2021年3月アクセス数 PV:19,350/UU:5,194|2.3~ リアルタイム更新スタート|Revueで平均5通貨ペアのエリオット波動メルマガを毎日配信中!

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 3月第5週/4月第1週 更新目安 8:00、14:00、19:00、21:30

GBPUSDeye 2021.3

使用しているチャートはIG証券、マネックス証券(FX PLUS)

 

メジャー通貨ペアのエリオット波動分析メルマガ配信開始!(1回/日)※GBPUSDのリアルタイム配信は通常通りブログで更新です。
(RevueとはTwitterが買収したニュースレターを配信するサービスです)

↓登録はこちら↓

4月2日(金)
  • 7:57
    青文字(A)を目指してくるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    上昇が強まり青文字(A)の高値付近を目指してきている。25EMAが200EMAを超えてきたことから、
    少しずつ平均値が上がってきており、75EMAも超えてくると平均値がさらに高まってくる。

    今日は主要国がイースター前の休暇で休場になることから小動きになることが予想されるが、米雇用統計は発表されるため注意したい。

  • 14:44
    上昇一服か継続か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    青文字(B)以降の赤文字A,Bで引いたエクスパンション100%に到達(N波動)
    こおからさらに上昇できるかに注目だが、斜めに上昇を繰り返していることから下落するリスクも高まっていそうだ。
    上昇するにしても下落して赤文字Aあたりでサポートされるような動きとなるかもしれない。

  • 18:36
    反転の下落が続くか、さらに上を目指すか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    反転してきたことで赤文字Cが確定した。これが青文字(C)となるかはまだわからない。
    もしわかるとすれば赤文字Bの安値1.37455を抜けてきた段階で確定する。もしこのまま上昇するならば赤文字(W)(X)と続くことになろう。
    21時30分からはアメリカ雇用統計があることから、動きがどうなるかは予想しづらい。
    各国休場の状態がどのように影響するかをみていくことにしたい。(今日の更新は以上で終わり)

4月1日(木)
  • 7:52
    上昇していく動きを維持できるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    1.38110付近まで上昇してきたが、以前の高値付近が意識されて上昇を抑えてきた。
    日足では昨日の動きで反発いてきたことから黒文字((A))、青文字(A)、(B)という流れができた。
    25EMAが75EMAを超えてきたことから平均値が上がってきているので、このまま上昇が続くかに注目。
    まずは昨日の高値付近を目指せるかだ。

  • 14:10
    青枠ゾーンでの推移再びか?

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    今日の安値を更新してきたことで赤文字Aの高値が確定した。4時間足ではまだ反転していないことから
    1.37534付近を抜けなければ上昇傾向は続いていると思われる。
    再び青枠ゾーンで挟まれながら推移してくる動きとなるかに注目したい。

  • 18:54
    再度上昇してくる動きとなるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    下の青枠ゾーンを割ってきたが、すぐに反発してきたことで長い陽線の包み足となった。
    今はその戻りの段階となっていると思われるが、もし下落が続くようであれば黒チャネルライン下限を目指してきそうだ。
    上昇してくるのであれば次の更新までにもう一度今日の高値付近まで上昇してこれるかに注目したい。

  • 21:07
    上昇が強まるか?

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    青ラインで20時の安値がヒゲをつけて折り返してきたことが上昇を強める要因となるかに注目。
    同時に20時の足は陽線であり実態もしっかりしているため、上昇が続きやすい傾向にはある。
    このまま今日の高値を更新してくるならば昨日の高値を再度目指す動きが出てくるかもしれないし、
    もし超えてくるならば1.38470付近を目指す可能性がありそうだ。

3月31日(水)
  • 7:49
    もう1段階下の動きが出てくるかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    1時間足では反発してきたが、赤文字B以降の動きで黒文字(ⅰ)の値幅の1.618倍となったことから延長と判断できた。
    昨夜に示した赤ゾーンまで下落したところで反発は下が、延長型となったことや4時間足ではまだ反発してないことから
    もう一段階下落してくる可能性を考えておきたい。そのポイントは赤文字A、BのN波動をとった1.36900付近か。

  • 14:46
    下落傾向継続

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    青トレンドラインを下に抜けた後、下落が加速した動きとなった。今は戻しているが下落傾向は変わっておらず
    赤トレンドラインで上昇を抑えられると下押し圧力が強まりそうだ。
    そうなった場合は昨日の安値の赤枠ゾーンを抜けるような動きが出てくるかもしれない。
    そのポイントは赤文字A、BのN波動をとった1.36900付近か。

    もし赤ラインを超えても上昇が続くようであれば赤文字Bと黒文字(ⅱ)を結んだ黒ラインを目指してくると思われる。

  • 18:46
    4時間足での反発上昇が継続していくか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|4時間足

    今日の安値付近の赤枠ゾーンがサポートゾーンとなったため、4時間足で反発が確定した。
    この反発で青文字(B)となったならば青文字(A)を超えてくるような動きとなる可能性が出てきた。
    黒文字((A))と青文字(B)を結んだラインで黒チャネルラインを引いた半値分(グレーライン)を
    しっかりと超えてこれるかに注目。

  • 21:03
    青枠ゾーン2つのどちらを超えるか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    青枠ゾーンの2つに挟まれた状態で推移している。上の青枠ゾーンを超えてくれば黒チャネルライン上限を目指しやすく
    下の青枠ゾーンを抜けてくると黒チャネルライン下限を目指していくような動きになりそうだ。

    今日で3月の月足が完成するため深夜の動きには注意したい。

3月30日(火)
  • 7:56
    反発か、下落継続か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    昨夜書いたように青ラインで上昇を抑えられ、赤文字XとXのゾーンまで下落した。
    この時点で安値から青文字(A)の高値までのフィボナッチリトレースメント50%を達成。
    4時間足でも反転となったことから、もし上昇してくるならば可能性が出やすいポイントであろう。
    しかしまだ反発上昇という形ではないため85.4%1.36960付近までの下落を想定しておきたい。

  • 14:15
    レンジ的な動きか下落継続か

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|4時間足

    4時間足で反発してきた。これにより、黄色トレンドラインが引くことができた。
    25EMA、75EMA、200EMAが全て向きと並びが揃っていることから平均値が大きく下がっている。
    もし昨日の高値を更新できなければ下落していく可能性があるため、トレンドライン抜け、今日の安値更新には気をつけたい。

  • 18:49
    下落が続きやすいか

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    赤文字Aを抜けあとは下落が続かず反発したことで赤文字Cとなった。
    もし赤文字Cを抜けるようだとWへと変化し、下落がさらに続く可能性が出てきそうだ。
    下落の目安は1.37100付近と予想される。
    もし予想に反して上昇し、赤文字Bを超えてくるならば青文字(A)を意識した動きとなる可能性もありそうだ。

  • 21:26
    下落継続中でも黄色ラインを意識した上昇にも警戒

    GBPUSD/ポンドドル/マネックス証券/FX PLUS

    GBPUSD|1時間足

    1.37133を超えてくれば赤文字B以降は3波延長型になってくる可能性があるが、その手前で戻してきている。
    4時間足ではまだ反発となっていないことから下落してくる可能性は残っている。
    1時間足で反発してくるならば上昇してくる可能性が高まってくるが、25EMAと75EMAがクロスしたため
    平均値が下がっていることがどのように影響するかに注意したい。
    そのため黄色トレンドラインで上昇を抑えられる動きにも警戒した方が良さそうだ。

3月29日(月)
  • 7:47
    上昇が続くかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    4時間足ではまだ反転していないことから、まだ上昇してくることが現時点では考えられる。
    1時間足では1波?A波?、2波?B波?が完成し、次の上昇が起きていることから黒文字(ⅰ)(ⅱ)となり(ⅲ)の上昇が大きく出てくるかに注目。

    今週は17時以降にメルマガ配信します。

  • 14:36
    下落?上昇?

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    赤チャネルライン下限を抜けてきた。4時間足ではまだ反転していないことから、上昇してくる可能性もあるし
    下落してくる可能性もある。下落してくるならば赤文字Bの安値1.37417付近を目指してくると予想する。
    まだ上昇してくるようであれば、先週金曜日の高値1.38121付近を目指してくるだろう。

  • 18:55
    1.38500を意識した上昇となるか?

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    上昇を続け、1時間足ではまだ高値と安値を切り上げる展開が続いている。1.38500付近を意識した上昇が続く可能性もありそうだ。
    赤文字XとXを結んだ赤チャネルライン上限をしっかり超えてくるならば上昇しやすそうだが
    そうでなければ下限を意識した下落が起きてもいいような状況となっている。

  • 21:16
    三角持ち合いの下限に到達。動向に注目が集まりやすい

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    青文字(A)と赤文字1を結んだ青ラインまで上昇してきた。過去の動きを見ると意識されているラインであることから
    ここで上昇一服感が出てくる可能性がありそうだ。
    ここから下落してきた場合は赤文字Xの2つのゾーンまで下落してくると予想する。
    もしこのまま上昇を続けるならば1.38600-800付近を目指してきそうだ。

マーケットデータ

為替/コモディティ/インデックスレート一覧

FXデータ/経済指標/ヒートマップ/クロスレート一覧

為替チャートや経済指標などのデータ一覧

 

2021.3 2021.4 テクニカル分析
スポンサーリンク
Pelican FXをフォローする
Pelican FX 〜ローソク足×エリオット波動の真実〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました