タイアップしていただけるFX会社を募集しています!

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 4月第3週 更新目安 8:00、14:00、19:00、21:30

GBPUSDeye 2021.4

使用しているチャートはマネックス証券

 

メジャー通貨ペアのエリオット波動分析メルマガ配信開始!(1回/日)※GBPUSDのリアルタイム配信は通常通りブログで更新です。
(RevueとはTwitterが買収したニュースレターを配信するサービスです)

↓登録はこちら↓

4月16日(金)
  • 7:52
    もみ合いからの放たれに注目の日か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    昨日は終始もみ合いとなって方向感が出なかった。1.38000付近の赤枠ゾーンで上昇を昨日は2回止められたことが
    上昇を抑えるような強い動きとなっている可能性がありそうだ。
    また直近最高値〜最安値でフィボナッチリトレースメントを引くと、FIB50%付近が強く意識される日でもあった。
    これが影響して下落を強めるような動きになるか注目したい。

    75EMAが200EMAを越えようとしているタイミングでもあるが、超えても下落するリスクがあることは考えておきたい。

  • 14:27
    戻りが浅ければ下落継続しやすい状況へ

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    赤枠ゾーンを下に抜けて戻してきた。このゾーンを超えきれずに再度下落してくると黒ラインを目指した動きや
    抜けてくる動きが出てくると思われる。黒ラインを抜けると1.37270付近の以前意識されていたポイントが視野に入ってくると予想する。

  • 18:50
    FIB61.8%付近で上昇が止まるかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    200EMAの下に25EMAが出てきたことで平均値が少し下がっている。
    このまま75EMAより下にいくように下落が進めばさらに平均値が下がり下落しやすい状況になってくると思われる。

    昼に意識された赤枠ゾーンに再度到達し、反発サインも確認されたことで青文字(a)が確定。
    この記事を書いている段階で4時間足で反発サインが確定したので、上昇が続くのか、切り返して下落する動きを作るのかを
    これからは考えていくことになりそうだ。

  • 21:20
    上昇が続く可能性が出てきた

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    今日の安値から急騰してきたことでまだ上昇が続くことが確認された。
    75EMAも200EMAを越えようとしていることから上昇が強まっており、1.37700-800付近まで戻してから
    再度上昇していく動きが出てくるのに注目。

4月15日(木)
  • 7:46
    今日の始値が重要な分岐点となるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    昨夜は再度高値を目指してきたが高値を更新できない状態となっている。
    1時間足では3波構成となっており赤文字Cを確定しているが、4時間足ではまだ戻りの上昇を反転させるには至っていない。
    25EMAが200EMAを超えていることから少しずつ平均値が上がっていることから
    今朝推移している赤枠ゾーンでサポートされるかどうかがポイントになってきそうだ。

  • 14:25
    水色ゾーンが重要になるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    カウントを微修正した(場所は変えていない)。水色ゾーンが重要ゾーンであり、その上下で均等に値幅が出ている。
    このゾーンで頭を抑えられると黄緑ラインをまずは目指し、さらに下落が進むようであれば
    青文字(v)-赤文字cの黒ラインを目指した下落になりそうだ。
    まだ反転したわけではないので、黒文字((a))?を抜けると反転確定&黒文字((b))が確定する。

  • 18:58
    上昇続くか?

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    昨日の高値を超えて上昇してきた。今は赤枠ゾーンで上昇を抑えられているが、この後超えてくるような動きを見せるのか
    一度下を目指してくるかに注目することになる。
    上昇してきた場合、赤チャネルラインの上限で上昇を抑えられるようであれば下落しやすい雰囲気となりやすく
    超えてくるようであればもう1段上の赤枠ゾーンが意識されそうだ。

  • 21:26
    高値を更新する動きが出るか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    下落しても赤枠ゾーンでサポートされてきている状況から、赤文字cを作るような上昇が出てくるかに注目したい。
    それは必然的に高値を更新してくる動きということになり、安値を切り上げている状況から上昇トレンドができていることになる。
    青文字(a)-(c)を結んだ黒ラインを目指す、少し超えてくるような動きとなるかが今夜のポイント。

4月14日(水)
  • 7:50
    上昇が続くかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    1.36940まで下落した後は大きな反発上昇がおき、その流れが続くかに注目だ。
    黄緑ラインを超えてくれば上昇が強まると思われ、同時に25EMAが75EMAを超えてくることになるのは確実なため
    平均値が上がることになる。この勢いで200EMAと黄緑ラインを超えられるかが今日のポイントだろう。
    もし下落するならば再度1.37200付近にある赤枠ゾーンを試す展開になると予想する。

  • 14:09
    上昇傾向が強まるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    25EMAが75EMAを超えてきたことから平均値が上がった。黄緑ラインも超えたことから上昇基調が続きやすい状況となった。
    赤文字Aの高値を更新したことから、このまま紫チャネルライン上限を目指してくるかに注目だ。
    もし戻りが入るならば黄緑ラインで反発するかに注目したい。

  • 18:22
    上昇一服か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    N波動を完成させたことで上昇一服となるかに注目。まだ上昇が続くならば1.38300付近を目指していく動きになりそうだ。
    上昇が続かない場合は調整波動ができることを確認しながら次の動きを模索していくことになろう。
    まずは黄緑ラインまで下落するのか、または今日の高値を更新していくのかを注視していきたい。

  • 21:33
    戻りの上昇の強さに注目(下落リスクは引き続き警戒)

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    1.38000付近のレジスタンスゾーンから押し戻されて黄緑ラインを抜けるまで下落。
    25EMAが黄緑ラインを超えることができていないことから、上昇しづらくなっている可能性がありそうだ。
    この後上昇してきて25EMAが黄緑ラインを超えてくれば1.38000付近の高値を試す機会が出てくるかもしれない。
    しかしその手前にある1.37700-800の赤枠ゾーンを超える必要があるため、ここで上昇を抑えられるようであれば
    下落スピードは早いかもしれないことに注意したい。

4月13日(火)
  • 7:48
    押し目か下落継続か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    200EMA付近にあるレジスタンスゾーンで上昇を抑えられた。
    戻された動きは1つ下の赤枠ゾーン付近まで下落し、今朝のスタート時はそこから上昇してきている。
    この動きが押し目となるかに注目していくことになるが、青ラインを超えるまでは上昇しづらいと思われる。
    超えてくるならば再度上昇していき、25EMAが75EMAを上に超えて平均値が上がってくるかを見ていくことになりそうだ。
    これは早ければ欧州時間の可能性がある。

  • 14:05
    短期的な戻りとなるか?

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    青チャネルラインで戻りが動いていると仮定するならば、直近下の赤枠ゾーンを抜けてくる可能性がある。
    以前サポートされた赤ラインを再度試す動きとなりやすく、ここで反発できれば強めの上昇が期待できそうだ。
    しかしサポートされずに抜けてくる一段下の赤枠ゾーンである前回の昨日の安値を意識した展開になると思われる。

  • 18:43
    赤Aを超える上昇となるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    前回更新の青ダウンチャネルラインの上限を超えて上昇してきた。
    黒文字((b))を超えたことで黒文字((c))が確定し、赤文字Bとなった可能性が出てきた。
    赤文字Aを超えてくることで赤文字Bが確定することになる。このAはレジスタンスゾーンの赤枠であることから
    これを超えてくると強い上昇が出てくる可能性がある。その場合には新たに引いた三角ぎみの青ライン上限を
    意識した動きになるか注目。また、下限でサポートされてくるかにも注目していきたい。

  • 21:11
    反発してくるか、下落継続か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    青チャネルラインは赤文字4-Aを結んだライン。この下限(赤文字5から)で下落が止まり、赤枠ゾーンで反発するかに注目。
    その後に黄緑ラインの高値切り下げラインを超えてくれば青チャネル上限を目指してきそうだ。
    もし下落が続くならば赤文字5の安値の昨日の安値をターゲットか。

    ※先ほどの画像のポジションは損切りでした。

4月12日(月)
  • 7:53
    動向の見極め

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    窓あけスタートだったが、すぐに埋めてきた。赤ラインは以前サポートされたトレンドラインであることから
    ここを超えられるかそうでないかで展開が変わってきやすいポイントだ。
    もし上に超えて戻りの下落がサポートされるのであれば、上昇しやすい雰囲気に変わってくるだろう。
    しかし上に超えられずに、または超えてきてもすぐに戻される場合は下落してくる可能性が高まっていそうだ。
    週末に突破した黒ラインでサポートされるかも下落時には注目したい。

  • 14:22
    反発すれば上昇の戻り発生か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    下落が強まり安値を更新してきている。この下落で赤文字X-Bの黒ラインに到達したが
    ここから反発してくるような動きが出てくるかに注目したい。
    反発して赤文字A-黒文字((b))の黒ラインを超えてくるようであれば上昇してくる可能性が高まってきそうだ。
    さらに下落が続く場合は1.36300付近が予想される。

  • 18:50
    下げてくる動きが出てくるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    直近安値の赤枠から強い上昇となった。(個人的には乗れず。。)
    黒文字((b))-赤文字Bのラインを超えたこと、赤文字4を超えてトレンド転換したことから押し目を作ったら
    上昇してくる可能性が出てきた。この後下落してきた場合にどこで下げ止まるかを見ていくことになろう。
    赤文字1の安値のゾーンで下落が止まれば上昇が強そうなイメージになりそうだ。
    次はFIB50%付近であり、その下になると1.36900-1.37000付近の赤枠ゾーンがポイントになると思われる。

  • 21:20
    上昇一服待ち

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    前回更新より高値を更新してきた。フィボナッチリトレースメントも修正した。
    すると意識されている赤枠ゾーンがFIB50%、61.8%、76.4%付近と一致している。
    また、赤文字4の高値のサポートライン候補はFIB23.6%付近と一致。
    この辺りの付近と黒文字((b))-赤文字Bの黒ラインが接するところまで下落してきたら
    その部分に注目していきたい。

松井証券FX     CFD
運営者&執筆者

年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

現在、テクニカルアナリストの資格&Python勉強中

AKIRAをフォローする
2021.4テクニカル分析
スポンサーリンク
AKIRAをフォローする
AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました