JForex3 チャート設定

JForex3チャートの表示画面の説明 〜パターン分析ツール、OHLC情報を表示〜

投稿日:

チャートを見慣れないうちはチャートの形を認識するのに苦労するとおもいます。

自分ではこの形、パターンだと思っていても、他の人から見たら違った形やパターンで
あることはよくあります。またその形やパターンには見えないことも多いです。

そのようなときに使いたいのがライブ口座で提供している「パターン分析ツール」です。
チャートの形から自動でラインを引いてくれて形やパターンを知らせてくれる
とても便利な機能です。

しかし精度が低いことが多いので完璧ではありません。
人間の目や知覚で形やパターンを判断する方が正確性という点では上なので
パターン分析ツールを使っても闇雲に信じないようにし、自分の目で最終確認するようにしましょう。

 

そしてチャート上の情報を知るために使うOHLC情報の表示についても
合わせて説明していきます。OHLC情報ではJForex3になってから便利な機能が追加されたので
使い方をしっかりと学んでいきましょう。

 

パターン分析ツールの使い方

jforex3-patarn1

パターン分析は、赤枠のアイコン「パターン分析ツール」をクリックして使います。

アイコンをクリックすると上図のようにポップアップ画面が表示されて
自分でパターンを選択できるようになっています。

全銘柄」「この通貨ページ」とあり、全銘柄は全銘柄からパターンを分析して
条件に合ったものを表示します。この通貨ページというのは今表示しているチャートの通貨ペアを
元にパターン分析をしていきます。

通常は「この通貨ページ」を使うと良いでしょう。

 

jforex3-patarn2

今回は、「この通貨ページ」から2つのパターンが分析されました。

Dsc Triangle 58%」「Triangle 53%

上図は「Dsc Triangle 58%」です。
数字は精度を表しています。

 

  • jforex3-patternjforex3-pattern1
  • jforex3-pattern2jforex3-pattern3
  • jforex3-pattern4 jforex3-pattern5

パターンの下にある6つの項目ごとに表示が異なっているのがわかります。

精度、銘柄、開始日時、大きさ、期間、長さごとに分かれているので
詳細検索を使って自分が探し出したいものを探していきます。

 

過去のパターン履歴を見る

jforex3-patarn4

手順1 赤枠1を選択します。

手順2 次に赤枠2から過去のパターン履歴を探します。

手順3 見つけたらクリックして選択し、赤枠3の「go」をクリックします。

 

  • jforex3-patarn5 jforex3-patarn6
  • jforex3-patarn7 jforex3-patarn9

6つの項目で詳細検索し、その中の4つを例に表示させたものが上図です。

パターンによって表示されるラインや形が分かりやすいので
参考程度に見ておくと良いでしょう。

 

パターン分析の種類を選択する

jforex3-patarn8

パターン分析で表示される赤枠を右クリックするとオプション画面が表示され
各チャートパターンを選択したり、精度を高めたり、大きさを大きくしたり
高値/安値、終値で認識するかを選択することができます。

精度が高すぎると(90%以上はほとんど表示されない)パターン分析のラインが表示されず
大きさによっても表示されにくくなります。

 

OHLC情報の使い方

jforex3-ohlc

チャート上部の赤枠の「i」アイコンをクリックするとOHLC情報が表示されます。

OHLC情報の初期設定は透明ですが、見づらければOHLC情報上で右クリックすると
上図のようにポップアップが表示されるので赤四角のフォント名、背景を変更します。

枠の色と背景色は同じ色なので、上から2つ目の透過率で「背景を使用しない」を
選択すると枠の色のみが表示されます。(上図ではオレンジ色の枠が表示される)

 

jforex3-ohlc1

OHLC情報の配置方法も選択できます。
上図は「水平」を選択した時のものです。情報量が少ない時は「水平」でもいいですが
後述する情報を追加する時は「自動」に設定して、自分で大きさを変更する方が便利です。

 

jforex3-ohlc2

表示方法には基本9種類あります。

1日の開始時間
プラットフォーム
始値
高値
安値
終値
ボリューム
インデックス
足の残り時間

赤枠の「ボリューム」は、ティックの回数と動きから判断されている指標(正確には不明)。
インデックス」は今の画面に表示されている本数の順番です。
一番左から1本目として計算し、一番右が117本目という意味です。(上図では)
「足の残り時間」は足が確定するまでの時間です。

「足の残り時間」は直近のバージョンアップから追加された機能です。
これは必ず表示しておくようにしましょう。

 

jforex3-ohlc3

インディケータ類の数値も表示されるようになっています。
上図はMAの数値で色に合わせてOHLC情報の色も変わるので見分けやすくなっています。

 

jforex3-ohlc4

一目均衡表とストキャスティクスも両方とも試しに出してみましあ。

表示するインディケータが増えるとOHLC情報も合わせて追加されますが
縦に長くなるので表示させすぎないほうがよさそうです。

 

パターン分析ツール、OHLC情報を表示の操作動画

-JForex3, チャート設定
-, , , ,

Copyright© JForex Master , 2018 AllRights Reserved.