EURUSD,GBPUSD,EURGBP テクニカル分析予想 -一目均衡表・エリオット波動・チャネルライン- 30th November,2020

テクニカル分析アイキャッチ 2020.11

EURUSD

EURUSD/ユーロドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

上昇基調が継続しているので上目線は継続です。

先週末の日足が大陽線であるため上昇が続きやすい状況であることが伺えます。
直近の赤フィボナッチエクスパンションの161.8%の3波のターゲットを達成していますが
その1つ前の大きな流れの3波のターゲットが1.2060付近にあります。ここまで5波を伸ばしてこれるかに注目です。

GBPUSD

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

週足、日足では雲の上で推移していますが、144分足、48分足は雲の下で推移しているために下落を警戒したいところです。

144分足では4波を形成中である可能性があります。雲を下抜けたことで反発上昇がいつ起こっても良い状況ですが
さらに下落が続くならばチャネル下限を抜けてくることになり、4波の条件をさらに満たします。

48分足で見ていくと下落の3波目を形成中である可能性が高いため、1.32600付近を意識した下落の動きになるか注目です。

EURGBP

EURGBP/ユーロポンド/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

最後にEURGBPです。週足では長いレンジで3波となっており、4波となるための下落5波動となるかに注目です。

日足は雲に入っており、144分足、48分足は雲の上で推移していることから上昇が続く可能性が出ています。
144分足の上昇を抑えてきた0.89999付近のトレンドラインを終値で超えてくることで、修正波A波となるため、(ⅰ)が修正されることになります。

48分足は3波形成中であり、さらに上昇が見込めれば144分足のA波となってくることが確定されます。

USDJPY

USDJPY/ドル円/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

おまけでUSDJPYです。
週足、日足、144分足、48分足で雲の下で推移しているため下落基調が強まっています。
日足では(C)波を作る波で3波目を意識した流れになっており、さらに小さな波(ⅰ〜ⅴ)でも3波目を意識した形となっている可能性があります。

144分足ではすでにC波を達成していますが、これは48分足でみると3波目の下落が終わった部分です。
これがもし3波目の103.906を抜けてくると、拡大フラットか5波の動きとなって行きます。
修正波(A→C)の最終ターゲットの161.8%103.842まではまだ余裕があるため
ここまでが3波であれば拡大フラット、あるいはランニングフラットの可能性が出てきます。

そうなると48分足の(1)と(4)を結んだラインが修正されやすくなります。現状では図のラインが高値を抑えているため、
ここを超えてこれるかが上昇の1つの重要なポイントとなっていると予想します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました