タイアップしていただけるFX会社を募集しています!|2021年8月アクセス数 PV:11,742/UU:4,224|2.3~ エリオット波動リアルタイム更新スタート

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 7月第5週 更新目安 8:00、19:00、21:30

GBPUSDエリオット波動アイキャッチ 2021.7

使用しているチャートはIG証券

7月30日(金)
  • 7:42
    上昇推進波が終わったかを確認

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    昨夜の動きまでで上昇が終わったかを確認していくことになりそうだ。

    もし終わったならば昨日の高値を更新することはなく、
    今朝の動きで作った安値を抜けていくことになる。この下落が修正波Aの1波となるかに注目したい。

  • 18:59
    高値更新をさらに続けていくか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青文字(Ⅳ)以降の副次波をIGチャートに搭載されているエリオット波動のカウントを使って
    大きな副次波を緑、緑の副次波4の副次波を赤で示した。

    副次波(赤)の2-4ラインでチャネルラインを引いた上限が5のターゲット候補になる可能性。
    そのポイントは現在1.40050付近にある。

    今の動きは副次波(赤)のさらに副次波にあたる3波目を形成中と思われる。
    もしくは4波目に移行中である可能性を考えておきたい。

  • 21:05
    最後の上昇へ向かうか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    副次波(赤)のさらに副次波にあたる3波目を形成し、4波目に移行している。
    ここから1.39800を超えてくる動きが出てくるかに注目したい。

    もし超えてくるようであれば、最後の上昇。21日から続いた上昇のクライマックスであると考えている。

7月29日(木)
  • 7:40
    上昇が続く可能性大

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    変則的な動きでFOMC時にようやく青文字(Ⅳ)の副次波4のさらに小さな副次波4をつけた。
    この動きで高値を更新し、今は小さな副次波4のさらに小さな副次波4を形成中である。
    しばらくもみ合いを続けた後に最後の上昇が出てくると思われる。

    青文字(Ⅳ)の副次波4のさらに小さな副次波4をつけるまでに時間をかけているため
    この上昇は比較的早い可能性があることに注意したい。
    ターゲットは1.39300付近考えている。

  • 18:39
    最後の上昇が出てくるか?

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    赤点線ラインを明確に下抜けない限りは上昇が続く可能性を考えたい。
    しかし今の上昇は最終局面であり、次の上昇を持って上昇が終わる可能性がある。
    このまま上昇を続けると1.39860-1.40000付近がターゲットになってくる。

  • 21:03
    赤点線を抜けるまでは上目線継続

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    先ほどよりやや上昇に傾いている。
    今日の高値を更新してくれば、1.39860-1.40000付近をターゲットにしてきそうだ。
    引き続き赤点線を明確に抜けるまでは上目線継続で考えていきたい。

    ただ、今の動きで副次波の副次波3を終えた段階でもみ合いに入るならば
    副次波の副次波4を形成中であり、赤点線は修正されるかもしれない。
    その場合は1.39450付近での攻防に注目していくこととなる。

7月28日(水)
  • 7:45
    黒文字((Ⅰ))を形成し修正波に移るか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青文字(Ⅳ)からの副次波2がフラットパターンであったことから、副次波4はジグザグとなった。
    そのため深夜にかけて強い副次波5の上昇となり、副次波1-3の高値を結んだラインまで
    上昇を進めた。これで上昇が一服となるかに注目したい。もしそうであれば黒文字((Ⅰ))となる。

    副次波2-4の安値を結んだ青点線ラインを抜けていることから、
    ここから修正A波の副次波1を形成し、2を形成するかに注目だ。

  • 18:42
    今日の高値を更新できるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    朝の更新コメントはカウントミスで、最後の上昇が出てくる可能性が高い。
    このまま上昇してくることで1.38100-200付近を目指し、これを持って青文字(Ⅴ)となり
    黒文字((Ⅰ))となるかに注目したい。

    まずは今日の高値を更新してくるかが重要なポイントになる。

  • 21:09
    こう着状態が続く

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    大きな変化はないが1.38650付近にはサポートされるものがあり反発しやすい状況。
    1.38940付近を超えるまではレンジのような動きを想定し、どちらに抜けてくるかに注目したい。

    上に抜ければ1.39100-200付近がターゲット候補、下に抜ければ1.38100付近が候補になると予想する。

7月27日(火)
  • 7:39
    もみ合い後に上昇か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青文字(Ⅳ)以降はもみ合い期間が長めだったことから上昇は早いスピードとなった。
    今朝までの上昇で青文字(Ⅳ)以降の副次波3を完成させたことから、
    今は副次波4のフラット、またはペナントを作る動きとなっていると考えている。
    しばらくもみ合い傾向になった後(上昇→下落の後)1.38630を上回る上昇になるか注目したい。

  • 18:41
    ペナントの可能性を考える

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    副次波3を形成後は副次波4を形成する動きとなっている。
    今の時点で3波動で下落し、これが副次波4を形成するa波となるかに注目したい。
    3波動であればこのあとはペナントになる傾向が高いため値幅が徐々に収縮していくことを念頭に
    値動きを見て考えていくことになりそうだ。

    今日の安値を更新していくならばフラットパターンを考えることになる。(追記)

  • 21:08
    動きのパターンを複数意識しておくこと

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    反発してきたことで高値から今日の安値が3波構成の可能性が高まった。
    ペナントパターン(P波)を意識しつつも、フラット型やジグザグの可能性を考えて
    柔軟に対応していくことになりそうだ。

    さらに今日の安値を抜けて5波構成になることも今はまだ考えておきたい。
    なお、今日の安値からの今の上昇は副次波で3波目であることを付け加えておく。

7月26日(月)
  • 7:43
    高値を更新していく上昇が出てくるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青文字(Ⅱ)をフラットパターンと考えるならば青文字(Ⅳ)はジグザグと判断でき
    このまま最後の青文字(Ⅴ)の上昇が予想される。
    その場合は赤枠ゾーンを意識した1.38000付近がターゲットとして考えられる。

    もしそうでなければ青文字(Ⅲ)高値付近で上昇を抑えられてくることが予想される。

  • 18:50
    赤枠ゾーンを超えての上昇となる可能性大

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    赤枠ゾーンに到達してきた。
    今の動きで青文字(Ⅳ)以降は3波目であり、その副次波の3波目であることから上昇しやすい状況。
    この後副次波4と5が控え、その上の4波、5波目があることから
    最終ターゲットは1.38031を超える可能性が高い。その上では1.38129、1.38289、1.38400が
    ターゲット候補になってくることがエリオット波動の5波目のセオリーだ。

  • 21:16
    もみ合い後に上昇するか注目

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    もみ合いに入っているが上昇傾向が変わらないことを考えたい。
    1つ前に更新した内容の青文字(Ⅳ)からカウントした副次波3を形成中であり、
    さらにその動きの小さな副次波で4波目を形成中と思われる。この後完成させれば5波目の上昇となり、
    それでようやく副次波3を形成することになりそうだ。
    (副次波3の後の副次波4はフラットかペナントになる可能性がある)

エリオット波動極の書 再販

エリオット波動スキルシェアルーム

運営者&執筆者

年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

現在、テクニカルアナリストの資格&Python勉強中

AKIRAをフォローする
2021.7テクニカル分析
スポンサーリンク
AKIRAをフォローする
AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました