タイアップしていただけるFX会社を募集しています!

【エリオット波動】GBPUSD定期レポート 2月第1週 更新目安 8:00、14:00、19:30、22:00

GBPUSDeye 2021.2
2月5日(金)
  • 8:00
    最初の戻りを終えてレンジを形成するか

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    カウントを修正し、大きな視点で戻りを終えた形となった。
    ここからは3波動を繰り返してレンジ相場の動きを想定していきたい。

    現在の動きは「B or 2」を形成している段階ではないかと思われる。

  • 14:30
    B or 2を作る下落となるか

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    Aを終えて修正波を形成している状態に変わりない。
    青ライン下限を抜けて下落が加速してくるかに注目していきたい。
    ターゲットはトレンド転換の目安の1.36320付近と予想する。

  • 18:50
    修正波C形成か

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    「A」を超えてきたため「C」を形成する段階に入ったと思われる。
    その上昇は「4」1.37100を超えてきたため、これで下落からの反発が成立した形になった。
    「A」を超えてきたものがB波からの3波の副次波3とすると、もう一度上昇が起きる可能性がある。
    1.37200付近を想定しておきたいが、上昇が伸びれば1.37435の「2」のポイントを目指す可能性があるかもしれない。

  • 21:45
    雇用統計後から下落となるかに注目

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    先ほどの更新後に上昇は続かず「C」を形成した可能性が出てきた。
    Bに引いている赤ラインを抜けるようであればその可能性は高くなってくる。

    雇用統計がこの後に待ち構えているが、上昇の可能性はないかもしれない。
    というのもGBPUSDの天井圏は5波を終えており、なおかつダイアゴナルトライアングルで5波フェイラーとなっているからだ。
    確実性とは言えないが、もしここを超えてくるようであればさらに上昇が強まるかに注目すべきだろう。

    雇用統計以降に下落が進めば5波動を伴った下落となるかを見ていくことになりそうだ。
    その時、最初の関門のBを抜けてきたら1波目の副次波3となることを頭の片隅においておきたい。

2月4日(木)
  • 8:00
    「ⅲ」を作り下落してくる動きが強まるか

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    すんなりと下落せずに戻りが強い状態が続いている。
    しかし、まだ下落してくる動きには変わりないことから戻りは売られる可能性が高い。
    「ⅲ」を作り大きめの下落を作ってくるかに注目している。

  • 14:00
    「ⅴ」形成で副次波3を完成か

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    「ⅲ」が「ⅰ」より少し長いだけの形となり、1.36108を抜ける「ⅴ」となっている。
    これにより副次波3の条件が整ったため、1.3580-90付近で下落が終わり、副次波4と繋がっていくかに注目していく。
    戻りの目安としては1.36250、1.36470付近を想定しておきたい。

  • 19:00
    4波目形成の上昇に転じるか

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    3波(3)を終えた雰囲気であるため、ここから4波(4)形成のための上昇が出てくるかに注目したい。
    戻りの目安は先ほど書いたように1.36250、1.36470付近であるが、1.36100-150付近の攻防に注意したい。

  • 22:00
    大きな戻りの4波形成から5波に向かうベースを作る動きとなるか

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    BOE発表のタイミングで大きく上昇し、戻りの4波(4)を作ってきている。
    (2)高値1.36833を超えてくるとカウントが変わるため、この辺りが上昇の正念場になるかに注目したい。

    また現段階で(1)(3)を結んだライン緑、(1)暫定(4)のラインを結んだライン緑で
    ウルフウェーブのベースを記しておく。

2月3日(水)
  • 10:20
    C波形成の2波目完成間近

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    3段階目の下落の1波目を完成し、2波目を形成中である。
    青ラインの下限を割ってくることで3波目を構成してくる段階に入ってくることが予想される。

    なお、2波目は1波目を作った4波高値1.36811を超えてから終えてくることになろう。

  • 14:00
    2波終了の可能性

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    青ライン下限を抜けたことで上昇は一段落した模様。
    次のポイントは1.36700を抜けて3波目の副次波1を作ってくるかどうか。
    またはそのまま下落が継続してくるかに注目。

  • 19:45
    (3)形成中の3形成へ向っている

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    青ライン下限で「(3)」の3波の2波目を付けてきた。
    今の流れは3波目を形成中であると思われる。あと1回ほど下落したのちに「3」を形成し、
    深夜にかけて「4」ができ、深夜か明日には「5」を作ることで(3)が完成されそうだ。

  • 22:00
    3の最終段階へ

    GBPUSD15min

    GBPUSD15分足

    先ほど書いた「3」の最終段階である「ⅴ」を形成している途中だと思われます。
    この「ⅴ」は「(1)」の安値1.36108を抜けてくることが理想的なパターンのため
    ここを抜けてから「4」を作ってくるかに注目したい。

 

松井証券FX     CFD
運営者&執筆者

年齢:30代|相場歴:16年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

現在、テクニカルアナリストの資格&Python勉強中

AKIRAをフォローする
2021.2テクニカル分析
スポンサーリンク
AKIRAをフォローする
AKIRAのエリオット波動研究室(旧 Pelican FX)

コメント

タイトルとURLをコピーしました