タイアップしていただけるFX会社を募集しています!|2021年8月アクセス数 PV:11,742/UU:4,224|2.3~ エリオット波動リアルタイム更新スタート

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 8月第2週 更新目安 8:00、19:00、21:30

GBPUSDエリオット波動アイキャッチ 2021.8

使用しているチャートはIG証券

8月13日(金)
  • 7:41
    戻りを終えて下落していくか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    安値を更新したことでまだ下落が続いており黒((c))は確定していな買った。
    ピンク2と4が同じような動きをしていることから、3波構成のエンディングダイアゴナルに
    なっている可能性がある。

    今の動きはピンク4からの3波目の動きであり、その動きの副次波4をつけに行っている段階。
    最後の下落を持って下落が終了するかに注目したい1日である。

  • 18:46
    下落がまだ続き1.37800付近を目指すかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    下落の流れはまだ続いており、昨日の安値を更新したことでもう一段下の動きが
    続くかに注目したい。この下落を持ってピンク5が確定するかにも注目。

    下落せずに1.38170を超えてくる上昇となった場合もピンク5が確定するかに注目したい。

  • 21:16
    反発上昇が副次波4と考えられるシナリオも用意

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    反発上昇してきたが、カウントの考え方次第ではピンク5に繋がる副次波4が考えられる。
    副次波2がジグザグであるためフラットかペナントがこの場合考えられる。

    その最初の上昇A波は5波動であり、今は3波動目を形成中と思われる。
    一旦戻ってから1.38360付近を目指すかに注目。
    なおすでに1.37907-1.38784の38.2%戻しを達成しており、これがどう影響するのかにも注目。

8月12日(木)
  • 7:40
    欧州時間前に青(Ⅱ)副次波1を完成させるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    昨夜の動きで黒((c))を確定したと思われる。
    今は青(Ⅱ)であると思われ、その副次波1のさらに小さな副次波4の動きとなっている。
    小さな副次波5へ移行する下落で副次波1を完成すると考えている。
    欧州時間前に完成させるかに注目したい。

  • 18:37
    今日の安値を更新してくるかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    黒((Ⅱ))へ向かう副次波Bは拡大フラット気味になっている可能性がある。
    このまま今日の安値を抜けてくると1.38400-500付近を試しにくることを考えたい。

  • 21:10
    青(Ⅱ)確定まち

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青(Ⅱ)が確定するタイミング待ち。ポイント的には今の安値からの長い下ヒゲで
    確定するかどうかを確認していきたい。

    なお、今の時点では青(Ⅰ)の高値を更新してくると1.39300付近を目指した動きが予想される。

8月11日(水)
  • 7:49
    副次波4へ移行しているかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    下落が続き、カウントの微調整をした。
    斜めに長く動いている状況であるため、カウントを見極めることが難しくなっている。
    こういう場合は、3波動、5波動になるかと考えずに
    最低限の3波動でトレードを切り上げることを考えたい。

    深夜の動きでようやくピンク3をつけてきたならば、4波のフラットかペナントを考えたい。

  • 18:52
    もう一段下の下落があるかどうか模索

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青チャネル下限を抜けて下落してきている。
    もう一段下の下落があってから、ようやく反発してくる可能性が出てきそうだ。

    もし一段下の下落がない場合は下落が終了したとみなし黒文字((c))となる可能性を考えたい。

  • 21:09
    1.38429がキーポイント

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    1.38429を越えなければもう一段下のピンク4からの副次波5をつけにいく可能性がある。
    1.38429を越えてくれば下落は終了した可能性を考え、黒((c))が確定したと考えることになる。

    まだ下落が続き、今日の安値を更新してくるならば1.37800-900をターゲットにした
    下落の動きが予想される。

8月10日(火)
  • 7:53
    もみ合い後の下落でピンク3を完成か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    まだピンク3の副次波をつけていないと思われ、次の上昇でもみ合い(下位足ではレンジ)を完成させ
    下落して安値を更新してからピンク3をつけてくると予想される。
    不規則な動きになっておりカウントが取りづらい時間も関係するパターンであるため
    値動きをしっかりと見極めていく難易度の高い状況であると考えておきたい。

  • 18:44
    もう一段上があって一度上昇を止めるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    ピンク1の安値付近で上昇を抑えられている。これがピンク4の副次波Aとなるかに注目。
    しかし今の動きでこの副次波Aの3波目を終えた段階とも見ることができるため、
    もう1段階上の上昇があることも想定しておきたい。そのポイントは1.38750-800付近か。

  • 21:12
    上昇していく動きも想定しておきたい

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    1.38398付近で下落が抑えられていることから、すでに黒((c))を完成させた可能性も
    考えておくようにしたい。その場合はピンク4の高値を更新することになり
    1.39100-200付近まで上昇してくる可能性を考えておきたい。

    もちろん、まだ下落していく可能性も考えて、どちらにも対応できるように準備しておくこと。

8月9日(月)
  • 7:43
    もう一段下落か、副次波3の完成か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    先週末の雇用統計後は下落が続ている。まだ反発したとは言えないため
    もう一段下落してから反発上昇となり、副次波3を形成するかに注目したい。
    下落ターゲットは1.38400付近と考えられる。

  • 18:50
    副次波5への移行タイミング

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    ピンク副次波4はフラットパターンであり、拡大フラット気味になっている。
    その最後の動きをこなしてきていることから、下落に転じるタイミングを図ることになりそうだ。
    もう少し上昇してからか、もう上昇を終えて下落の下準備に入ったかを見極めて、
    最後の下落に備えておきたい。

  • 21:20
    フラットかペナント両方の動きを考えておく

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    上下に触れる展開となっているが、フラット型であるため、まだ最後の上昇は続いている。
    今はその最後の展開に近づいており、フラットとペナント両方考えられる。
    今の動きは3波動はほぼ確実なので、今日の高値付近までのもみ合いとなるかに注目。
    その後下落となってから、フラット型であれば再度上昇していく動きで高値更新を予想。

    別パターンとして、今日の動きがY波の副次波3波構成が続く動きであれば
    もう一度下落が強まり安値更新してくる可能性を考えたい。
    その後、強い上昇となりY波を構成する副次波E波を作って最終的な下落となると考えられる。
    このパターンも考えておきたい。

エリオット波動極の書 再販

エリオット波動スキルシェアルーム

運営者&執筆者

年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

現在、テクニカルアナリストの資格&Python勉強中

AKIRAをフォローする
2021.8テクニカル分析
スポンサーリンク
AKIRAをフォローする
AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました