2021年3月アクセス数 PV:19,350/UU:5,194|2.3~ リアルタイム更新スタート|Revueで平均5通貨ペアのエリオット波動メルマガを毎日配信中!

EURUSD,GBPUSDテクニカル分析予想 -一目均衡表・エリオット波動・チャネルライン- 8th December,2020

テクニカル分析アイキャッチ テクニカル分析

EURUSD

EURUSD/ユーロドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

大きな流れでは3波目となっており、今はそのまま下落していくか大きな流れでの4波目を作るかの分岐点にいます。

昨日の安値を修正A波とし、昨日の高値を修正B波とするならば、この後の展開は次のように予測できます。

  1. 修正B波からの下落が5波動であれば前日安値の修正A波付近まで下落していく。
  2. 修正B波からの下落が3波で終わればトライアングルを作ってくる形となり、
    修正E波まで3波構成が続く。上昇にかかる時間もそれに伴い遅くなる。
  3. 昨日の動きが雲を超えきれていないためB波を構成していないと判断でき、
    雲を超えてきてから直近高値を目指した1.21773付近を意識した上昇になる。

どのパターンでもまずは、安値を支える候補の紫ラインでサポートされるかどうかを見ていくことなりそうです。

GBPUSD

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

昨日の下落5波動の後の修正3波をこなした形となり、安値を支えている黄緑チャネルラインの下限を抜けてきています。

この修正3なみの戻りが61.8%戻し付近であることから、下落の勢いが強いのであれば下にズレている可能性を示唆しています。
その場合は、下落5波動がこの後に起きていることであり、「下落5波動+修正3波+下落5波動」というジグザグ波動の動きとなってきます。
そうなるとターゲットは1.30900付近が候補となってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました