JForex3 チャート設定

JForex3チャートの表示画面の説明 〜通貨ペア、時系列系と非時系列系(1ピップス/P&F(ポイントアンドフィギュア)/1ピップス /Renko 1ピップス(レンコン足/練行足)/ 3 Line Break /kagi 1ピップス(かぎ足)〜

更新日:

いよいよここからがJForex3の肝であるチャートについてです。

デューカスコピー・ジャパンのJForex3を最初に見ると何だか難しそうに見えてしまいますが
二日くらい使い続けていれば個人差はありますが慣れてきます。
今の流行に合わせて直感的にわかるように設計されていますので安心してください。

 

チャート上のアイコン説明

jforex-dukascopyjapan-3

少しゴチャゴチャしてしまいましたが、チャートのアイコンの説明は上図のようになります。

 

jforex3-setsumei

チャート上にあるアイコンで何かわからなければ、アイコンにカーソルを合わせるだけで
上図のように日本語でアイコンの名前が出るようになっています。
わからなくなったら「アイコンにカーソルを合わせる」で解決しましょう!

 

通貨ペアの設定

jforex3-charticon1

赤枠は「通貨ペア」の選択です。

枠内をクリックすると上図のように通貨ペア一覧が表示されます。
こちらで目当ての通貨ペアを探してもいいですし、直接赤枠内に半角英数字で入力しても探すことができます。

 

jforex3-charticon-pair

「usd」を入力するとUSDペアがオレンジで表示されて見つけやすくなります。
使いやすい方で通貨ペアを選択してください。個人的にはこちらの方が探しやすいと感じています。

 

時間軸の設定

jforex3-charticon2

時間軸の設定では以下のものが選べます。
非時系列系(時間ではなく価格ベースの動きを示したチャート)も選ぶことができます。

初期設定では、

ティック
1分
5分
10分
15分
30分
1時間
4時間
1日
1週
1月
1ピップス
P&F(ポイントアンドフィギュア)1ピップス
Renko 1ピップス(レンコン足/練行足)
3 Line Break
kagi 1ピップス(かぎ足)
更に追加

が選択できます。

ここで基本の時間軸(時系列系チャート)以外のチャートを見てみましょう。

非時系列系のチャートでもJForex3はインディケーターは表示可能です。
ここが他社とは違うユニークポイントです。

ティック(非時系列)

jforex3-tick

値動きがあると更新されるチャート。
BidとAskの両方が表示されています。

 

1ピップスチャート(非時系列)

jforex3-1pips

始値から1pip動くと更新されるチャート。

 

P&F(ポイントアンドフィギュア)1ピップス(非時系列)

jforex3-pf

値上がりを「×」、値下がりを「○」で表しています。
これが1つ出来上がるマス目を1枠として、1枠を何pipsにするかで表示されるチャートが
変わっていきます。1枠分を動けば「×」か「○」が記入されます。

 

Renko(レンコン足/練行足) 1ピップス(非時系列)

jforex3-renko

一定の幅を一枠とし、一定の幅が動くたびに一枠を追加していきます。
一定の幅の2倍を動くと反対方向に一枠を追加していきます。

例. 上図の一枠の幅を10pipsにした場合

10pips上昇していくたびに陽線(緑)が追加される
10pips下落していくたびに陰線(赤茶)が追加される

陽線から陰線、または陰線から陽線に転換するには20pips分動かないと
チャートに転換の足は表示されない

レンコン足(練行足)はもみ合いを避けるのに便利であり、トレンドが見やすい利点があります。

 

3 Line Break(非時系列)

jforex3-3linebreak

レンコン足(練行足)とほぼ同じように見えますが、ティックがベースになっています。

3 Line Breakでは、連続で3枠分動けば1つの枠が出来上がります。
3枠分動かなければ枠は追加されません。

赤枠のように3枠分を反対方向に動くと反転とみなされます。

 

kagi(かぎ足) 1ピップス(非時系列)

jforex3-kagiashi

かぎ足は終値をベースとしており「値幅足」とも呼ばれます。ある一定幅を決めておき
相場が上昇(下降)中は高値(安値)更新していれば続けて上(下)に追加していきます。

それぞれの山(トップ)や谷(ボトム)を一定幅反対方向に動いたら陰線、陽線に変化します。

 

更に追加

jforex3-tsuika

実は初期設定で表示されている時間軸や非時系列系チャートの設定以外にも
自分だけのオリジナル時間軸、設定ができます。

時間軸を選択する操作から枠を表示さえ、一番最後までスクロールします。
すると「更に追加」という項目があるのでクリックします。

 

jforex3-kikan1

オプション設定」の画面の「期間」が表示されます。

期間のカスタマイズ」では、チャートに表示させる時系列系チャート、非時系列系チャートの
オリジナル設定が追加できます。

 

jforex3-kikan8

算出設定」では非時系列チャートの算出設定ができます。
これらの項目はほとんどいじらなくて良いので初期設定のままで構いません。

 

時間ベースの期間

jforex3-kikan2

Units」は

ティック
Sec(秒足)
Min(分足)
Hour(時間足)
Day(日足)

Week(週足)
Month(月足)

 

jforex3-kikan3

タイム・フレーム」では

Sec・・・1〜54秒
Min・・・1~48分
Hour・・・1~12時間
Day・・・1~6日
Week・・・1~4週間
Month・・・1~11月

 

jforex3-kikan4

今回は試しに10秒足を表示させたかったので
Unitsに「Sec」、タイムフレームに「10秒」を選択し、
赤矢印の「>>」をクリックすると、右側のリストの赤枠のように10秒足が追加されます。

追加されたら「OK」をクリックしてチャートに反映させます。

もし右側のリストで表示させたくないものがあれば、該当するものをクリックし
<<」をクリックすれば削除できます。

 

価格ベースの期間

jforex3-kikan5

種類」は

レンジ・バー
練行足
ラインブレイク
カギ足
ポイントアンドフィギュア
ティック・バー

 

jforex3-kikan6

数量」は

レンジ・バー・・・1~1000ピップス
練行足・・・1~1000ピップス
ラインブレイク・・・2~10ライン
カギ足・・・1~1000ピップス
ポイントアンドフィギュア・・・1~1000ピップス、転換1~50
ティック・・・2~1000ティック

 

jforex3-kikan7

70ティックチャートを表示させたいので、今度は「価格ベースの期間」を設定します。

種類を「ティック・バー」にし、数量を「70ティック」に選択します。
>>」をクリックして右のリストに70ティックが追加されたのを確認したら
OK」をクリックします。

もし右側のリストで表示させたくないものがあれば、該当するものをクリックし
<<」をクリックすれば削除できます。

 

jforex3-kikan10sec

jforex3-kikan70tick

上が10秒チャート、下が70ティックチャート。

きちんと設定ができていれば時間軸の設定部分に「10秒」「70ティック」があるので
選択すればそれぞれ表示できます。

今回は秒足チャートとティックチャートのオリジナル設定でしたが
Renko(レンコン足/練行足)、カギ足、ポイントアンドフィギュアも同じやり方で
オリジナルの設定でできるのでもし使ってみたい場合はそれぞれ設定してみてください。

通貨ペアと時系列系・非時系列チャートの操作動画

 

 

次回はチャートの値動きの表示変更などについてです。

-JForex3, チャート設定
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© JForex Master , 2018 AllRights Reserved.