タイアップしていただけるFX会社を募集しています!|2021年6月アクセス数 PV:13,850/UU:4,848|2.3~ リアルタイム更新スタート

USDJPY,EURUSD,GBPUSD テクニカル分析予想 -一目均衡表・エリオット波動・チャネルライン- 24th November,2020

テクニカル分析アイキャッチ 2020.11

昨日は夜にドル買い圧力が強まりドル円は104.63付近まで上昇。
一昨日にアップした記事の内容の通りになりました。

また、アンケート結果からEURUSDとGBPUSDメインのテクニカル分析の予想を
毎日更新していくことにしました。今日はUSDJPYも特別に載せますが、
USDJPYに関しては非定期でアップしていきます。

※チャート画像に表示している一目均衡表の雲は26日先行分を先行させない状態にしています

USDJPY

USDJPY/ドル円/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

日足は雲の下限に到達してきました。雲が薄い状態なので超えてきやすい状態にあります。

144分足では雲を超えて3波目を形成中です。
もう少し上昇してから上昇チャネルの1-3ラインの角度が決まり、
チャネル下限を抜けてくるような4波となるかを今後は見ていくことになりそうです。

48分足で細かく見ると3波のターゲット候補の1波の1.618倍に到達しています。
ダウンチャネルの上限まで余裕があるため、もう少し上昇してから下落してくる可能性を
示唆しています。3波を作るまでの期間が短いため、4波を形成する動きは比較的早いことも
想定しておき、急落などに十分警戒したいところでもあります。

EURUSD

EURUSD/ユーロドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

日足は上下にヒゲを出してきて、ローソク足実体は小さな陰線です。
方向転換の可能性が高まっているために今日以降の動きには十分注意を払いたいところです。

144分足では「ⅰ→ⅴ」の動きを確定させ、修正波「A」の動き作ったところです。
まだ「B」の動きが確定できませんので、今日はこの部分の確定と「C」の動きが出るかに注目。

48分足で詳しく見ていくと雲の下まで戻してきています。
ここから反転してくるならば「B」が確定的となり、1.17457を抜けるような動きが
今日以降出てくるかに注目です。

GBPUSD

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

日足ではまだ上昇傾向にあるため、上目線は継続です。

144分足では雲を抜ける場面もありましたが、今朝の時点で雲を上に抜けてきたため
上昇圧力が強いままなのかを判断していくことになります。

 

GBPUSD/ポンドドル/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

昨日の上昇で拡大型フラットの3波となっているため、このようにラインを修正できるため
上昇チャネル下限を抜けてくるような4波が予想されます。

48分足で細かく見ていくと、1つの上昇サイクルが終わった後に昨夜の急落が起きています。
時間論的にも影響を受けやすいため今夜の日本時間深夜までは方向感がない状態で
推移しやすい可能性があります。

この動きで上昇できない動きが続けば先ほどの3波拡大型フラットが確定するため
「a→b→c」の動きとなってくることが予想されます。

EURGBP

EURGBP/ユーロポンド/エリオット波動/一目均衡表/チャネルライン

最後にEURGBPの日足で締めくくります。
雲の下で推移し、昨日の動きでは下落が強まったために0.88607付近に迫りました。

今はUSDの動きが焦点になっている可能性があり、EURUSDとGBPUSDの方向を考えた場合、
両方とも下落してくるならばEURUGBPはもみ合いになることが予想されます。

ちょうどEURGBPでは下落推進波3波のタイミングであることから(図では「ⅲ」表記)
揉み合うにはちょうど良いタイミングであるため、しばらくは方向感が出にくいかもしれません。

今週はUSDの展開に注意しながらEURUSDとGBPUSDはトレードしていきたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました