タイアップしていただけるFX会社を募集しています!

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 2月第4週 更新目安 8:00、14:00、19:30、22:00

GBPUSDeye 2021.2

使用しているチャートはIG証券

2月26日(金)
  • 7:59
    下落傾向は継続

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|15分足

    (a)の安値を更新したことから大きな調整の下落となった。その下落はまだ終わっていない可能性があり
    21SMAをまたいだ戻りの上昇を終えた後に、最後の下落で1.39514-785のゾーンを意識した動きとなるかもしれない。
    またはそのまま下落が続く可能性も考慮しておきたい。

  • 14:04
    ジグザグ修正と判断できるかに注目

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|15分足

    戻り切らずに下落が加速し、1.39420付近まで下落してきた。
    今回のこの下落がジグザグ修正の特徴である戻り61.8%が含まれるため、
    オレンジ枠の値幅分を戻してくる可能性がある。
    まずは上昇のベースを作ってくるかに注目していくことになろう。

  • 18:59
    カウント修正&修正波へ移行か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|1時間足

    この急落から推測するに、すでに5波動を図のように達成した可能性が出てきた。
    今現在下落の修正波Aの副次波(3)を確定させたならば(4)の戻りが出てくると思われる。

  • 21:43
    (4)の戻りをつける展開か

    GBPUSD/ポンドドル/IG証券/IGチャート

    GBPUSD|15分足

    現在の動きは(3)をようやく形成し終え、(4)の上昇に向かっていると思われる。
    ターゲットの目安は直近最高値(青フィボナッチリトレースメント)と(2)高値(ピンクフィボナッチリトレースメント)
    を今日の安値に合わせて引いたところのFIB38.2%戻りが候補に上がる。
    黄枠ゾーンがそのポイントであり、過去の動きを見てももみ合い傾向にあるゾーンとなっている。
    ここをターゲットに上昇してくるかに注目したい。

2月25日(木)
  • 7:54
    ⅴの動きのベースを作る動きへ

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|15分足

    1.40893を抜けてきたためⅲの高値が確定したと思われる。
    その高値から引いたダウントレンドラインを超えたことからⅳも確定し、ⅴの動きが出ていると思われる。
    だが、その副次波1はまだ継続中である可能性があるため、もう一段上昇してから21SMAを抜けるような動きが
    出てくるかもしれない。
    または上昇を確定するローソク足のパターンになる(下位足でのトレンド転換)

  • 14:38
    1形成後の2の下落ターゲット予測

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|15分足

    ⅳからの最初の1波1の5波目となっている。1.41730付近まで上昇の可能性があり、そこまでに反転してくるかに注目したい。
    この下落でトレンド転換するためには1.41272付近が候補に上がることも考えておきたい。

  • 18:42
    (5)に向かうベース作り終了

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|15分足

    カウントがズレていたため修正した。(現在の動きには影響なし)
    現在、4波(4)を終えた後の5波につながるベースの副次波2までを形成したと思われる。
    ここから副次波3を目指す副次波1の高値を更新しているため、このまま上昇が続くかに注目したい。
    ターゲット候補としては1.42610付近と予想する。

  • 21:49
    副次波3のベース完成を待つ段階

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|15分足

    副次波3の副次波(1)~(2)を作ってきている段階。このまま1.41217を下抜けずに上昇してくるならば(3)を作る動きが出てきそうだ。
    今はそのベースを作ってきている可能性があり、1.41504をしっかり超えてくる動きが出てくるかに注目したい。

2月24日(水)
  • 7:44
    もう1段階上がってから下落か

    GBPUSD/ポンドドル/IGチャート

    GBPUSD|15分足

    昨日は拡大型フラットパターンとなり、深夜にかけて上昇してきた。
    この副次波ⅴの上昇は4波まで形成した可能性があり、もう1段階上の1.4120-30付近を目指してから
    修正波動に移っていくと思われる。

  • 13:36
    カウント修正とこれからの動き

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|1時間足

    大きな上昇となったため過去のカウントを修正することになった。
    1時間足では図のようになり(日足のカウント含む)、現在はⅳからの上昇でVを形成中である。

    副次波1,2までを終えて、15日以降は3を作る動きとなっている。
    さらに細かく見ていくと、副次波の副次波(1)(2)を終えてきており、サードオブサードの中で朝方の急騰がおき、
    その流れはまだ終えていない。
    副次波ⅲは大きな3波目の動きだったため、5波目ⅴはフェイラーで高値を更新しない可能性も含め見ていくことになる。
    なお、副次波ⅳの候補は1.41170付近が候補になるだろう。

  • 18:50
    調整の段階か

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|15分足

    赤数字で示したようなカウントが候補に上がる。
    赤数字3を終えて、赤数字4の調整をしているような雰囲気である。この下落は赤数字1より上で終わるならば
    その後の動きは再度今日の高値付近を意識してくるだろう。
    まずは今の下落の動きが強まるかに注目していきたい。

  • 21:25
    1波目、2波目を形成し、ベースを作ってくるか

    GBPUSD/ポンドドル/TradingView

    GBPUSD|15分足

    想定通りの展開となり、赤数字1の高値手前で反発してきたような感じとなった。
    このまま上昇してから1波目を形成し終えるのか、早々に反転して、安値更新しない形で2波目を形成するのかを
    考えていくことになるだろう。想定では現時点高値を超えることになるだろうが、明日以降となりそうであり
    今の時点では1.42074付近の赤数字3をつけた後の戻り高値を目指してくるかに注目だ。

    →まだ赤数字4は確定ではなく、安値を更新してくることが考えられる。
    それから反発してくることが考えられる。(22:08)

2月23日(火)
  • 7:58
    上昇を続ける動きが出てくるかに注目
    GBPUSD/ポンドドル/IGチャート

    GBPUSD|15分足

    延長部分青文字4波を確定させ、青文字3の高値を更新したことで5波目の動きが出現している。
    今の動きはその副次波3を終了させ、副次波4を形成中であると思われる。
    ここからの動きとしては、さらに下落を続けるのか、深夜につけた高値を更新していき、
    副次波5を形成して1.41130付近のターゲットを狙いにくるかになりそうだ。(ターゲット図は下記参照)

    松井証券FX     CFD
    運営者&執筆者

    年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

    ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

    現在、テクニカルアナリストの資格&Python勉強中

    AKIRAをフォローする
    2021.2テクニカル分析
    スポンサーリンク
    AKIRAをフォローする
    AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました