2021.1.14更新 日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)の資格取得に向けて

EURUSD,GBPUSD テクニカル分析予想 -一目均衡表・エリオット波動・チャネルライン- 25th November,2020

テクニカル分析アイキャッチ 2020.11

EURUSD

EURUSD/ユーロドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

日足、144分足、48分足全てが雲の上で推移しているので強気の状況です。

144分足のカウントがわかりづらいですが、「ⅱ」を昨日の動きで下回ったので
新しい波ができていると仮定すると「ⅴ」の1.19058を上まわらない限り下落していく流れを
構築してくるかに注目していきたいところです。

今日のポイントは上昇してくる場合1.19058を超えてくるのか、
下落してくる場合は1.17997を目指してくるかになりそうです。

GBPUSD

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

日足、144分足、48分足全てで雲を上回っているため強気の状況です。

昨日の動きで高値を越えきれずにいるため、ここが「b」となるならば次の動きは下落となり
「c」の動きとなるはずです。144分足の雲が薄いため下落してくる可能性も十分あることから
拡大フラットになるのか、ランニングフラットになるのかを判断していくことになりそうです。

48分足では1サイクルの期間を越えてきたことから、次のサイクルに移ることを示唆しています。
昨日の高値1.33799を越えてこない限りは下への動きを作る動きが出てきやすそうです。

EURGBP

EURGBP/ユーロポンド/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

最後にEURGBPとUSDCHF,USDJPYの動きを見ていきます。

USD主導で動いている状況であることがチャートからわかります。
EURGBP自体は下落の「ⅰ→ⅴ」を作った可能性と「ⅲ」の途中であるとも捉えられます。
直近最安値0.68330付近でサポートされた形であれば「ⅴ」となるため
雲を上に抜けてこれるかが判断の基準となりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました