【週刊】一目均衡表×エリオット波動で考えるEURUSD(ユーロドル)テクニカル分析 2nd-6th November,2020

一目均衡表×エリオット波動/テクニカル分析アイキャッチ 2020.11

今週の動きとCoTチャート

OANDAJapan株式会社COTチャート

OANDA Japan提供)

ロングが多めに減少し、ショートも減少しています。
ロング解消の動きが目立った形となりました。

 

EURUSD/ユーロドル/1時間足

1時間足で見ていくと月曜日の動きで上昇を抑えられた形がロング解消の一手となり
水曜日以降の強い下落が続いていく要因となったものと思われます。
水曜日以降は欧州でコロナ患者急増でロックダウンも視野に入ったことから
ショートが増えてきた可能性もあります。

この動きにより重要なサポートラインである1.16880を抜けてしまい
今後はこのラインがレジスタンスとして機能しやすくなっていそうです。

週足

EURUSD/ユーロドル/週足

はらみ足抜けした先週の陽線を全て否定するほどの下落となり、大陰線となっています。
終値も安値付近のため週明けも下落が強まる可能性を秘めています。

次のターゲットは直近安値1.16121、またはその付近にある赤点線のライン、
そのすぐ下にある緑点線がポイントになりそうです。

日足

EURUSD/ユーロドル/日足

1.16121の直近安値を目指していそうな状況です。近くにある緑点線でサポートされるか
抜けてくるかで今後も下落が続きやすいかそうでないかが明確になりそうです。

5日間連続で陰線をつけていることから下落の流れができているものと思われるため
戻り売り戦略の方が効率が良さそうです。

4時間足

EURUSD/ユーロドル/4時間足

直近の安値1.16121を少し抜けた1.16000付近がエリオット波動下落推進波のターゲットに
なっています。この辺りで下落が止まり、一度上昇してきそうです。

この上昇が戻りが限定的であり、5波目となって反発してきた安値を抜けてくると
5波延長型が見込まれるため1.14500付近を意識した2パターンの矢印線(青、紫)の
ような動きとなるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました