2021年4月アクセス数 PV:15,136/UU:4,469|2.3~ リアルタイム更新スタート|Revueで平均5通貨ペアのエリオット波動メルマガを毎日配信中!

【エリオット波動】GBPUSD(ポンドドル)のカウント修正|USDJPY(ドル円)カウント修正 <1.28 9:00追記あり>

テクニカル分析アイキャッチ 2021.1

GBPUSDとUSDJPYのカウントを修正したので更新することにした。

GBPUSD 1.28 9:00追記

GBPUSD/ポンドドル/TradingView

GBPUSD 4時間足

カウントが合わない状態になったため取り直した。
楔形のダイアゴナルとなっており、(5)を作るためのベースを作っている最中と思われる。
これにより(4)からの上昇から数えて1-2を作るため、3-4-5と緩やかに上昇していく動きを作ってくるかに注目したい。

GBPUSD

GBPUSD/ポンドドル/TradingView

GBPUSD日足

今週前半の動きで⑤を完成させた可能性がある。これにより「V」「C or 3」も完成させたことになりそうだ。

1月11日の安値を起点としたトレンドライン(赤)を下に抜けるかどうかが今後の焦点になると思われるが
今後の動きを注意深く見ていき、急角度の上昇になるかどうかにも注意を払うべきだろう。

トレンドライン(赤)を抜けることができれば1月18日安値1.35196を一度抜けるような動きが予想される。
この動きを持って「⑤」を作った上昇波動の終わりと修正波Aを完成させることになるだろう。

 

GBPUSD/ポンドドル/TradingView

GBPUSD4時間足

4時間足を見ると(A)をつけた後の(B)の上昇が(5)の高値を超えている。
修正波B(5)の高値を更新することはあるが、これがその状況であるかどうかは現時点では判別が難しい。

そのためここから5波動を伴う下落が起き、(A)を抜ける動き(4)安値1.35202を抜けてくる動き
出てくるかに注目したい。

もしそうでなければ5波延長型の動きとなろう

 

GBPUSD/ポンドドル/TradingView

GBPUSD1時間足

1時間足ではようやく反転の兆しが見えている。

(5)の高値を超えているが、実体レベルで超えていないことや1.37433で上昇を抑えられていることから
ここを上回らない限りは下落してくる可能性がありそうだ。
上回らずに下落してくる場合のポイントは1.37000-1.37100付近となるかもしれない。

もし上回って(B)の高値を超えてくるならばカウントは修正され、(A)→(1)、(B)→(2)となり、
日足の「V」の延長型へ変化し、1.40770付近を最終ターゲットにした動きが出てきそうだ。

 

1.27 19:00追記

GBPUSD/ポンドドル/TradingView

GBPUSD 1時間足 18:56

(5)の高値を更新してきたため延長型の可能性が出てきた。
まだ延長分の初動のような形であり、1.37900付近を目指して1つの波を完成させてくるかに注目したい。

その後2つの波(全て5波動)が追加で現れたら延長分の3波目を完成させるため、
その動きが出てくるか、来週にまたがって起きてくるかにも合わせて注目すべきだろう。

USDJPY

USDJPY/ドル円/TradingView

USDJPY日足

現在は「A or 1」、「B or 2」の流れを終え、「C or 3」の下落を形成している可能性がある。

その流れの中で「3」の動きを終え「4」を作る動きを模索していると思われる。
1-3を結んだチャネルラインの半値分で上昇を抑えられており、ここを突破できない限りは上昇が厳しそうだ。
そのため下落する可能性はまだ残っており、102.591の安値付近まで下落余地があると思われる。

 

USDJPY/ドル円/TradingView

USDJPY1時間足

1時間足で細かく見ていくと、今の動きはAを形成した後の修正波(A)~(C)であることが予想される。

(A)(B)はすでに形成し終えており、(C)を形成中の「(ⅰ)〜(v)」の5波動のうち最後の動き(v)となっていると思われる。
(v)の動きは現在までに(1)(2)を形成し終えており、今後(3)を作るのではないかと思われる。
この動きが起きてくるのであれば、(2)高値103.828を超えないことが条件であり、
もし超えてきた場合はカウントの修正が必要になる。それまでは下落してくる可能性が高いと予想される。

運営者&執筆者

運営者:Pelican FX|年齢:30代|相場歴:15年|手法:エリオット波動、ローソク足、チャネル&トレンドライン|トレード通貨ペア:GBPUSD

ローソク足とエリオット波動の組み合わせを元にし、フィボナッチやチャートパターンを使ったテクニカル分析やトレード方法などを発信。GBPUSDのエリオット波動を平日毎日4回リアルタイムで定期更新。

ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のエリオット波動や経済指標・通貨強弱、コメント、気になったニュースやレポートを配信するメルマガ「Pelican FXの毎日エリオット波動」も夜の時間帯に配信中。

Pelican FXをフォローする
2021.1テクニカル分析
スポンサーリンク
Pelican FXをフォローする
Pelican FX 〜ローソク足×エリオット波動の真実〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました