス、商品先物、国債10年利回り)のグラフと変動率表。・ドルが最強通貨・資源国通貨、円の弱さが際立つ・金利は主要国で上昇もスイスは大幅下落・日米の株価指数は大幅下落・金や鉄鉱石は下落、原油と天然ガスは上昇
タイトルとURLをコピーしました