【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 7月第4週 更新目安 8:00、19:00、21:30

GBPUSDエリオット波動アイキャッチ 2021.7

使用しているチャートはIG証券

7月23日(金)
  • 7:47
    下落が続きジグザグ波動となるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    赤枠ゾーンまで下落後に反発が起き、上昇してきたことで図には示していませんが
    青文字(a)が確定したと思われます。今は下落してきていますが、この動きで青文字(b)を
    つけたかが欧州時間までの注目ポイントになりそうです。

    もしこのまま下落していくならば赤枠ゾーンを抜けて1.37170-200付近を目指してくると思われます。

  • 18:44
    反発していくタイミング待ちか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    下落が強まり青文字(Ⅳ)をジグザグでつけてきたかに注目したい。
    まだ下落してくるリスクがあることから十分に気をつけながら、
    反発上昇のタイミングを狙う戦略が良さそうだと考えている。

  • 21:06
    上昇していく動きになるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    長い下ヒゲで実体が短い下十字であるため反発基調に入るかに注目したい。
    そのまま上昇してくれば最後の青文字(Ⅴ)の動きを作るベースとなるかがポイントになる。
    直近最高値を超えてくるならば上の赤枠ゾーンを目指すことが考えられる。

7月22日(木)
  • 7:43
    上昇継続か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    強い上昇となったことでトレンド転換と青文字(Ⅲ)への動きとなっています。
    まだ上昇途中であると思われ、赤枠ゾーンまで上昇してくるかに注目です。
    1.37600付近には欧州+NY時間のチャートで見た場合、窓を空けている状態であることから
    この窓を埋めるような動きが欧州時間以降(今日か明日)に出てくるかに注目です。
    これをもって最初の黒文字((Ⅰ))を完成させると考えています。

  • 18:33
    青文字(Ⅳ)の形成へ向かうか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    少し前の黒文字のカウントを修正しました。
    ここまでの動きで青文字(Ⅲ)を形成したと思われ、青文字(Ⅳ)を形成するための動きが
    フラットかペナントになるかを見極めていく段階に入っていそうです。
    1.36900付近が下値の目安になると考えていますが、それ以上の下落になる可能性もありそうです。

    もしまだ上昇するならば1.37650-720付近が目安になりそうです。

  • 21:09
    上昇一服となるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    東京時間を除いた欧州+NY時間のチャートで考えた時の窓を埋めてきたので
    これをもって青文字(Ⅲ)を確定させたかに注目です。

    これよりさらに上昇してくるならば1.38000付近の赤枠ゾーンを目指すと思われ、
    下落していくならば青文字(Ⅱ)からのFIB38.2%戻しの1.37050付近を目指すかに注目です。

7月21日(水)
  • 7:40
    最後の下落リスクを考えること

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    深夜にかけて反発してきたが、まだ最後の下落の可能性があると思われる。
    エリオット波動の理論で考えると1.35327付近までなら下落余地があるため
    今の反発上昇が下げ止まるかどうかに今日は注目していくことになるだろう。

  • 18:46
    上昇のベースを作る展開となるか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青文字(Ⅱ)(Ⅳ)ラインを抜けたことで上昇してくる可能性が出ている。
    これが上昇推進波につながる1波と2波であり、3波となってくると強い上昇が予想される。
    直近の目安は青文字(Ⅳ)1.36892付近の高値であり、それを超えてトレンド転換を明確にしてくるかが
    上昇のポイントになってくると考えている。

  • 21:24
    下落していくパターンも想定

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    まだ最後の下落が終わっていないような雰囲気もあり、難しい展開。
    このままペナントとなって下落してくるパターンも想定しておきたい。
    安値を更新してくるならば1.35500付近を目指しそうだ。

7月20日(火)
  • 7:46
    下落が終わった可能性の模索

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    1.36657を下回ったことでフラットパターンであるならば完成させたことになる。
    今日から上昇していく動きを作ってくるならば、日足レベルで最後の5波目の上昇を
    作っていくことになるだろう。

    まずは安値を更新せずにダブルボトムを作る動きに注目したい。

  • 18:47
    難しい状況

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    このまま上昇していくのか、もう1段階下への動きを見せるかの判断が難しい。
    もし下落していくならば1.36000-200付近を目指していくと思われる。

    上昇していくことが確定するのは青文字(Ⅳ)を超えてくる段階になったとき。
    それまでは下目線で考えていきたい。

  • 21:12
    エンディングダイアゴナルの可能性

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    まだ下落が続いている最中であり、青文字(Ⅱ)(Ⅳ)ラインを超えてくるまでは難しい展開になりそうだ。

    青文字(Ⅳ)以降の副次波がエンディングダイアゴナルの可能性が出ており、
    次の3波動の上昇が起きた後に再度3波動の下落で終えてくるかに注目したい。

7月19日(月)
  • 7:51
    カウントの修正/下落波動のベース形成か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    今朝の動きで赤文字Bからの黒文字((Ⅱ))を抜けたことで、このカウントが信頼性が高そうだ。
    すでに最初の黒文字((Ⅰ))を作る最終段階に入っていると見られ、副次波青文字(Ⅴ)を形成中。
    その副次波赤文字Ⅲを形成し終えた方がポイントになる。
    形成し終えたのならば赤文字Ⅳが発生し、赤文字Ⅰ近くにある赤枠ゾーンが意識される形で
    下落してくるものと考えている。

  • 18:41
    1.37111を超えない限りは下への動きを試すか

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    朝からの下落が続いており、まだ下落してくる可能性がありそうだ。
    1.36657はこのフラットパターンの最安値であるため、この価格付近を目指すならば
    基本的なフラットパターンとなり、今の水準で反発上昇を始めるならランニングフラットパターンである。

    赤枠ゾーンが再度上昇を抑える役目を担うかに注目したいが
    1.37311付近を超えてくると安値更新を伴う下落は起きにくいと思われ、
    上昇していくベース作りへと以降してくると思われる。

  • 21:05
    下落の最終局面へ

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    赤枠ゾーンまで上昇後に一気に落とし、その流れで下落の最終局面に入ったと思われる。
    日足レベルのレンジ下限1.36657まで下落するのか、1.36800-900付近で止まるかに注目。

松井証券FX     CFD
運営者&執筆者

年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

2021年11月よりFXなびや株たすなどを運営するグリーンモンスター株式会社勤務

AKIRAをフォローする
2021.7テクニカル分析
スポンサーリンク
AKIRAをフォローする
AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました