ディナポリ手法

ディナポリ手法|シングルペネトレーションを解説

シングルペネトレーションはトレンドの判断を明確にしていること。反発ポイントと利食い、損切りポイントを明確にしていることから 誰にでも使いやすい取引方法。
2020.05.30
ディナポリ手法

ディナポリ手法|ダブルレポ/ダブルレポフェイラーを解説

ディナポリ手法の相場の反転/反発を高確率で判断できる方法。ダブルレポ 、ダブルレポフェイラー を解説。
2020.05.30
ディナポリ手法

ディナポリ手法|基本的戦略とD-Levelesを解説

ディナポリ手法の基本的戦略は、遅行指標([DMA][MACD+ストキャスティクス])を使いトレンドを確認し、先行指標のフィボナッチリトレイスメントなどを使い、利食い目標や損切り位置を決める。トレンドの定義として「時間枠のトレンド」を意識すること。[DMA(ずらした移動平均線)]、[MACD+ストキャスティクス]は両方とも遅行指標。この遅行指標を使ってトレンド分析し、フィボナッチ水準を使って押し目や戻りを狙うのが[Dinapoli Levels (ディナポリレベル)= D-Levels]の基本。
2020.05.30
ディナポリ手法

ディナポリ手法|方向性指標(Direction Index:DI)パワーパターンを解説

方向性指標とは、トレンドを位置付けるために必要なエネルギーのことでトレンドと方向性がかみ合っていればそのトレンドへ勢いづくかトレンド継続、どちらかが反対方向に向いていれば反転/反発か反対方向へのトレンドが出てくる、というものです。方向性指標にはフェイラーという大衆の間違いを利用した方法もある。 今回もチャートパターンの基礎と実例を交えて解説していきます。
2020.05.30
FX手法

ギャン理論|ギャンファンとギャングリッドで値動きの到達点を導く方法

生涯利益率4000%という驚くべき成績と資産を残した伝説的トレーダーであり、今も描画ツールに名を残して使われる William Delbert Gann(ウィリアム・ディルバート・ギャン)。ギャン理論とトレンドの発生・終了やおおよその発生時間も予測する他のテクニカル分析にはない具体的なツールを解説。
2020.05.30
FX手法

アンドリューズピッチフォークの正しい引き方|トレンド転換から利益を生み出しやすい4つのポイントを抑えよう

Andrews Pitchfork(アンドリューズピッチフォーク)と呼ばれるアラン.H.アンドリューズ(Dr Alan H. Andrews)博士が生み出した罫線分析を解説。
2020.05.30
FXの基礎

インディケーター類は平均したものでしかない。ゆえに使わなくても全然OK!

インディケーター 類は四本値を一定期間やそれぞれ計算したものを平均化させたものがほとんどである。平均は必ず遅れてやってくるため使い物にならない。ローソク足を使って状況判断していく方がトレードするには最適な理由を解説。
2020.05.30
FXの基礎

資金管理とレバレッジ

1回のトレードで損失を3%に抑える重要性や資金量に合わせたポジション量を決める基準を解説。
2020.05.30
FXの基礎

トレードノートの作り方|ROA(総資産利益率)、純利益で勝率以外の成績を改善していく

効果的で効率的なトレードノートの作り方を紹介し、成績アップに必要不可欠なROA(総資産利益率)と純利益を計算していく方法を解説
2020.05.30
FXの基礎

チャートの時間枠は15分足まで見れば良い3つの理由

トレードするにあたり、どの時間枠まで見れば良いかはFX初心者やFXに再度取り組もうとしている人にとって悩みどころです。チャートの時間枠は15分足までで良いという理由3つを上げる。
2020.05.30
タイトルとURLをコピーしました