主婦/主夫こそFXでお金を稼ぐべき理由(コロナ不況に負けない)

FXスタイルの確立 FXの基礎

自宅で12年以上仕事をしていると、
在宅で仕事をすることの快適さから抜け出せなくなります。

電車の遅延がないし、満員電車にも乗らずに済み
自分の時間で仕事をプライベートを管理できます。

大雨が降っても、台風が来ても、雪の日でも
コロナウイルスでも何も影響がありません。

たまに外で遊んだり打ち合わせをしますが、
もともと家に引きこもるのが好きなので一日中家にいても大丈夫です。

人によっては人と会っていないとダメだとか、外で仕事をしたいとか
その人の性格もありますが、僕のような人は基本的に家で仕事をしたほうがいいと思います。

主婦/主夫こそFXを始めてほしい

主婦/主夫こそFXを始めて欲しい

主婦/主夫、特に小さい子供がいるご家庭では、
子供の成長を間近で見られ、成長していく過程を見逃したくない世帯は
FXを今のうちから勉強しておくといいと思います。

外に仕事をするにしても子供を預ける保育園の空きの問題という
不可抗力で、自分ではコントロールできない難問が出て来ます。
保育料もかかりますし、保育園で使うタオルなや備品など、さらにかかります。
さらに手作りしないといけないものまで出てきます。(主に運動会など)

そして送り迎えもしなくてはいけないので、自宅の近くならいいですが
仕事場から乗り換えてまで送り迎えしないといけない場合は、かなり大変です。

そういったコストとストレスの面からもそうですし、
子供の機嫌やかまって度合いによっては集中できないかもしれませんが
それでも数年の辛抱です。

小学校に上がれば、給食費を始め積立金など予想以上におかげがかかります。
私立であればさらにお金がかかるので、相方がかなり稼ぐ人でない限りは
すぐに共働きの選択になります。

そこで投資商品の中でもFXを始めて欲しいのです。

FXスタイルの確立

FXスタイルの確立

手がかかる0〜4歳くらいまでは勉強期間に当てます。

5歳以降は幼稚園、小学校とどんどん子供にかかる時間が減っていくので、
その間に自分の投資スタイルを作り、利益を積み重ねられるようにしていき、
小学高学年くらいからはFXが生活リズムの一つになり、経済的余裕のある状態を
目指していくのはどうでしょうか?

その間に一人以上子供が欲しいなら、その生活を最初にイメージしておき
自分でFXスタイルを作り上げていきます。

年金受給額も少なくなり、もらえなくなる可能性も高いので、
今から少しでも貯蓄意識/行動を投資意識/行動に振り分けていくと
無駄に大損して離婚原因や家庭内不興に陥らないはずです。

また、今のようにコロナで自宅でテレワークしている方も多いでしょうが、
全員がそうではありません。

FXを外での仕事のように考える機会を、このコロナの影響で社会が自粛ムードに入っている中で考え、
今の不要不急の外出を控える時こそ収入源についてを時間をとってみてください。

コロナ不況で負けず、コロナ不況に勝てるように頑張っていきましょう!

関連記事:FXの始め方。FX会社選びのコツとポイントや手順を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました