タイアップしていただけるFX会社を募集しています!|2021年6月アクセス数 PV:13,850/UU:4,848|2.3~ リアルタイム更新スタート

EURUSD,GBPUSD テクニカル分析予想 -エリオット波動・チャネルライン- 6th Janualy,2021

テクニカル分析アイキャッチ 2021.1

EURUSD

EURUSD/ユーロドル/エリオット波動/チャネルライン

上値を抑えられながらも安値は切り上げている状態となっている。
直近最高値1.23098を超えてくれば1.23300-400を視野に入れた上昇が予測されるが
上昇出来ずに下落してくる動きとなれば1.22550付近のNY時間で上昇が起きた起点を意識した動きとなろう。

 

EURUSD/ユーロドル/エリオット波動/チャネルライン

(出典元:DailyFX

IGクライアントセンチメントはネットショートがやや優勢になっていることから、ユーロドルは上昇傾向にあると言えよう。
ポジショニング(下折れ線グラフ)もネットショートが増加傾向だが先月から減少傾向が続いているため
ユーロドルの上昇を勢いづかせる可能性は薄いか。
ネットロングもわずかながら増加し、先月の高値水準にあることからこの水準を上回ればユーロドルは下落する可能性が高まりそうだ。

GBPUSD

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/チャネルライン

4時間足の下値を支えるトレンドラインまで戻してきた形となった。
1.36200-300は重要なレジスタンズゾーンとなっている可能性があることから、
この水準で上昇を抑えられ、赤ラインを平行移動させた赤点線を抜けてくれば戻りが終わり下落が加速してくるかに注目していきたい。

赤点線を抜けずに、抜けてもすぐに戻された場合は1.36410付近の高値を超えてくるかに注目し
超えてきた場合は1.36650付近の月曜日の急落前の高値を抑えた小さな時間足でのダブルトップのネックラインを目指してきそうだ。

 

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/チャネルライン

(出典元:DailyFX

IGクライアントセンチメントはネットショートが大きく減少し、ネットロングが増加している。
ポンドドルは下落してくる可能性が高まっていそうだ。
ポジショニングはネットショートの大きな減少、ネットロングの大きな増加から先月の高値水準まで増加すれば
ポンドドルは下落しやすい環境となりそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました